« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ラメント II. ふたつの月

[著]後藤 リウ [原作]淵井 鏑(ニトロプラス) [絵]柳原 澪

なんとか呪いを解き、祭りの準備でにぎわう藍閃に戻ってきたコノエ達。しかし、すべてが終わったわけではなかった。戦いの度に起きるライの変貌、執拗にアサトを追う吉良の村の者達、そして再びコノエの前に現れる4人の悪魔。リークスは3人に不吉な予言を残す。ふたつの月が重なる時、彼らを待ち受けるものとは……!?
   個人的お気に入り度数
BLゲーム「Lamento」のノベライズ第二弾にして完結編。第一巻から重い展開が続く物語でしたが、2巻になってますます展開が重たいぜ…

「俺達の関係は“闘牙”と“賛牙”だから」といってなかなか本心を口に出せない(というか、本人たちも自覚していない)ライとコノエが微笑ましい。そんなこと言いつつ他の相手と仲良くしているのを見ると無意識に嫉妬してしまったり、さりげなくお互いを思いやるような行動を取ってしまう姿にはニヤニヤしてしまいます。ライはツンデレ攻……に見せかけた天然攻だと見た。物語は最初から最後までとても重たいので、素直になれない二人のやりとりやアサトを交えた三角関係なドタバタ騒ぎが唯一の息抜き場所。

最初は「お前は俺の“賛牙”だ」といわれる事に何ともいえないモヤモヤした憤りを感じていたコノエが、クライマックスで同じ台詞を聞いて全く反対の感情を沸き起す場面が、明確に変化した二人の関係を現しているようで大好き。しかし、元々がそういうゲームだから…とはいえ、最後の方はもう完全に出来上がっておられたなあ…。

ただ、二人の心のつながりを全面に押し出して描写されているので男同士で出来上がっていても割と私は違和感を感じなかったです。ライ、コノエ、アサトと共にそれぞれ異なった事情から両親の愛を満足に受けられなかった境遇という共通点を強調しているのも上手かったかも。慣れもあるのかもしれませんが、元々女性が殆ど居ないという設定の世界観もあり、1巻を読んだときよりも元がBL設定だった事に対する違和感は少なくなっていたように感じました。終盤で、ライとコノエが……のシーンはよもやこのまま本番突入か!?と色めき立ちましたが。

原作ゲームは未プレイなのでそちらとの比較はできませんが、十二分に楽しませて貰いました。結末は結構アレンジが入っているようなので、原作ゲームプレイ済みの人やちょっと気になっている…という人にもオススメ。

うーむしかし、やはりこういう作品はカップリング的にツボに来るポイントがないと最後の最後でノリきれない部分があって、なんかもどかしい。個人的にはライ×コノエもいいけど、いっそコノエ×ライっぽい展開になったら物凄いドツボに来たのではないかと思う自分がいる。
……マニアックですねそうですね。

こちらの記事もオススメ

  • [著]後藤 リウ [原作]淵井 鏑(ニトロプラス) [絵]柳原 澪 《虚ろ》と呼ばれる呪いと《失軀》と呼ばれる奇病が蔓延し、世界に住む多くの《猫》...
  • [著]虚淵玄 [原作]TYPE-MOON [絵]武内 崇 アーチャーと共謀して遠坂時臣を排除した言峰綺礼。アイリスフィールを奪われたセイバーは、彼女を奪還するた...
  • [著]虚淵玄 [原作]TYPE-MOON [絵]武内 崇 “魔術師狩り”を得意とする衛宮切嗣は己の悲願を果たす為、アインツベルンに取り入り聖杯戦争に参加する。一...
  • [著]虚淵玄 [原作]TYPE-MOON [絵]武内 崇 ライダーに手傷を負わされ実力を発揮できないセイバーを、妄執に取り憑かれたキャスターが襲う。その一方で、...
  • [著]虚淵玄 [原作]TYPE-MOON [絵]武内 崇 狂気に駆られ暴走するキャスターを前にして、ライダーはセイバー・ランサーとの共同戦線を持ちかける。しかし...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません