« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「断章のグリム」に関連する記事一覧

断章のグリム1 灰かぶり

断章のグリム 1 発売:2006.4発行:メディアワークス甲田 学人〔著〕Missingの甲田さんの新シリーズ。“神の悪夢”と呼ばれる超常現象に遭遇し、そのトラウマを思い起こすことによって特殊な能力を身につけた人間...

断章のグリム2 ヘンゼルとグレーテル

断章のグリム 2 発売:2006.7発行:メディアワークス甲田 学人〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.11いやグロテスク以外の何者でもないって。<甲田さんの作品1巻の「ホラーじゃないよ!メルヒェンだ...

断章のグリム 3 人魚姫

[著]甲田 学人 [絵]三日月 かける泡禍事件解決の要請を受け、神狩屋が以前住んでいたという街を訪れた蒼衣達。そこで神狩屋の義妹となるはずだった少女・海部野千恵に出会う。重度の潔癖症である彼女の家の周りは...

断章のグリム 4 人魚姫下

[著]甲田 学人 [絵]三日月 かける法事の為、海辺野家を訪れていた親戚達がいっせいに謎の怪死を遂げる。また、ほぼ同時刻に街にある寺の住人が同じように怪死…。“人魚姫”の怪奇は未だかつて無い規模で、街に広...

断章のグリム 5 赤ずきん(上)

[著]甲田 学人 [絵]三日月 かける田上颯姫の妹が所属するロッジの世話役から要請を受け、泡禍の潜む町にやってきた蒼衣達。しかし、泡禍はロッジに所属する見習騎士の少年・馳尾らの手によって秘匿され、殆ど概要...

断章のグリム 6 赤ずきん(下)

[著]甲田 学人 [絵]三日月 かける同じ<騎士>である勇路からの攻撃を受け、意識不明の重体に陥った雪乃。彼女の居ない間、単独で泡禍の調査を続ける蒼衣は事件に関係のある人物達から話を聞く機会を得るが、「赤...

断章のグリム7 金の卵をうむめんどり

[著]甲田 学人 [絵]三日月 かける赤ずきんの「泡禍」が起こった後、蒼衣達は暫く平和な日々を満喫していた。帰りに神狩屋に寄って待機しながらお喋りをし、時々小さな「泡禍」を解決する。こんな普通の日々がずっ...

断章のグリム8 なでしこ(上)

[著]甲田 学人 [絵]三日月 かけるかつて蒼衣達が解決した「人魚姫」の泡禍に巻き込まれ、その身に断章を宿した少女・海部野千恵のお見舞いに出かけた神狩屋と蒼衣。一人留守番をしていた雪乃だが、再び起きた童話...

断章のグリム9 なでしこ(下)

[著]甲田 学人 [絵]三日月 かける
金森琴里の死をきっかけに広がっていく「なでしこ」の泡禍。事件の糸口をみつけられないまま週末が終わり、蒼衣は否応なしに雪乃を置いて自らの“普通の”日常に戻ることになる。一人残された雪乃は泡禍の解決と当事者たちを守るため、奮闘するが……?!

断章のグリム10 いばら姫(上)

[著]甲田 学人 [絵]三日月 かける 
両親から死んだ姉と同じ名前をつけられた少女・莉緒。彼女は常々、両親が自分を「姉の代わり」として見ていることに悩み、葛藤していた。そんな彼女が1人目の子供を両親が池に落として殺し、2人目の子供が同じ場所で「今度は落とさないでね」と語りかけるという怪談を聞いて…。一方、夏休みを出来るだけ雪乃と共にすごそうと神狩屋を訪れた蒼衣の元に、他のロッジの泡禍解決に赴いていた雪乃と颯姫が戻ってこないという連絡が届いて…!?

断章のグリム11 いばら姫(下)

[著]甲田 学人 [絵]三日月 かける 
死なない異形と化した母親と共に、「いばら姫」の泡禍が発動する真喜多家に隔離されてしまった蒼衣達。泡禍の正体も掴めないまま、惨劇は彼らの予想を越えて広がっていく。雪乃と蒼衣の指示で、庭に出た田上颯姫は思わぬ人物に出会い…

断章のグリム12 しあわせな王子(上)

[著]甲田 学人 [絵]三日月 かける 
大きな黒い霊柩車のような不審な車。かつてこの車を見た翌日、隣の家族は忽然と姿を消した。その同じ黒い車が、密かに想いを抱く浅井安奈の家の前に停まっている。安奈はあまり幸福とは言えない学校生活を送っている可憐な少女で、趣味を通して最近少しだけ仲良くなってきたところだった。膨れあがる不安感に押され家の中に忍びこんだ多代亮介は、傷ついた安奈を連れ出して逃亡した。蒼衣が深い傷を抱えた一週間後。処分しそこなった“泡禍”被害者を探すため、瀧修司と可南子の工房を訪れた蒼衣たち。だが、可南子に対して雪乃は恐怖を感じずにはいられない。雪乃は“生き返り”という概念に疑問が隠せず、そして—。悪夢の幻想新奇譚、第十二幕。(「BOOK」データベースより)