« 3月 2017 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

火目の巫女 巻ノ三

[著]杉井 光 [絵]かわぎしけいたろう

火垂寮にいる御明し達がそろって不思議な“歌”を聴いた。その歌は初代火目・霞の鳴箭の音。火目達を、そして化生を呼び寄せるその音に呼応するように都には紅い雪が降る。どうやら彼女の遺骨を盗み出した者がいるようなのだが…。豊日と共に、今回の件の調査を始めた伊月は次第に妙な"声"を聞くようになって…。
   個人的お気に入り度数
シリーズ第三弾。とある人物の陰謀により火目の力の源である火の神である"ヨビ"が降りてきて、京の都がかつてない災害に見舞われるというお話。豊日の過去とかもちょっと明かされます。

伊月と豊日の関係にニヤニヤしてしまうのは相変わらずなのですが、2巻でちょっと浮上して3巻はまた重い展開に…様々な意味で四面楚歌な伊月が必死に奔走するのですが、彼女を含めて伊月も豊日も佳乃も茜もみんなが皆、自分を省みない自己犠牲判断の元に行動するものだからいつどこで誰が死ぬかとハラハラしっぱなし。自己犠牲を思い留める時ですら自分のためではなく、『自分が死んだら○○は悲しむだろうか』という思考になってしまうあたり、もうみんなして筋金入りです。

久しぶりに出てきた常和のシーンには泣かされたけど、そこでそう来るのか!なんて悪趣味な!(※褒めてます)それにしても、1巻の頃からどういう事になっているかは大まかに明かされているわけだけど、実際に決定的な描写を見てしまうと改めて惨い…一瞬でも救いを見せられてしまっただけに、余計に悲しく感じてしまう。

豊日に関するミスリードには思いっきり騙されましたが、それ以上に茜の本命がこの巻における最大のミスリードなのではないかと思いました!!そりゃあもうまんまと騙されたよ!!エピローグ読んで噴出しました。もういっそ佳乃と茜と豊日で仲良く伊月を取り合えばいいと思います!この4人でコミカルな鞘当て模様とか凄く見てみたいです。そしてそこにいらぬ首をつっこんで騒ぎを大きくする為子様を蝶希望。

最終的にはそれなりに綺麗に落ちてますが、火目という重い宿命を背負った彼女達がその後どうなっていくのかや伊月の能力等気になるところも満載で、これで完結と言われたら納得せざるをえないけど読めるものなら続きが読みたいと思ってしまいます。ほんと、続編でないのかな?…ここでおしまいといわれるのは凄く残念です。

こちらの記事もオススメ

  • [著]杉井 光 [絵]かわぎしけいたろう 火目が代替わりした後、火護唯一の弓衆となった伊月。1年後、役目を終えた前代火目・時子の埋葬に弓衆として立ち会うことにな...
  • [著]杉井 光 [絵]かわぎしけいたろう "化生"と呼ばれる異形の怪物たちに脅かされ、"火目"と呼ばれる一人の巫女により護られる世界。化生に村を焼かれ、ただ一人...
  • 内戦という名の戦争により「皇国」と「民国」の2つに分かれた日本。その戦争がはじまった日に、全世界のソメイヨシノが消滅するという事件が起きる。ただ9本だけ、人間の...
  • 愛さえあればどんな「禁断の愛」でも認めてもらえるという教会で、それぞれの愛の「存在証明」と「不在証明」を目指す二組4人の男女の視点から語られるちょっと不思議な島...
  • [著]杉井 光 [絵]椎野 唯 伊々田市に於いて絶大な権力を持つ朽葉嶺家の婿として養子に入り、小さな頃から朽葉嶺家で育てられてきたマヒル。兄弟のように共に育った...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません