少年向けライトノベル | ページ 11 | 今日もだらだら、読書日記。

少年向けライトノベル一覧

NO IMAGE

「AHEADシリーズ 終わりのクロニクル4(上)」

終わりのクロニクル 4上発売:2004.12発行:メディアワークス川上 稔 さとやす(TENKEY) よ、ようやく世間に追いついてきましたが来月新刊発売だそうで。 こりゃ今月中に読みきるしか!と必死に積読消化に努めている今日この頃です。 今回は3巻あたりから動きが怪しくなってき...

NO IMAGE

「AHEADシリーズ 終わりのクロニクル4(下)」

終わりのクロニクル 4下川上 稔 さとやす(TENKEY) メディアワークス(2005.1) なんで京の白衣姿に挿絵がつかないんd(強制終了) 5th-G、米国UCAT、“軍”との四つ巴状態になっての決戦。 東京都に展開された巨大な概念空間の中、大規模な戦闘が繰り広げられま...

NO IMAGE

「ムシウタ01. 夢みる蛍」

岩井 恭平るろお 消閑の挑戦者シリーズの作者さんの本。世間的には代表作はこちらかと思われます。 割とシリアスしつつもコミカル要素強い「消閑の?」と違ってかなり重くてシリアス。 結構ありがちなボーイミーツガールストーリーなのかな?と思っていたのですが 後半はどんどんシリアスで暗い展...

NO IMAGE

「突撃アンソロジー 小説創るぜ!」

突撃アンソロジー 小説創るぜ! 秋田 禎信、神坂 一、榊 一郎、賀東 招二 金澤 尚子、すまき 俊悟、小笠原 智史、ひろやま ひろし、鶴田 謙二 読者のリクエスト葉書を元に小説を書くという企画の単行本化。 執筆陣は「オーフェン」の秋田禎信、「スクラップドプリンセス」の榊一郎、...

NO IMAGE

「インフィニティ・ゼロ—秋‐darkness pure」

インフィニティ・ゼロ 4 秋〜darkness pure 有沢 まみず にのみや はじめ メディアワークス 2004-11 学校行く途中に読んで、涙が止まらなくて困りました。正直、3巻の内容が救いようがないほどの鬱展開だったので、そして私の中で「吸血鬼のお仕...

NO IMAGE

「フルメタルパニック!自慢にならない三冠王?」

自慢にならない三冠王?―フルメタル・パニック! 賀東 招二 四季 童子 富士見書房 1999-10 フルメタコンボ続行中。 どこまで続くんだろうこのコンボ(笑) というわけで短編集第三段です。最近このシリーズ、宗介の変人っぷりよりも周囲の変人っぷりが凄いことになってきた...

NO IMAGE

「インフィニティ・ゼロ—冬‐white snow」

インフィニティ・ゼロ―冬‐white snow 有沢 まみず にのみや はじめ メディアワークス 2002-02 新刊出る!って聞いて、ストーリー思い出すために読み返して感想書こうと思っててずーーーっと忘れてたわけですが(汗)春・夏の感想はまた暇になってからに回して、とりあえ...

NO IMAGE

「フルメタルパニック!終わるデイ・バイ・デイ」

終わるデイ・バイ・デイ(上) 賀東 招二 四季 童子 終わるデイ・バイ・デイ(下) 賀東 招二 四季 童子 これでもかっていうくらいの急展開に前期試験直前だって事も忘れて読みふけってました。まさに「急転直下の急展開」。ちなみに上下巻ですが、いちいち分けるのもめんどいので両方一...

NO IMAGE

「フルメタルパニック!疾るワン・ナイト・スタンド」

フルメタルパニック!疾るワン・ナイト・スタンド 賀東 招二 四季 童子 速攻買ってきちゃいました第二段(笑) 今回はテロ組織が相手。1巻はもう敵がかなり札付きの悪という感じで同情の余地もなし、だったんですが今回はなんか敵が憎めなくて、ちょっと可哀想だったなあ。 個人的にはテ...

NO IMAGE

「フルメタルパニック!同情できない四面楚歌?」

同情できない四面楚歌?賀東 招二 四季 童子 富士見書房(2000.6) 「そういえば、あんたって実は強かったのよね……」 「うむ。自分でも最近、忘れがちなのだが……」 ああ思ってたの私だけじゃないんだととりあえずツッコミ入れさせていただきます短編集第四弾(笑) 今までの短...

NO IMAGE

「フルメタルパニック!放っておけない一匹狼?」

放っておけない一匹狼(ローン・ウルフ)?発売:1998.12発行:富士見書房賀東 招二 四季 童子 ほんとは「疾るワン・ナイト・スタンド」よりこっちのほうが先です。シリーズの短編番外編を集めた短編集。本編と違って最初から最後までハイテンションのギャグが続きます。いやほんと電車の中...

NO IMAGE

「フルメタルパニック!揺れるイントゥ・ザ・ブルー」

揺れるイントゥ・ザ・ブルー―フルメタル・パニック! 賀東 招二 四季 童子 富士見書房 2000-02 どこまでいくのやらラノベ関係フルメタ連続コンボ継続中(笑)しっかりと5作品先まで大人買いしちゃってるので当分続くんでしょうなこれ。ラブコメ大好きな私としては、もう今回の...

NO IMAGE

「蒼穹のファフナー」

冲方 丁平井 久司 某深夜アニメのノベライズ。 何度見ても主人公が黒髪のシン・アスカにしか見えない、あの番組ですよ(待て)…すいません、私の第一印象はそんなもんでした。 自分の読むものが偏ってる可能性は否定しませんが、「平和な学園生活が急に戦場に」ってネタ、バトロワ以来増えたの...

NO IMAGE

「マテリアルナイト 少女は巨人と踊る」

雨木 シュウスケ椋本 夏夜 前半は面白いと思うのですが、後半どうしてこの作品、こんなに展開のテンポが悪いんだろ…? 前半は一気に電車やバスの中で読み進めたんですが 中だるみしてるのか、中盤や後半は読んでる最中に眠くなったり、 「あれ?これってこんな展開だっけ?」っていって前に戻っ...

NO IMAGE

「フルメタルパニック!サイドアームズ 音程は哀しく、射程は遠く」

フルメタルパニック!サイドアームズ 音程は哀しく、射程は遠く 賀東 招二 四季 童子 富士見書房 2004-04 「??」シリーズとは違い、ミスリルメンバーのストーリーが中心のフルメタ短編集。表題作の「音程は悲しく?」と「女神の来日」は結構好きなのですが正直今回は趣味走り過ぎ...

NO IMAGE

「かりん 増血記」

かりん増血記 1 甲斐 透 影崎 由那 富士見書房 2003-12 ぶっちゃけこの小説が何故富士見「ミステリー」文庫から出てるのか解らない。 漫画版の絵柄の可愛さにひかれて小説版買ったんですが、小説がオリジナルかと思ったら実は漫画版がオリジナルだったのね^^; 吸血鬼な...

NO IMAGE

「フルメタルパニック!安心できない七つ道具?」

フルメタルパニック!安心できない七つ道具? 賀東 招二 四季 童子 「オン・マイ・オウン」の後に読むと無性に切なくなります。特に「老兵たちの?」。外伝シリーズの最新刊は舞台が学園からミスリルに移ってしまいましたがそれってやっぱり本編と合わなくなったのが原因なんですかね...

NO IMAGE

「消閑の挑戦者2 永遠と変化の小箱」

岩井 恭平四季 童子 1巻は相当必死に探し回ったのに、2巻は気まぐれで途中下車した駅前の本屋で発見だなんて本気でこのシリーズに運命感じちゃいました(笑) 個人的に1巻の「ゲーム・オブ・ザ・ルール」のシステムがかなり好きだったので全然ゲーム関係ない展開でしょんぼり…したのもつかの...

NO IMAGE

「消閑の挑戦者 パーフェクト・キング」

岩井 恭平四季 童子 読む前に白状するとめっちゃ挿絵につられて購入した一冊。フルメタ!最新刊読んでフルメタ熱上昇してる時に四季さんが挿絵書いてる小説のレビューをレビューサイトでたまたま発見してしまったんですよ。もう運命としか(笑) 全体的な感想から先に言うと面白かったです。 ゲ...

NO IMAGE

「フルメタルパニック!戦うボーイ・ミーツ・ガール」

戦うボーイ・ミーツ・ガール発売:1998.9発行:富士見書房賀東 招二 四季 童子 スレイヤーズ!シリーズも終わっちゃったし(すぺしゃるは続いてるけど)捨てプリも終了してしまい、富士見ってほんと最近面白いのないなーと思ってたんですが(失礼)いやいや、まだ面白い作品ありますね!久々...

NO IMAGE

「AHEADシリーズ 終わりのクロニクル3(中)」

川上 稔さとやす(TENKEY) ストーリーに関しては「中巻」だけにあまりいう事ないかなぁ… なんだかんだ言いつつ重要な謎は全て下巻に持ち越しですし。 凄いこの小説、バトルも多いんですがラブコメ要素も強い気が。 風間と出雲の入れ替わりシーンとか、個人的には非常にツボいです。 あ...

NO IMAGE

「フォルマント・ブルー カラっぽの僕に、君はうたう。」

木ノ歌 詠ミヤス リサ もうすぐ死んでしまう主人公と、「シンセサイザーの」女の子が、音楽を通して心を触れ合うといった話?オーソドックスなギャルゲ…もといラブコメ展開にSFやファンタジー要素が加わった感じです。 「インフィニティ・ゼロ」じゃないですが全体的に泣かせ系のギャル...

NO IMAGE

「シャドウテイカー4 リグル・リグル」

三上 延純 珪一 そろそろストーリーも佳境に入ってきた感じ。 というか次回でクライマックスということでちょっと寂しい…。 人間を操る虫のカゲヌシ、ということである意味王道と言えなくもないですが 凄くどろどろしたカゲヌシとのバトルの合間に入ってくる恋愛要素が凄い生きてると言うか浩...

NO IMAGE

「ルナティック・ムーンV」

藤原 祐椋本 夏夜 「ルナティック・ムーン」シリーズ完結編。 4巻の感想も書きたかったんですが…読んだのが前過ぎて内容覚えてない(汗) というわけで4巻飛ばして5巻の感想行きます。 そういえば大学の講義に潜った時、講義中にこの本読んでる後輩が居てビックリしたなあ。 ルナとシオン...

NO IMAGE

「プロットディレクター」

中里 融司日向 悠二 面白かったのか面白くなかったのか凄い微妙…。 個人的に「組織なんだけど実は学校のクラブ活動」とかはっちゃけた展開は面白いと思うんですが 主人公たちの「普通の人間じゃないっぷり」があまりにも壮絶すぎてびっくりさせられたのは確かなんですが 正直、作品からそこは...

NO IMAGE

「埋葬惑星 The Funeral Planet」

山科 千晶昭次 ライトノベルというよりちょっと童話みたいな、可愛い感じの話です。 イラストがまたストーリーの雰囲気に合っていて可愛いv 若くして死んだマスターのために作られた慰霊用アンドロイドが、 彼の「外にでたい」という願いを叶える為に奮闘する、という話。 何も知らなかった子...

NO IMAGE

「しずるさんと偏屈な死者たち」

上遠野 浩平椋本 夏夜 椋本さんの挿絵につられて買ったらブギーポップの人の本でした(笑) なんかしずるさんの設定自体が「ブギーポップ」ホーリィ&ゴーストに出てくるスリムシェイプの設定に 檄似だったので「パクリ!?」とか思ってたらパクリもへったくれもなかったという…(著者名確認しろ...

NO IMAGE

「海辺のウサギ」

鈴木 鈴片瀬 優 「吸血鬼のおしごと」最終巻はどうし(サーバーとの接続がキャンセルされました) ついでに「ウサギ」って三文字に反応して購入した訳ではありませ(蹴蹴蹴) 「吸血鬼のおしごと」シリーズのコンビが贈る新作。 最近かなり殺伐としている「おしごと」シリーズの初期を思わせる...

NO IMAGE

「ルナティック・ムーンIII」

藤原 祐椋本 夏夜 今までは変異種は純血種にとっては忌むべき存在、という所だけアピールされてきたんですが 今回は苛めの対象もちやほやされているのも変異種ってことでちょっと趣が違いました。 やっぱ人間、見た目がいいと得できるね、って話で。 でも見た目がいいと損することもあるぞ、って...

NO IMAGE

「TETORA」

深沢 美潮山本 ケイジ ラノベの代表作ともいえる「フォーチュンクエスト」の作者の近未来短編SF集。 イラストが結構好みだなーと思ったらROアンソロでおなじみの「超肉」さんでした(笑)しかし、もうこういうイラストレーターさん達にたけひとさんの影響受けすぎとかいう突っ込みはいれるだけ...

NO IMAGE

「リバーズエンド after days」

橋本 紡高野 音彦div> 「リバーズエンド」の番外編。 ストーリー終了後のメインキャラクターたちのその後が描かれています。 「リバーズエンド」本編はどちらかというと2巻以降、ずっと非日常な世界での話なのですが そこに出てきたメンバーの日常の話になっているので、非常に新鮮に読め...

NO IMAGE

「リリアとトレイズI そして二人は旅行に行った」

時雨沢 恵一黒星 紅白 「アリソン」シリーズの続編。 アリソンとヴィルの娘リリア、フィオナとベネディクトの息子トレイズが主人公。 っていうか序章が「アリソン」最終巻の終章そのまま…っていうのにツッコミ入れたくてしょうがないのですが。どうせなら同じ文章ではなくて微妙?にでも文章か...

NO IMAGE

「絶望系 閉じられた世界」

谷川 流G・むにょ ぶっちゃけるとこの作者さんの本は「涼宮ハルヒ」が個人的に微妙だったので (嫌いではないけど世間が絶賛する理由がいまいちよくわからない人) なんとなーく敬遠していたのですが…なんとなく挿絵とかストーリー紹介につられて購入。 いきなり悪魔と天使と死神と幽霊が自分...

NO IMAGE

「AHEADシリーズ 終わりのクロニクル3(上)」

川上 稔さとやす(TENKEY) 今回は自動人形の世界、3rdギアとの全竜交渉です。 わーいメイドさんがいっぱ(強制終了) 秘密も明かして晴れて堂々といちゃこらし始めた主人公ズが凄すぎます。 普通に発言がエロいですよ!!いいのかよ!(笑) 飛場君との「共通の話題」といい、佐山、...

NO IMAGE

「AHEADシリーズ 終わりのクロニクル2(下)」

川上 稔さとやす(TENKEY) 読んでからだいぶ間が空いてしまったので適当な感想でスイマセン。 運と切、二人の言う「秘密」が遂にこの巻で明かされます。 あ?…やっぱり、というかそうきたか!って感じ。ぶっちゃけ普通に騙されてました(笑) っていうかエロいよ、何気に!しかも相手...

NO IMAGE

「Missing12 神降ろしの物語」

甲田 学人翠川 しん 半年振りの新刊?。久しぶりに読むとやっぱり怖いですね、これ。 なんというか空目と亜紀以外、全員キャラ変わりすぎ(苦笑) 特に俊也と武巳のキャラが…前巻までと180度違うんですがっ。 稜子の変化は好ましいもの、というかかなり良い感じに変わったなあと思うけど。...

NO IMAGE

「バイトでウィザード 術者の目覚めはうさぎのダンス!?」

椎野 美由貴原田 たけひと バイトでウィザードシリーズの一条兄妹の見習い時代を綴った外伝第二段。 すごい濃いキャラが出てきたんで、個人的には大注目。 渋くてマッドサイエンティストなジジイの同級生って色々と最高なんですが!(笑) 本編がかなり段々重い話になってきたような気がするの...

NO IMAGE

「灼眼のシャナV」

高橋 弥七郎いとう のいぢ 最近人気らしい、「灼眼のシャナ」シリーズ外伝です。 シャナがフレイムヘイズになった時の、アラストールとの契約のエピソード。 主人公も違うし舞台もファンタジー観たっぷりで、本編とはかなり違った雰囲気が楽しめます。 もうとりあえず表紙の包帯ぐるぐるシャナ...

