« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

暴風ガールズファイト

[著]佐々原 史緒 [絵]倉藤 倖

幼稚園から聖ヴェリタス女学院に通う麻生広海は、別の高校に進学した友人のことで少々鬱屈しつつ、中学時代と代わり映えしない高校生活を送るはずだった。しかし、外部から入学してきた帰国子女・五十嵐千果の面倒を先生から押し付けられ、なし崩しに彼女の目指す「日本一のラクロス部」作りに協力する事に!?部員不足で同好会落ちしたラクロス部を新生させるべく、二人は動き始めるが…
   個人的お気に入り度数
各所で評判が良いようなので手にとって見ました。日本ではまだあまり知られていない「ラクロス」を題材にした女子校スポ魂モノ。元々あまりスポーツモノは得意ではないので、余程が無ければ手を出さないのですが、これはツボに来ました。

何より、女の子だらけの作品だというのに非常に熱い展開と、個性豊かな部員達がとっても素敵。“優等生”の皮を被った食わせモノの主人公・広海に能天気でどんどんラクロス部の中心的存在となっていく千果、どうみてもアニオタのあかね、負けず嫌いの二重人格お嬢様・ミヤミヤ宮前、真面目なアスリートタイプの長谷川……と、個性豊かな面々が集まって少しずつ一つにまとまっていく姿は、これぞスポ魂モノの王道!という感じ。前に立ちはだかる面々もまた、凄く良い味出してる。

誰よりも突拍子も無い宮前の二重人格っぷりに惚れ惚れしていたら、後半で本性を見せた広海の言動にあっさりノックアウトされました。地の文からしてもそれなりにクワセモノだろうとは思っていましたが、ここまではっちゃけてくれるともう言う事ありません。同級生を恫喝する姿にすっかり惚れてしまいました。姐さん、一生ついていきます!!

また、「マリ見て」の女子高設定にリアリティを感じられず、未だ敬遠している私としては妙にリアルな学校の雰囲気にもニヤニヤしっぱなし。うちの女子高、草刈はなかったけど労作でサツマイモとか植えたんだぜ…。「伝説」の話とかミッションスクールなのに全く“ミッション(布教)”出来てない実態とか、女子生徒だけだからこその開放感というかあけっぴろげ感に「あるあるww」とタダゴトじゃないほどに親近感覚えまくり。

キャラクターだけじゃなく、青い空がとってもよく似合うストーリー展開も非常に魅力的。広海が始めてラクロスに触ったときの感動なんかがストレートにこちらに伝わってくる。試合のシーンで、ボロボロになりながらも走り回る姿がかっこいい。試合を通して意思疎通がイマイチ出来ていなかった先輩方や、対立していた面々とも和解していく過程が、非常に清清しい。

読み終わった後まるで暴風が通り過ぎた後のように、爽快な気分に慣れる1冊でした。これは既に発売されてる2巻も期待。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません