« 7月 2017 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

テイルズ オブ シンフォニア?ラタトスクの騎士?世界の願い2

[著]矢島 さら [絵]奥村 大悟

ロイドの行方を追い、そしてラタトスクを解放するため旅を続けるエミルとマルタ。旅の途中でロイドのかつての仲間達と出会ったエミルは、それでもロイドを信頼する仲間達の姿を見て次第にその憎しみの形を変えていく。ところが、戦闘中以外でも人格の変貌が起こるようになってきて…
   個人的お気に入り度数
ロイドが行ったというパルマコスタ大虐殺の真相に迫る、ノベライズ第二弾。

仲間達がロイドを信頼する姿を見て自分の盲目的な憎しみを改めて考え直すことになるエミル。そして段々とその憎しみに対して疑問を抱き始めた所に新たな敵が……という流れはベタだけど面白い。“ラタトスクモード”の謎やリフィル達が時折覗かせる謎の行動も合わせ、今後どういう風に話が進んでいくのかがとても楽しみ。前作「シンフォニア」のストーリーも踏まえて考えると、また結構この後に重い展開が待ち構えているんだろうなあ。

リフィル&ジーニアス姉弟をはじめリーガル、しいな、ゼロスなど前作キャラが物語に本格参戦。何かと落とし穴にハマるしいなのドジっ娘忍者っぷりが可愛いのなんの。そしてゼロスはハニー好き過ぎて困る。「ハニー」呼びがいろんなところに広がりすぎですからーー!?その他、前作を知っているといろいろと感慨深い部分が多くあり、ニヤニヤしながら楽しんでました。特にイセリア村の村長の言葉は胸にキュンと来る。

しかし、相変わらず「ゲームの内容をただ忠実に再現してます!」という空気は……もうこれはこういうものだと諦めるしかないんだろうなあ。ゲームの内容自体がとても好みなので普通に面白いことは面白いんだけど、一度ゲームをプレイしている人にとってはこの小説、全然面白くないんじゃなかろうか。特にゲームノベライズで戦闘描写を技名と技の描写の連打でごまかしたりするのは、かなり下の下な手法だと思うのですけど…ボス戦すら物語を先に進めるための消化試合以外の何物でもなくて読んでてとてもダルいです。戦闘部分だけでも、ある程度オリジナルを織り交ぜながら技の連打に頼らない頭脳戦要素を持ち込んでほしい。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません