« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「死神姫の再婚」に関連する記事一覧

死神姫の再婚

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル
結婚式の最中に夫が謎の怪死を遂げ、それ以来「死神姫」との異名を持つようになった貧乏貴族の娘・アリシア。そんな彼女の元に再び結婚話が舞い込むが、相手は下克上の風潮を利用してなりあがった新興貴族で色々な黒い噂のある「強」公爵・カシュヴァーンだった。彼は会った早々、アリシアに向かって「家名目当ての結婚」だと言い放つが…

死神姫の再婚 薔薇園の時計公爵

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル突然、アズベルグの前領主・ディネロの所に結婚の挨拶をしにいく事をカシュヴァーンから言い渡されたアリシア。滞在中は普段仕事で忙しいカシュヴァーンと一緒に居られる、と素直に...

死神姫の再婚 腹ぺこ道化と玩具の兵隊

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メルカシュヴァーンの屋敷にアリシアの前夫の弟・エリクスが飛び込んできた。奇妙なお願いごとをしてくる彼に、バルロイの部下でアリシアとカシュヴァーンから「いちゃいちゃ」の秘訣を...

死神姫の再婚 私の可愛い王子様

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メルフェイトリン5家の中でも最下位だったはずのロベル家が、アリシアの実家であるフェイトリンのお屋敷を売ってほしいと言い出した。物に執着を持たないアリシアが唯一最後まで手放さ...

死神姫の再婚 微笑みと赦しの聖者

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル
アズベルグでは豊作祈願祭が執り行われていた。懐かしい面々と久しぶりに再会し、領民達の楽しそうな様子に心を躍らせていたライセン夫妻だが、そこに傷だらけのセイグラムが現れる。レイデンが<翼の祈り>教団の襲撃を受け、ティルナードが拉致されたというのだが、カシュヴァーンが彼らを救出に向かった間に今度はアリシアとディネロが拉致されて…

死神姫の再婚 鏡の檻に棲む王

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル 
カシュヴァーンの誕生日で盛り上がるライセン屋敷に、国王からの使者が現れる。緊急招集を受け、夫婦そろって王宮に出向いたカシュヴァーンとアリシアだったが、そこでは思わぬ人々との再会が待ち受けていた。しかも、「図書館の幽霊」との異名を持つ王子・ゼオはティルナードと因縁があるらしく…

 
死神姫の再婚 孤高なる悪食大公

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル 
年が明け—カシュヴァーンはアリシアの誕生日のために、図書館創設を進行中!最近の暴君夫は愛妻の薬指に興味津々だったり、愛妻が大好きな幻の奇書『雨悪』の作者を屋敷に招待しようと目論んだりと、とにかく騒々しい有様。そこに究極の邪摩者…怪物・ゼオルディスが現れた!自由気侭な逗留はカシュヴァーンを苛立たせ、アリシアに入れ知恵まで…。悪夢のような日々はある日“悪食大公”ガーゼット侯爵の異彩かつ奇妙な訪れにより、無事落着したかに思えたが—!?曲者だらけ、夫婦の『特別』な第7弾。 (「BOOK」データベースより)

 
死神姫の再婚  飛べない翼の聖女

著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル 
春の訪れを喜ぶ祭りとともにアリシアの誕生日が盛大に祝われる中、ジスカルドの使者からもたらされた報せにより、カシュヴァーンたち一行はラグラドールへ向かうことに。バルロイやレネの歓迎を受けて暴君夫が様々な探りを入れる裏で、初めて目にする海に大興奮のアリシア。しかし、突然の襲撃によりルアークが負傷、“翼の祈り”の本拠地へとさらわれてしまう…!!そこで、ついに“聖女アーシェル”と対面するが—!?たったひとりの、特別な王子様の元へ帰りたい!夫婦の愛に、「波乱」含みの第8弾。 (「BOOK」データベースより)

 
死神姫の再婚 恋するメイドと愛しの花嫁

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル 
仮装に隠したあなたへの想い——! 最強夫婦の誓いをこめたシリーズ第9弾!!
うららかな日和のアズベルグ地方で、「春」を謳歌する者が一人……ティルナードとついに婚約することになったメイドのノーラだ。アリシアの怪我も良くなり、全員でレイデン地方へ向かう準備をしていたのだが、そこに王家から「怪奇」を主題にした仮装舞踏会への招待状が送られてくる。様々な仮装に身を包み、王宮へと渋々向かうカシュヴァーンたち一行にゼオルディスが連れてきたのは、スタンバール家の令嬢でティルの婚約者……!? 赦されない贅沢と、あなただけへの「想い」を知る第9弾!!