NO IMAGE

「しにがみのバラッド。5」

ハセガワ ケイスケ七草 今回の話の中では断然「しにがみのうた」が好みでした。 なんつーか、うちの黒兎設定を知っている人は読んだらどこに萌えたか一発でわかりそうな勢いですが。 というか黒携帯ハマって以来めっきり暗殺者萌え。 実はROも隠れ♂アサシン萌え(なんですと←男キャラの中では...

NO IMAGE

「シャドウテイカー3 フェイクアウト」

三上 延純 珪一 ようやくストーリーの根幹に関わりそうなキャラや単語が出てきてストーリーも本番という感じ。 …なのに3巻からして本当に展開が絶望の連続で物凄いです。 この手のストーリーはやっぱ主人公の努力が報われてハッピーエンドというのが筋だと思うのですが 「これ、どっから状況回...

NO IMAGE

「バイトでウィザード したがえわが宿命に、と少女は呟いた」

椎野 美由貴原田 たけひと カラー挿絵の2?3P目のセリフが何処の事だかわからない。 マジ気になってしょうがない。誰か正解を教えてください。次回以降の伏線…? 礼子が団体に入るきっかけになった事故関してはまだまだ謎が多いというか… 京介がその場に居たのではないかとおもわれるほのめ...

NO IMAGE

「吸血鬼のおしごとSP—The Days Gone By」

鈴木 鈴片瀬 優 あの鬱な衝撃のエンディングから数ヶ月。 「吸血鬼のおしごと」シリーズの番外編。 挿絵の片瀬優さんとの共著扱いで、1/4ほど片瀬さんの漫画が入ってます。 個人的には共著とかそういうせこい手使わないで 小説なら小説、漫画なら漫画で出して欲しかったなというのは兎に角...

NO IMAGE

「Missing11 座敷童の物語・完結編」

甲田 学人翠川 しん しょっぱなから武巳と稜子がラブラブモードでびびった(笑) ついに(色々な意味で)美術部メンバー全滅ですか… 個人的には奈々美ちゃん想いの沖本君がかなり好きだったのになあ。 そして武巳がどんどん孤立するわ、泥沼にずぶずぶ浸かってくわでもう心配でなりません。 ...

NO IMAGE

「Missing10 続・座敷童の物語」

甲田 学人翠川 しん なんていうか、段々この話、人間関係グロくなってきますね。 最近すっかり描写の怖さに慣れてしまったしまったせいか、最近こっちのが気にかかる(笑) 今回の表紙、5巻よりも武巳が凛々しい顔してるのが凄い印象的だった。 5巻の表紙の武巳は明らかにヘタレくさいので(...

NO IMAGE

「しにがみのバラッド。4」

ハセガワ ケイスケ七草 相変わらず内容はほんのり暖かくて少し寂しく悲しく、ちょっと癒される感じ。 今回いきなりレズネタでめさめさビビったのは内緒(笑) でもこの作品にかかると嫌らしい感じが殆ど無いのが不思議。 個人的には「しちがつなのか。」が好きです。 ホタルノヒカリ。もほのぼ...

NO IMAGE

「ソウル・アンダーテイカー」

中村 恵里加酒乃 渉 ダブルブリッドの続きまだ(うわなにをするやめ) …もとい、「ダブルブリッド」の中村恵里加さんの新作です。 なんか読み始めて思ったのが「ああ?、中村さんだああああ」の一言に尽きちゃったのですが。 主人公の性格とか会話の展開とか地の文とか。どこがどうとは表現で...

NO IMAGE

「ルカ 楽園の囚われ人たち」

七飯 宏隆巳島 ヒロシ 第11回電撃小説大賞・大賞受賞作。 一言でストーリーを紹介すると雰囲気が「ドームチルドレン(山崎風愛)」な「チグリスとユーフラテス(新井素子)」です(と言って両方判る人がいるんだろうか…居たら色々な意味で凄いぞ) 「地球最後の人間」ということで真っ先に思...

NO IMAGE

「ザ・サードVII 死すべき神々の荒野(下)」

星野 亮後藤 なお パイフウ先生スキーとしては文句なしに美味しい巻でした。 前巻は火乃香のデューン・ランがメインでパイ先生あまり出なかったし。 挿絵もパイ先生多いしね!!巨乳萌えー。 ところで後藤なおさんって、絵柄微妙に変わりました? 大人系キャラの描き方とか特に、以前より好みに...

NO IMAGE

「9S<ナインエス>5」

葉山 透山本 ヤマト 新キャラ続々登場で、ストーリーも佳境に入り、益々目が話せません。何より毎回400P近い大ボリュームなのにそんなの全然気にならないのが凄いと思う。電撃で同レベルの長さの本といえば「終わりのクロニクル」とか「吸血鬼のおしごと」とかありますが大体中盤で「まだ半分あ...

NO IMAGE

「召喚士マリア1 魂に堕天使を、唇に真の名を。」

安田 均北沢 慶四季 童子 モンコレTCGの世界観が下敷きになっているらしいですが…その辺の詳しい事はよくわかりません。 とりあえずまた挿絵買い。 ここいつも読んでる人(…居たら)は速攻心の中でつっこんでおられることでしょうからセルフツッコミしておこう。まあ、挿絵につられたのも...

NO IMAGE

「スクラップド・プリンセス サプリメント2 恋人たちの狂想曲」

榊 一郎安曇 雪伸 「捨てプリ」シリーズ外伝第二段。第一弾は短編集でしたが、今度は長編の外伝作品です。 パシフィカの正体が明かされる前の話と言う事で、全体的にまったり雰囲気。出てくる敵もお間抜けな感じで、なかなかステキです。っていうか「メイドさん」な辺り、作者様の趣味を感じます...

NO IMAGE

「吸血鬼のおしごと7 The style of motals」

鈴木 鈴片瀬 優 納得いきません。 読んだ直後に書いたら相当頭に血が上って何を書くかわからないと言う事で大分時間を置かせてもらいましたがやはり納得いきません。 ここまで後味の悪い話、初めて読みました。この話読んだ後、一晩何もできないくらい凹みました。 6巻まで...

NO IMAGE

「アリソンIII(下) 陰謀という名の列車」

時雨沢 恵一黒星 紅白 「アリソン」シリーズの最終巻です。 前巻読んでから1ヶ月くらい経ってたのですっかり内容を忘れ(以下略) 今回は兎に角ヴィルが大活躍で萌えでした(笑) 今まで結構アリソンに振りまわされるヘタレ君なイメージだったんですが。 最後の種明かしでのヴィル君がめっち...

NO IMAGE

「スクラップド・プリンセス サプリメント さまよう者達の組曲」

榊 一郎安曇 雪伸 「スクラップドプリンセス」シリーズの外伝シリーズ第一作。 富士見系の外伝で伝統的に多い(?)ギャグ短編あり、シリアスもありで なかなか見ごたえのある作品です。 一番必見だと思うのは生きている時のユーマとキャロルが見れることじゃないでしょうか。 キャロルさん素...

NO IMAGE

「9S<ナインエス>4」

9S 4 発売:2004.8発行:メディアワークス葉山 透〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.31最近、本を読み返す暇も無くて続きを読んだら設定を忘れてることが高確率で… この本も前編読んだ後色々と設定をド忘れしてまして ああ前後編ってもんは続けて...

NO IMAGE

「スカイワード2」

スカイワード 2 発売:2004.9発行:メディアワークスマサト 真希〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 1今回は話がずんずん暗くなってびっくり。 中性体への差別と戦争の話がクローズアップされてるから仕方ないけど。 この人の小説だとどちらかとい...

NO IMAGE

時雨沢 恵一「キノの旅VIII」

アリソン読んでいても何度もおもったんだけどこの人断然短編の方が上手いね。 なんか長編読んでてだれるんだよなあ・・・私だけでしょうか。 すごい久しぶりのキノ新作でかなり楽しみにしていたのですが、 同人人気が出てしまった所為なのか今回やたら萌え狙いっぽい作品が多くてしょんぼ...

NO IMAGE

「シャドウテイカー2 アブサロム」

シャドウテイカー 2 発売:2004.10発行:メディアワークス三上 延〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 1そんなに長い本でもないですが、ストーリーへの引き込まれ度はかなり高い作品だと思う。 前作のような最後での大どんでん返しっていうような展...

NO IMAGE

「AHEADシリーズ 終わりのクロニクル2(上)」

終わりのクロニクル 2上 発売:2003.10発行:メディアワークス川上 稔著posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.25ストーリーも本格的に動き出して、どんどん面白くなってきました。 新庄姉弟の秘密のことも勿論ですが、他のキャラたちにも色々秘密がありそうだ...

NO IMAGE

「シャドウテイカー 黒の彼方」

シャドウテイカー 発売:2004.6発行:メディアワークス三上 延〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 1実は現行の修羅場中に現実逃避で読んでt(殴) ちょっと読んですぐに修羅場に戻る予定だったのですが、 小説の世界に引き込まれて読み終わるまで戻っ...

NO IMAGE

「AHEADシリーズ 終わりのクロニクル1(下)」

終わりのクロニクル 1下 発売:2003.7発行:メディアワークス川上 稔著posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.25上巻で、本気で挫折しかけたのですがなんとか下巻読もうと言う気が起きました。 本気で上巻がダメだったので、これで下巻がダメだったら読むのやめ...

NO IMAGE

「しにがみのバラッド。3」

しにがみのバラッド。 3 発売:2004.1発行:メディアワークスハセガワ ケイスケ〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.31主人公が死神ということで常に誰かの“死”が身近にある。 それなのに、どこか気持ちが暖かくなる、そんなお話です。 挿絵画家さ...

NO IMAGE

「スカイワード」

スカイワード 発売:2004.5発行:メディアワークスマサト 真希〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 1これ、最初のカラーページの編集の仕方上手いと思った。 文章が結構独特な方なんですが、明らかにその部分を抜き出して編集してるよなあ。 ストーリ...

NO IMAGE

「AHEADシリーズ 終わりのクロニクル1(上)」

終わりのクロニクル 1上 発売:2003.6発行:メディアワークス川上 稔著posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.25…話は面白いと思うんですよ。思うんですが。 長くて読む気がしないのは仕様ですか。 内容量、薄めの電撃文庫の約2倍(約400ページ)、それ...

NO IMAGE

「アリソンIII(上)ルトニを車窓から」

アリソン 3上 発売:2004.3発行:メディアワークス時雨沢 恵一〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.30序章の前でいきなり衝撃の事実発覚?でびっくりですよ。 続きが気になる?・・・といいながらまだ読めてません(汗) ぶっちゃけ、時雨沢さんの作...

NO IMAGE

「9S<ナインエス>3」

9S 3 発売:2004.5発行:メディアワークス葉山 透〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.312巻感想、あれだけ叩きまくっといて3巻買ってるのかよ!って話なんですが 2巻以降また加速度的に面白くなってきた気がします。 まあ、とりあえず人がバタ...

NO IMAGE

「9S<ナインエス>2」

9S 2 発売:2004.1発行:メディアワークス葉山 透〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.31このシリーズ、作品を読ませる力が強いです。それだけ作品に引き込まれるというか。 なんか、気がついたら最後まで読んでたよ、みたいな感じに。 電撃の作品っ...

NO IMAGE

「ザ・サードVII 死すべき神々の荒野(上)」

死すべき神々の荒野(ゲヘナ) 上 発売:2004.10発行:富士見書房星野 亮著posted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 1久しぶりの本編新刊です。ぶっちゃけストーリー忘れたっていうか番外編読みきってな(強制終了) 最近マンネリ気味で番外編もイマイチだったん...

NO IMAGE

「ザ・サード 夜明けまで」

夜明けまで 発売:2003.11発行:富士見書房星野 亮著posted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 1久しぶりに読んだので設定を殆ど忘れてしまっていました(爆) 短編はいいから早く本編進めて?っていうのは我侭なんでしょうかねぇ… 私の脳内で、この作品の感想...