« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「このラノ2009」を見て「性別秀吉部門」をねつ造してみた

ふとこのラノを読んでいたら、これまで無効票扱いだった「性別を間違えて投票してる票」が「総合部門」のみランキングに反映されていることに気づいたので一部で密かに待望されている「このラノキャラクター人気ランキング:秀吉部門」を勝手にねつ造してみました。

得票数が一部除きとても少ないので普通に男女欄間違って投票してしまった人の票が混ざってるんじゃないかという予感がしますがまあその辺は冗談企画なのでお許しください。「こいつが入っているのはおかしい!」という意見は受け付けません。

「このラノ2009」編集部の皆様ごめんなさい。

4796666958■参考文献:このライトノベルがすごい! 2009このライトノベルがすごい!編集部
宝島社 2008-11-22

by G-Tools

■集計対象:「このラノ2009」でキャラクター部門にランクインした上位50人
■得票数集計:総合結果から男女別部門に書かれている得票数を引いて計算しました。
■誤性投票率:「異性部門で獲得した票数÷総得票数」で算出してます。



「性別:秀吉部門」ランキング

第1位 : 木下秀吉 (バカとテストと召喚獣)
[性別 : ] [得票数 : 153pt / 68票] [誤性投票率:28.22%]
このラノ2008の男子キャラ部門初登場4位、2009では遂に男子キャラ部門を制覇した魅惑の第三の性。数々の男性ファンを間違った道に突き落としたラノベファン総性倒錯化の元凶とも(言い過ぎ)。昨年のこのラノでも女子部門41位という快挙を達成したキャラとして話題になりましたが今年は更なる快挙を……真実は是非「このラノ2009」本誌をお取りになって確かめてみてください。

 

第2位 : 白姫彼方 (おと×まほ)
[性別 : ] [得票数 : 9pt / 5票] [誤性投票率:12.2%]
秀吉と並び男性ファンの多い、いわゆる「男の娘」。美少女にしか見えない容姿とは裏腹に、作中ではかなりのオトコマエなパワーキャラの一面を覗かせるときも。1位の秀吉ほどの圧倒的なパワーはなかったものの、全キャラクター中32位、8人に1人は女性で投票しているという勘違われっぷりで2位獲得!

 

第3位 : キノ (キノの旅)
[性別 : ] [得票数 : 7pt / 3票] [誤性投票率:2.97%]
女性部門からは電撃文庫の代表的人気キャラ・キノがランクイン。少年のような口調と中性的な容姿というかナイムネから、当初『少年』と間違えた人も多いのでは?彼女の過去を描く短編でははっきりと「女性」として描写されていること、そして何故か魔女っ子コメディ化している「学園キノ」の影響で最近は女性キャラとしての認知が高まった印象がありますが、堂々の第三位。

 

第4位 : 上条当麻 (とある魔術の禁書目録) [性別 : ] [得票数 : 5pt / 2票]
第5位 : 御坂美琴 (とある魔術の禁書目録) [性別 : ] [得票数 : 4pt / 2票]
アニメも放映中の「禁書目録」主人公&サブヒロインコンビが仲良く2票ずつ獲得。美琴は確かにオトコマエ娘ですが…やはり投票欄の書き間違えが2人居ただけかも?でも時々、何故かうちのアクセス解析に「上条当麻 女体化」というワードが引っかかってるのでどっかで流行っているのかもしれない。とーまにょたいか。

 

第6位 : 吉井明久 (バカとテストと召喚獣) [性別 : ] [得票数 : 3pt / 2票]
第三の性別・木下秀吉を産んだ「バカテス」からもう一人、主人公がさりげなく2票獲得。近頃では女装姿が一人歩きでクラスメイトに女子として換算される場面もあったりなかったり。
それにしても、コラボ小説の「コノハちゃん」といい井上先生は性別不詳の"男の娘"を描くのが上手いですよね…。
ドラマCD バカとテストと召喚獣

得票数1票

…ここまでくるともう、ほぼ間違いなく回答欄の書き間違えだと思うんだ……

キャラクター名(作品名)性別票数コメント
クルーエル・ソフィネット
黄昏色の詠使い
3pt / 1票どちらかというと主人公のネイトの方が…
みーくん
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
2pt / 1票確かどこかで女装ネタとかあったし、本名が女性っぽい影響でしょうか…。
坂井悠二
灼眼のシャナ
2pt / 1票そういえば最初割と可愛らしい美少年だったような気が。
最新刊の挿絵見てビビりました。
一方通行
とある魔術の禁書目録
男?2pt / 1票鈴科百合子のことですね、わかります。
薬屋大介
ムシウタ
2pt / 1票上手い言葉が思いつかないのでノーコメント。
クルツ・ウェーバー
フルメタル・パニック!
1pt / 1票本編で既成事実があるから普通に男性だと思うよ!
 
番外編:ランク外な性別不詳キャラ
これだけではなんなので、ついでに個人的に期待大な性別不詳キャラをざっとまとめてみた。
※女装・男装姿の関係で異性と勘違いされているキャラは除外しています。女装キャラについてはこちらに詳しいまとめがあったり

■ 吉永和巳 (吉永さん家のガーゴイル) [性別 : ]
大人しくて中性的な顔立ちの、吉永家のお兄ちゃん。作中では初対面の人には高確率で女性と間違えられるネタが入るほどの女顔という設定。個人的には女装ネタとかその顔を生かせるネタがあまりなかったことがとても残念です。とても残念です。

 

■ 両儀式 (空の境界) [性別 : ]
とある事情から男性のような言葉遣いをする女性。映画版パンフレットによると、Web小説としてはじめて掲載された際の第1章では、キャラクター挿絵が無いのを利用して男性だというミスリードをさせていたとかなんとか。実際講談社ノベルズ版上巻の式はかなり中性的に描かれている様な気がします。

 

■ 新庄運切 (終わりのクロニクル) [性別 : ]
昼間は男性、夜は女性に…と性別が変化する少女。実際「このラノ」に投票するとしたらどっち扱いで投票すれば正しかったんでしょうか(笑)ちなみに男女とも最終巻で主人公に最後までイかされます。
余談ですが、川上さんの新作「境界線上のホライゾン」の本田・正純も事情は違いますが性別不詳キャラ(どちらかというと『男装キャラ』なので今回のまとめからは除外)ですよね。

 

■ 天狐空幻、天狐玉耀 (我が家のお稲荷さま。) [性別 : 不明]
未読。男性・女性どちらの姿も取れるお稲荷様。
自分でも自分の性別がわからなくなってしまったらしい。

※コメント欄で指摘を受けたので一部修正しました。

 

■ マリアローズ (薔薇のマリア) [性別 : 不明]
未読。本人は「女性ではない」と主張しているが女性らしい容姿をしていて、真の性別は不詳。

 

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

5 Comments

  • 我が家のお稲荷様の天狐空幻の性別忘れは封印とは関係ありませんよ。(1巻をお持ちの方はP.58をご参照ください)
    あと、3&4巻に登場する、天狐玉耀(てんこぎょくよう)も同族で変化できますが、やっぱり性別を忘れてるようです。

    葉兼 |2008/12/5(金) 0:17 | Permalink
  • いらっしゃいませ、コメント&貴重なご指摘ありがとうございます!
    「我が家のお稲荷様」はWikipediaとはてなキーワードを参考にして文章を作成したのでちょっと不確かな部分が大きいかもしれません。封印のせいではなく、長年変化しながら生きているうちに自分の性別を忘れてしまった…というカンジなのでしょうか。

    該当部分の文面を修正させていただきましたので、もし間違いなどありましたらお気軽にご指摘してやってくださいませ。

    うらら |2008/12/13(土) 10:36 | Permalink
  • 戯言のいーくんは入れて欲しいな

    あれ? |2009/8/27(木) 11:13 | Permalink
  • コメント・ご指摘ありがとうございますー。
    「戯言シリーズ」のいーちゃんですが、自分の覚えている限りでは、女装シーンはありましたものの特に素の姿で「性別を間違われる」ような描写は無かったと記憶しておりますので後半のまとめからは除外しております。

    結構「中性的な」キャラというのは判断が難しいので、基本的には作品中で明確な言及があったキャラのみ、という形です。

    女装キャラについては別にまとめエントリを作っておりまして、そちらでいーちゃんも取り上げておりますのでもしよかったら併せてどうぞです。
    http://urara.tank.jp/log/eid783.html

    うらら |2009/8/29(土) 12:21 | Permalink
  • このエントリ内でのとあるキャラクターの呼称表現に関してご指摘のコメントを戴きましたが、
    該当する部分が私が記事・コメントとして書いた部分ではありませんので、コメントの修正は行っておりません。
    (念のため確認しましたが、自分の書いた部分でご指摘いただいたような誤用表現は、見受けられませんでした)

    少し荒れそうな話題だと判断したので、コメントも非表示とさせていただきます。
    せっかくコメント戴きましたところ、このような形となりまして大変申し訳ありません…コメントそのものはきちんと読ませて戴いた上、今後のエントリを書く上で参考にさせて頂きたいと思いますので、これからも何かございましたらお気軽にご指摘くださいませ。

    うらら |2009/11/3(火) 12:30 | Permalink