 
死神姫の再婚 5つの絆の幕間劇

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル 
アリシアとカシュヴァーンの間に設定された、ルアークの誕生日。盛大な誕生会を開催することになったライセン一家は、それぞれ個性溢れる祝いの品を用意するが…そこにやってきた、奇妙な誕生祝いとは!?また、ティルナードがセイグラムに隠れて外出をするあんな一日や、レネがバルロイから決別(?)するこんな大騒動など、これまで語られることのなかった五つの「絆」を紡ぐ短編集が登場!死神妻と暴君夫、いつもとちょっとだけ違うおかしな夫婦の日常は、いつも以上に甘ーいラブが大増量。 (「BOOK」データベースより)

 
死神姫の再婚 始まりの乙女と終わりの教師

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル 
ついに迎える、初めての……!? 夫婦の「愛」からもう目が離せない!! 春の日差しが降り注ぐ王宮の中庭では、華やかな式典が催されていた。「宰相による国王暗殺」という衝撃的な事実が発表されると共に、ゼオルディス王子の即位が決定したのだ。戴冠式と結婚式が同時に行われ、王宮に滞在中のライセン一家も参列することに。興味津々のアリシアと苦々しい表情のカシュヴァーンだったが、そこに現れた予期せぬ人物の宣言により、事態は一変する——!! 緊迫した状況の中、死神姫と暴君夫、ついに念願の夜……!? 夫婦の「愛」が何よりも強い! 大注目の第10弾!!

 
死神姫の再婚 定められし運命の貴方

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル 
ライセン屋敷の中を、アリシアは「怪物」から必死で逃げていた。だが、相手に捕まった瞬間、アリシアの目をまばゆい光が射る!あの夜以来、カシュヴァーンがきらきらと輝いて見えるのだ。誰もが呆れる夫婦のやり取りが繰り広げられる中、ついにティルナードとノーラがレイデンへ戻ることに。家族との別れを寂しく思うアリシアだったが、そこへ援軍を引き連れてゼオルディス新王が到着する!!今さら、と訝しむ夫婦に王が告げた言葉とは…「運命」すらも大きく変える、新章突入の第11弾。 (「BOOK」データベースより)

 
死神姫の再婚 -誰にも言えない初恋の君-

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル 
「あなたのことが大嫌いです!!」 大人気シリーズ、コミックスも同時発売!
王宮へ連れて来られたアリシアは、特別に「嫌い」なゼオルディスと対面。かつての「贅沢」を取り戻すため、カシュヴァーン追放撤回を要求するも、楽しげに笑う王によって図書館地下の牢に幽閉されてしまう。そこには、元聖女クロエとナディールがいた。クロエと近況を確かめ合ったその夜、アリシアの前に現れたのは、行方不明だった「息子」ルアーク??!? 大切な「初恋」を守る第12弾!!

 
死神姫の再婚 -目覚めし女王と夢のお姫様-

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル 
わたしはあなたの「お姫様」? 囚われのアリシアを救い出そうとやってきたのは??!? 各地で反乱が大きくなっていくシルディーン王国。カシュヴァーン生存を、決起したティルナードたちを信じるアリシアは、不穏な空気の王宮で助けを待ち続けていた。ところがオーデル地方反乱鎮圧のため、ゼオルディスはラグラドール人派兵を決定。それを知ったエルティーナが城を出て行方不明に! 彼女はアリシアに、愛読書『夢の王子様』を残していき!? 「目覚め」の時がくる、第13弾!!

 
死神姫の再婚 -ひとりぼっちの幸福な王子-

[著]小野上明夜 [絵]岸田 メル 
「本当の嘘」はどれ? 怪物王子が求める「物語」とは??!? 囚われの身のアリシアは、ゼオルディスが望む「幸せな結末」の物語を考え続けていた。 創作の参考に、幽閉中のグラネウスを訪れるが、そこにはライセン家の「家族の肖像」が! 最愛の人の姿に涙を流すアリシア。しかし、突然その絵にゼオルディスがペンキをぶちまけた!! ころころと変わる彼の態度。アリシアの中に、おかしな違和感が広がっていき……? 真実の「幸福」を告げる第14弾!!

 
死神姫の再婚 -怪物王子の死神姫-

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル 
辿り着いたのは『贅沢』で『最強』な夫婦の愛! シルディーン編・感動の決着!! ついに「ひとりぼっちの王子様」の望みを捉えたアリシア。 着実に終わりが近づく王城で、ゼオルディスは強引に彼女との結婚式を行おうとする。 だがその頃、とうとう本物の「怪物王子」が戻ってきた!! 西の大国クルセージュの兵力を借りたカシュヴァーンは、囚われのお姫様を救うため王城に乗り込むが??!? 迫りくる最後の時、怪物と王子様とお姫様の物語。シルディーン編・感動の決着!! (公式サイトより)

 
死神姫の再婚 -四つの愛の幕間劇-

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル 
「死神姫」アリシアと「暴君」カシュヴァーン。金で買われた夫婦関係の二人はある日、ちょっと変わった新婚旅行へ行くことになるが…?『FB Online』で連載された「お手軽新婚旅行」を始め、カシュヴァーンが怪物となっていく過去を描く「成長痛」や、再婚したにもかかわらず、アリシアの王子様を決めるべくルアークと対決する「今さら王子様選挙」など、四つの「愛」に満ちた短編集。 (「BOOK」データベースより)