« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「運命のタロット」に関連する記事一覧

運命のタロット1 《魔法使い》にお願い?

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
憧れの片桐先輩に憧れて…という些か不純な理由で新聞部に入ったライコこと水元頼子は、20年間封鎖されていた資料館に取材として入る事に。そこでタロットカードを1枚だけ発見したのだが、家に帰ってみるとその《魔法使い》のタロットカードの大精霊と名乗る謎の美形が現れる。どうやらタロットカードの封印をといてしまったらしくて…!?

運命のタロット2 《恋人たち》は眠らない

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
なしくずしに《魔法使い》の協力者にされてしまい、虚空に喋ってるヘンな娘みたいになってしまうわ《虫》に襲われて覆面姿で空を飛ぶハメになるわ、片桐先輩の親衛隊の目の敵にされるわ…もう大変なことになっているライコ。その上《恋人たち》が《魔法使い》とライコに戦いを挑んできて!?

運命のタロット3 《運命の輪》よ、まわれ!

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
唯の計らいで学生寮の懇親会に参加することになったライコ。ところが、懇親会の最中に片桐先輩の部屋から不吉な物音と叫び声が聞こえてきた。不吉な予感と共に片桐先輩の部屋に向かうライコと《魔法使い》だが、部屋の周囲は霊格の高いものに反応するという強力な結界で覆われていて……

運命のタロット4 《愚者》は風とともに

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
≪恋人たち≫とのフェーデに勝ち片桐先輩を生き返らせるため、事件の犯人を捜すライコ。しかしそれには様々な制約がつきまとい、更には犯人を指名するチャンスは一度だけ…そんな中、新たなタロットの精霊が現れて!?

運命のタロット5 《月》が私を惑わせる

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
片桐先輩を生き返らせるために《恋人たち》の協力者を探すライコは第二新聞部の島津に疑いの目を向ける。島津と佐倉の予想外な過去が発覚したことから、ますます疑いの目を深めるが、事件は意外な方向に…

運命のタロット6 《節制》こそが身を守る

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
《恋人たち》とのフェーデに勝利し、“改変”が行われる前の時間軸に戻ってきたライコ。持ちかけられた《月》とのフェーデを拒否して片桐先輩と感動の再会をしたのもつかの間、ふたたびきな臭い事になってきて……

運命のタロット7 ≪死神≫の十字路

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
頑なに次のフェーデを拒むライコの前に現れた≪女帝≫。同じプロメテウスのタロットである≪節制≫を倒した彼女によると、フェーデに負ければ≪魔法使い≫と一緒にライコも封印されてしまうらしい!?しぶしぶ、≪月≫とのフェーデに協力することにしたライコだが…

運命のタロット8 《戦車》が兄とやってくる

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
《月》とのフェーデで狙われたのは河内さんだった。河内さんにその未来の一端を打ち明けて改変を阻止しようとするライコだが、山根くんとの仲を疑われて逆に拒絶されてしまう。一方、新聞部では例の覆面少女の一件で“ヘルハウス”を再度調べる事になり…

運命のタロット9 《太陽》は人々を照らす

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
《戦車》と大河兄の助けを借りて《太陽》達から逃れる事が出来たライコと《魔法使い》はその足で「コミックスクエア」という同人誌即売会にやってきていた。唯と伊東さんに売り子とコスプレをする約束になっていたのだ。《魔法使い》も姿を現し、なんだかんだ言いながらも賑やかで楽しい一日を過ごしていたが…

運命のタロット10 《皇帝》はうなずかない

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
《月》が起こそうとしている“改変”から河内さんを護ろうとするライコと《魔法使い》。しかし、河内さんにはすっかり誤解されて楽屋に入るのを拒否され、更に片桐先輩と一緒に居るところを追いかけてきた《太陽》から攻撃されてしまう。ライコ、絶体絶命の大ピンチ——!?

運命のタロット11 《神の家》は涙する

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
2週間の行方不明の罰として自宅謹慎を言い渡され、唯と大河には真実を問い詰められ……と散々なライコは《月》から呼び出され、勝利したフェーデの報酬として《魔法使い》の過去を彼女の象徴の力で見せてもらうことに。でも、《皇帝》と《魔法使い》の間にとある疑念を抱くライコは《魔法使い》が記憶を取り戻すことに一抹の不安を覚えていて…

運命のタロット12 《女帝》1995

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
《月》の“体験”によって《魔法使い》や《女帝》の過去を知り、《女帝》に対して嫉妬している自分を自覚して動揺するライコ。ところがそんな彼女の元に「会堂」から抜け出してきた坂崎と彼を回廊に戻そうとする《世界》が現れ、その力の余波で時の縦軸に弾き出されて13年後の世界に飛ばされてしまった!右も左もわからないライコの前に現れたのは……

運命のタロット13 《女教皇》は未来を示す

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
《魔法使い》への気持ちを自覚したライコは、坂崎と戦っている彼を助ける為に《女帝》とのフェーデを受ける事を決意する。ところが、彼女とのフェーデで提示された“改変”の内容は、ライコにとって思いもよらないものだった。“改変”を阻止するか、躊躇ってしまうライコだったが…

真・運命のタロット1 《教皇》がiを説く

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
記憶を失い、自分が誰であるかも忘れて1996年の街を彷徨う少女。菊沼と織藤は少女が“荒サン”という菊沼のかつての渾名を知っていた事から彼女を保護するが、少女の周りでは次々に不思議な事件が巻き起こる。しかも、彼女からは脳波が出ていないというのだ……

真・運命のタロット2 《正義》は我にあり

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
“改変”を起こそうとする《教皇》達と対峙する《女教皇》と《魔法使い》。《教皇》達は“改変”を起こすためにゴーリキー教授を狙うが、ゴーリキー教授は自らの研究成果によって生み出した“虚数強化体”を使って、彼らに立ち向かう。どうやら、彼は『運命のタロット』の誕生に深く関わる事になる人物らしくて……

真・運命のタロット3 《力》よ、と叫ぶ者

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
“改変”による全面核戦争を目論む《死神》達によって時間を飛ばされた《女教皇》と《魔法使い》がたどり着いたのは1962年のソ連だった。そこで《正義》とその協力者に遭遇し、戦闘が始まってしまうのだがそこに加勢にやってきたのは新たなるタロットで……

真・運命のタロット4 《審判》はレクイエムを歌う

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
『メデューサの首』に、あのラスプーチンの遺骸が利用されていると知った《魔法使い》と《女教皇》は施設を破壊しようと試みる。ところが二人を止めたのは最強のティターンズと言われるタロットの精霊・《力》だった。彼女によって《魔法使い》とは別の場所に飛ばされてしまった《女教皇》は、《力》のパートナーである《審判》に出会い…

真・運命のタロット5 《悪魔》でも恋に生きる

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
自分たちが『メデューサの首』に潜入した事が原因で、マダムの息子を巻き添えにしてしまったことを気に病む《女教皇》は、《死神》とのフェーデが激化するのを目前にして一人マダムの元へ向かう。せめてもの罪滅ぼしに息子の死を告げようとするのだが、彼女の家には《節制》が待ち構えており…!?

真・運命のタロット6 《星》はなんでも知っている

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
行方不明になった水元頼子の消息を追って1980年のニューヨークに現れた大河。《太陽》との戦いで記憶を失ったライコは《悪魔》の協力者・カインに保護されていたが、彼女を巡って謎の華僑財閥、ソ連の諜報部、米国国防省に「運命のタロット」関係者……と、様々な人間たちが動き始める…!

真・運命のタロット7 《隠者》は影に

[著]皆川 ゆか [絵]乱魔 猫吉 
《星》達が助力する鴻桂グループの手により拉致された水元頼子を追うカインは、ソ連の諜報部から情報を得て、同じく彼女を追う大河穣太郎と共にハワイへ渡る。どうやら、37年前に行われた“フィラデルフィア実験”の再現を行うつもりらしい。その実験の恐るべき正体とは…!?