log

>> OPの亜美が可愛くてしょうがない。


ファイル 523-1.jpg

目論み中の何か。トレス難しい……良い勉強になるけど。
つか、バカテスはカラー設定の判明してるキャラが少なすぎて配役そのものが難しいです。
この美春はそれなりに上手くできたほう。

そろそろ工藤愛子とかカラーで出て欲しいですね。あと木下優子の挿絵とか(笑)
特に男子キャラは…今後カラーになる予定のある男子キャラが居るのだろうか。玲は弟希望。
というか明久の表紙出演はいつですか。

昨日のアニメ版「とらドラ!」はオリジナル展開。
基本的にベタに原作と同じ内容だけやるアニメというのはあまりツボに来ないので、私はオリジナル展開どんと来いだったりします。というか、あのアニメは前評判がアレだった所為で期待値にマイナス補正入ってたのもあるかもしれないけど、普通に面白いと思う。キャラ絵も凄く好みです。
続き
というわけで、亜美登場前にみのりん強化エピソード。
どこまでやるかわからんけど、原作だと実乃梨が竜児を巡る四角関係に本格的に入ってくるのが結構遅くなるので、その辺の補正ということでしょうか。4巻読むまでは、亜美ルートを考える事はあっても実乃梨ルートの線は1ミリも考えてなかったもんなあ、私…。

彼女がアルバイトに精を出す理由は原作9巻で漸く明かされる話だけど、とりあえず彼女の鉄腕アルバイターぶりを印象付けるエピソード?大河の初バイトも9巻になるんだけど、アニメ版でそのエピソードまでは確実に行かないだろうと踏んでの脚本なのかな。実際の原作で大河の「初アルバイト」はこんなしっちゃかめっちゃかなものではなくて、そことの違いを考えると面白かった。彼女がどれだけシリーズを経て精神的な成長をしたのか、とか考えると。

実乃梨や北村の前ではどっちもどっちなほどキョドりまくりな竜児と大河が可愛いです。

しかし、大河と北村のエピソードはなんか胸にきゅんと来るものがあった。「去年のうちに想いに応えられれば、まだ自分の事を見ててもらえたかもしれないのに」という大河の心の叫びが伝わってくるようで…。原作はもっと胸に痛い展開になってるけど、やるじゃん。アニメも。

来週もオリジナルエピソードで、多分北村と大河の馴れ初め話をやるのかな。
1クールで終わりながらオリジナルを混ぜながら原作3巻か4巻まで+スピンオフくらいの分量のエピソードくらいで丁度良いのではないかと思ってるので、このくらいのペースで頑張っていって欲しい。というか5巻以降はまた原作の雰囲気がかなり変わってきちゃうから、ヘタにやると間違いなく泥沼になりそうな気がするんだよなあ…

ぽちっと押してもらえると励みになります→