« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

MOTHER The Original Story

[著]久美 沙織

北端にあるスノーマンの町で小さな教会で両親とささやかでも幸せな暮らしを送っていたアナ。しかし、母親が他の町に出かけたまま行方不明になってしまう。彼女の安否を心配する一方、アナは自らの超能力によって世界の危機と、いずれ仲間になるであろう少年達の事を毎晩夢で見るようになって……
   個人的お気に入り度数
超能力少女・アナの視点から3人の少年少女が出会い、ギーグを倒すことになるまでを描く、ファミコンで発売された人気RPG「MOTHER」のノベライズ。祝・復刊在庫復活!!ということで数年ぶりに再読。しかし復刊版の価格めちゃくちゃ高いな……

「ドラクエ」ノベライズの久美沙織ということで、知ってる方も多いかもしれませんがこちらの作品もふんだんにオリジナル要素が追加されています。アナのPSIのコントロールが不安定だったり、イヴの製作者が違う人になっていたり、オリジナルキャラクターが登場したり。結末も原作とは違うものになってます。キャラクターの差異については原作自体がどちらかというとキャラクター性を低くしている部分があると思うので(特に主人公)、キャラクターに重点を置いたノベライズ版では原作から追加された部分があっても許容範囲かな?と思いますが、ストーリーの本筋が結構変えられているので、苦手な人は合わないかも。サブタイトルにあるとおりの「オリジナルストーリー」です。逆に私は1回しかプレイしていない原作「MOTHER」よりこっちのイメージの方が強かったりしますw

ケン・ロイド・アナ3人のワクワクするような冒険を描く一方で、なかなか複雑な三人の恋愛関係も描かれていたり。ケンもアナもかなりのツンデレなので素直になれない二人の様子が微笑ましいと言うかかわいいと言うか。特にツンデレなケンの態度にはいちいちニヤニヤしてしまいます。

しかし、もどかしくも甘酸っぱい二人の関係が素敵なだけに、ホーリーローリーマウンテンでの謎のラブシーンはいろいろな意味で衝撃だったり…というかギーグの基地での「おかあさん」たちとアナのやりとりといい、この二人の謎のラブシーンといい、なんというか精神的なグロ描写……といえばいいのか、兎に角そんな描写が上手い。それは続編となる「2」でも存分に生かされてきますが。他にも色々印象深かったシーンはあるのですが、何よりもインパクトあるのはやはりこの2シーンだなあ。

余談ですが、GBAでリメイクされたゲーム版をプレイして一番衝撃的だったのは、小説版では結構役立たずイメージ強かったイヴが鬼強かったことと、アナのPSI最凶すぎだった事でした。というか、PKファイヤーΩ最強すぎだろ常考。アナをレベル34まで強引にでも育ててしまえば、雑魚はもう全く怖くないと言うそんな世界観に絶望した!!!小説版での最強っぷりはまだ抑えてた方だったんですね!

原作とは大分かけ離れた物語なので人は選びますが、文句なしの名作。
原作との差異が気にならないと言う人は、この機会に是非どうぞ。



…ところで、エピローグを数年ぶりに読み返したら、一瞬アナ妊娠エンド、という言葉が浮かんだんだけどこれってきのせい?

こちらの記事もオススメ

  • [著]久美 沙織 普通の少年・ネスが暮らす田舎町オネットに隕石が落下した。隣の家に住む乱暴者のポーキーに無理やり連れられて隕石の落下現場に行く羽目になったネスは...
  •  フィオーレとともに初の「コンビ勇者」として活動をはじめたフウト。ところが、早速ゴシップ誌にあることないこと書き立てられてしまい、憤る羽目に。記事の中にアナスタ...
  • いつもとおりの短編と、本編完結後のテッサのその後を描く書き下ろしエピソードの5編を収録した短編集最終巻(一応) 短編の方はかなめと宗介がサバゲーで対決する「与太...
  • [著]新井 素子 南の国は、代々“高貴なる”ディアの純血を持つ人間のみによって統治されている。その血は気高く、同時にその血を持つ者を狂気に陥らせる呪われた血でも...
  • [著]雨木 シュウスケ[絵]椋本 夏夜  前半は面白いと思うのですが、後半どうしてこの作品、こんなに展開のテンポが悪いんだろ…? 前半は一気に電車やバ...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません