« 11月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「ひなた睦月」に関連する記事一覧

H+P(1) —ひめぱら—

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月魔法の力で諸外国の脅威から守られていたトレクワーズ王国は未曽有の危機にあった。病に倒れた女王の位を5人娘たちが継ぎ、王国の危機を救うためには強い魔力を持つ『お世継ぎ』を持...

H+P(2) —ひめぱら—

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月  
次代のお世継ぎを作るため、5人のお姫様たちの“王仕さま”として異世界に召喚された神来恭太郎。しかし、いまどき珍しいほどのカタブツである彼はどんなに誘惑されても彼女たちに手を出そうとしてこない。業を煮やした第三王女・エリスがピコルに相談を持ちかけたところ、リゾート地でのバカンスを提案されて?!

H+P(3) —ひめぱら—

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月 
姉妹の中で自分だけ魔力が低いことを気に病む第四王女・アルト。姉達や妹や恭太郎達と一緒に赴いたリゾート地で「誘惑の聖杯」を手に入れていた彼女は、とある出来事がきっかけとなり思いあまって聖杯を使ってしまう。ところが、それが原因で後宮を揺るがす大騒動に発展して!?

H+P(4) —ひめぱら—

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月 
未だお姫様達に手を出そうともしない恭太郎に業を煮やしたピコルは情に厚い彼の性格を利用し、一計を企てる。それは「5人の寝室に忍び込み、理由を明かさず下着の中に仕込んだ“あるモノ”を取ってこい」というものだった!ピコルの計画通り5姉妹の寝室に忍び込んだ恭太郎だが…

H+P(5) —ひめぱら—

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月
「恭太郎さま!メインディッシュの準備ができましたわ!」港町ナトリアの館で、カタブツ侍少年・神来恭太郎を待っていた美味しい料理。それは、エリス作の豪華な刺身の盛り合わせだった。しかし、活きのいい魚の切り身が盛られた器は、船の形をしたベッドに横たわった半裸のエリス!?こ、これはいわゆる○○○○!?最強のご奉仕技が恭太郎に炸裂する!そんな彼に追撃が!!「メインディッシュを食べてくださいまし…」なぜ恭太郎の食事が、そんな嬉しい、いや悩ましいことになったかというと、カルタギア帝国からのある申し込みのせいで…。嬉し恥ずかしなハーレム・ライフは今度こそ限界ギリギリです。 (「BOOK」データベースより)

 
H+P(6) —ひめぱら—

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月 
神来恭太郎を奪われてしまったトレクワーズ王国では、魔法でロリっ娘と化したお姫さまたちが悲嘆にくれていた。一方のカルタギア帝国。恭太郎を捕らえた幼女帝・カリギュラは、大喜びであることを彼に命じるが……。(公式サイト紹介文より)

 
H+P(7) —ひめぱら—

回想形式で語られる短編集………だと……!? 今回もカタルギア帝国でのうれしはずかし微笑ましいやりとりが描かれるのかと思ったらトレクワーズでのエロコメに逆戻りしていた……お城に眠る様々な魔法のアイテムをめぐって毎度毎度ちょ […]

 
H+P(8) —ひめぱら—

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月 
「はうぅぅ…。そんなに撫で回すなんて恥ずかしいのだ」寝ぼけたまま、何気なくシーツに手を滑らせてみた神来恭太郎は、甘えたような声を聞いて血の気が引いた。シーツの中に、カルタギア帝国の幼女帝カリギュラが、スク水姿でもぐり込んでいたのだ!そんなふうに、最近はトレクワーズ王国から拉致して来た恭太郎にカリギュラが迫りまくる日々だが、あんまり彼はなびかない。カリギュラは「なかなかうまくゆかぬのだ…」と悩んでいた。ある日、彼女はお世継ぎづくりの教育係として、大陸で最も高名な人物を招くことにした!それはまさかの—ピコル師匠!?王仕さまを巡る悩ましい闘いが、さらにヒートアップする。 (「BOOK」データベースより)

 
H+P(9) ‐ひめぱら‐

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月 
トレクワーズ王城のとある一室。「恭太郎さまが望むなら、私はどんなにえっちなコトをされても構いません。私と恭太郎さまは夫婦になったんですから…」第二王女・レイシアが潤んだ瞳で、彼を見つめてくる。彼女の言葉で、恭太郎の理性は吹き飛んでしまい、レイシアの胸を…「…はぅっ」とうとう“お世継ぎ”づくりが始まっちゃうの!?その他、王女さまたちの服をハサミで切ったり、スカートをめくりまくったり、組んずほぐれつの運動会が開催されたりと、色んな意味で大暴走?。 (「BOOK」データベースより)

 
H+P(10) ‐ひめぱら‐

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月 
サキュバスの“魅了”によって魔力を奪われ、王仕としての資格を無くしただけでなく、アレがフニャフニャなまま、色んな意味で役に起たな…じゃなくて、立たなくなってしまった神来恭太郎。サキュバスの“魅了”に打ち勝つ方法はたった一つだけ。それは?愛する女の子とらぶらぶえっちをすることだった!愛する王仕を救うため、王女達もカリギュラも、国同士の垣根を越えて精一杯の愛情をもって誘惑することに!「声を我慢してくれ!すぐに終わるから!」「我慢するなんて無理ぃ」果たして恭太郎は“魅了”を解き、アレも復活させられるのか。 (「BOOK」データベースより)

 
H+P(11) ‐ひめぱら‐

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月 
「『お嫁さんになっちゃうのは誰だ!?ラブラブちゅっちゅウィーク!』開幕なのじゃ~!」カルタギアから無事にトレクワーズに戻って来た恭太郎と五美姫たち。しかしホッとしたのも束の間“淫魔の左目”と呼ばれるサキュバス・ディルケーがサキュバスの女王・ネレゲイドを復活させてしまう。だが“男性経験”のない姫さまたちにはサキュバスに対抗しうる力はない。そこでピコル師匠の提案で、恭太郎がユフィナ達の中から一人、えっちをする相手を選ぶことに…。かくしてトレクワーズのお姫さまたちによる恭太郎“誘惑”合戦が幕を明けた!果たして彼と“えっち”するお姫さまは誰なのか。 (「BOOK」データベースより)

 
H+P(12) ‐ひめぱら‐

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月 
「判決をくだしますっ!神来恭太郎被告を死刑に処すっ!」突然言い渡された判決に恭太郎はただただ呆然とするしかなかった。「俺がいったいなにをした!?」そんな叫びに対して提出された証拠はどれもえろえろな事件ばかりで!?秋祭りに行けばお姫様たちから誘惑され、呪いのぱんつ事件が起きれば強引にでもお姫様たちのぱんつを脱がしにかかる。ちきしょう!主人公ばっかりいい目に遭いやがって!!と羨ましがられながらも、恭太郎のはーれむ地獄(天国)は今日も続く?ちょっとエッチでらぶらぶなエピソード満載!そしてカリギュラもついに××しちゃう!?大興奮の最新刊登場。 (「BOOK」データベースより)

 
H+P(13) ‐ひめぱら‐

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月 
姉・神来桜子の命令によりカルタギアの女王・カリギュラと結婚すると一度は宣言してしまった恭太郎。しかし愛する“トレクワーズの五美姫”との約束を守るため、彼は無謀な決闘を姉に申し込む。ところが恭太郎は決闘を申し込んだ次の日から、ユフィナ、レイシア、エリス、アルト、メルルらとイチャイチャでラブラブな生活を送る始め、桜子の感情を逆なでしていく。だがそれは、ある男から託された壮大な計画の始まりだった!?究極のエロコメディーがついに完結。 (「BOOK」データベースより)