“サマミヤ アカザ” の検索結果 | 今日もだらだら、読書日記。

キーワード:サマミヤ アカザ (3 件 / 1 ページ)

ぼくのすきなひと

 

塾の特別進学クラスでも成績がトップの小学生・茂永渓は、ある夜、男に殴られていた高校生の七水を助けた。二度と会うことはないと思っていたのに、それがきっかけで七水に懐かれてしまう。手先はとても器用なのに勉強はまるでダメな彼に教授したりするうちに、男だし年上だしおバカなのに…。いつしか七水が可愛く思えてきて!?4年後の二人の続編も収録。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

 「きみがすきなんだ」に続く小学生攻シリーズ(?)の第2弾。前作に登場した冬弥もでてくるよ!

 秀才小学生攻×頭の悪い天然高校生受。わりとぽやぽやしている割に大事な事は抱え込む受の行動に引っかかる部分も覚えましたが、お勉強一筋で恋愛になんか一切興味なかった攻の渓が無意識に可愛らしい独占欲を発揮したり、七水のいないところで自分自身の気持ちにとまどってまごまごする姿がとても可愛かった!「きみがすきなんだ」だと基本が夏月視点だったせいもあって若干冬弥のイケメンぶりにできすぎなところを感じてしまっていたんだけど、初めての気持ちに戸惑いながらも必死に七海を守ろうとする渓の不器用な内面の動きがたまりませんでした。

 そして攻ショタ3人トリオ(勝手に命名)がそれとなしに恋愛相談したり、4年経って同じ年上の彼氏を持つ身としてさりげなく相談に乗ってもらったりこぼしたりするのが物凄い可愛い!!前作で攻やってた冬弥のイケメンショタっぷりは相変わらずでしたが、残りの一角である吏貢のお相手が気になりすぎました。是非とも、シリーズ第3弾として吏貢の話もやってほしいなあ。

 4年後を舞台にした続編は、普通にかっこいい高校生攻として成長した渓の不器用な紳士っぷりにもニヤニヤしましたが、それ以上に七水の発情っぷりでふきだしてしまった。いや、早くシたくて仕方ないのにお互いにいい出せなくて必死に我慢してる2人が可愛すぎるんですが、それ以上に七水……すごく……いんらんです……。

 

俺の悪魔は色々たりない! 白の祓魔師と首だけ悪魔

 

「ガキ、俺と契約しろ」右目を代償に、首だけの大悪魔・サブナクと契約した少年イト。イトは祓魔師として働く傍ら、サブナクの体を探すはめに!赴任先は、天然お花畑な眼鏡司教様(でもS)や、空気の読めない発言を連発する見習い神父たちとくせ者揃いで!?「愛してるぜ、イッちゃん」「気色悪い事言うな!」第10回ビーンズ小説大賞奨励賞受賞・ビーンズ最凶の問題児集団が放つゴシック退魔ファンタジー、開幕。(「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

 ビーンズ文庫の新人さん。あらすじからどうみてもドS俺様×男前男子のにおいをかぎつけましたので思わず!!ひょんなことから首だけの状態で封印されていた大悪魔・サブナクを復活させてしまった少年が契約で悪魔の力を使い、サブナクの首から下を捜したりするお話。

 主人公のイトと大悪魔のサブナクが大変良いケンカップルでした。軽口を叩き合いながらもなんだかんだでお互いを掛け替えの無い相棒のような存在だと思っていて、時折お互いにそういう本音を垣間見せるのが美味しい。あと個人的に聖女様がマジイケメンすぎてシビれたので続編が出るなら是非とも彼女の活躍をお願いします!サブナクに正体(?)あばかれたときのやりとりがたまらないです!!

 ただ、「あざとく」ならない程度にニアホモ系ケンカップル匂わす程度を狙って、そのあざとさを消しきれなかったみたいな感じやや気になった…。時折、全年齢移植されたエロゲをやってるときみたいな、本来あるはずのシーンを別のものでさしかえてるみたいなもどかしさを感じるというか。うーん。ビーンズ文庫買うと時々ある、この「BLレーベルで読みたい」的感覚。メインじゃなくてもいいけど、こういう男くさい話だからこそしっかりと女の子分が欲しかった気がします。結構うやむやな書かれ方してたけど、作中にちゃんとした性別:女子ひとりもいなかったです……よね?(以上ネタバレにつき保護色色)

 このあざとさがもうちょい薄かったら少女小説というよりもむしろ少し前の角川スニーカーあたりとかにまぎれこんでそう。

 

きみがすきなんだ

 

「俺、生まれたときからずっと夏月が好きだよ」―高校1年生の夏月と小学5年生の冬弥は、マンションでお隣同士の幼なじみ。小さい頃は“夏月おにいちゃん”とか呼んでくれて可愛かったのに…今ではすっかり呼び捨てだし、声変わりして身長もめきめき伸びている冬弥は生意気だ。…でも、いつもは意地悪なのに、夏月が弱っているときは気づいてそっと慰めてくれる。そんな大人びた冬弥に、なんだか夏月はドキドキして…!?二人の成長編も収録。(「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

 付き合っている彼氏が、自分はあまりそういう事が好きではないのに執拗に肉体関係を求めてくる事に疲れ、落ち込んでいた夏月。隣に住む小学生の冬弥が何かと気を使ってくれていたのだが、いたしているところを見られてしまって……というお話。

 小学生攻の冬弥がほんとに男前すぎる。生意気発言しながらもさりげなく気遣ってくれたり、成長してからも同性との肉体関係で嫌な思いをした夏月を気遣ってプラトニックな関係を貫いたり……と年下とは思えないよく出来た彼氏ぶり。個人的には小学生攻ならもうちょっと挿絵の方も体格差があってもよかったのよ!!と思ったけど小学5年生だとこんなもんか。

 しかし、攻がオトコマエすぎるせいか受の夏月ももうちょっと男らしくてもよかったんですよ?という気がしなくもない。性的嗜好を受け入れてくれる人だからと安易にお付き合いしてすれ違ってしまって自分から軌道修正もできない…という流れはわからなくもないけど、もう少し自分から事態を動いてほしかったなあと。微妙に、悲劇のヒロイン的な自分に酔ってる雰囲気も感じてしまったし。

 個人的には成長編で手嶋と冬弥のバイト先が同じ、っていうエピソードが一番ときめいたのですが。入院中の手紙のやりとりとか、なんだかんだで夏月の一件で微妙な火花が(冬弥から一方的に)とんでたりとか、個人的には本命カップルよりも三角関係の攻二人のやりあいのほうが美味しかったです。特に手嶋の最後の台詞のニヤニヤせざるをえない。バイト先で絶対ねちねちと昔の一件持ち出されてるんだろうなあ…!!

 というか手嶋が普通に話せば解りそうな相手だからこそ、夏月の流されぶりが鼻に付くんだ……。