🗐 なろろぐ - Naro log -

なろうの感想と読んだマンガの感想

タグ「途中まで」を含む投稿[9件]

Icon of urarai
シャングリラ・フロンティア〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜
https://ncode.syosetu.com/n6169dz/ #narou #narouN6169DZ

大分前からスローペースでずっと読んでるんですけど普通にメモ残してなかった。
今188話、クターニッド戦前のクリオネがユザパられたあたり。
個人的には序盤は普通にそれなりに面白いな、くらいの感じだったんですけど最初のユニークモンスター・ウェザエモンを攻略するあたりから俄然面白くなってきて、リュカオーンとのリベンジマッチのあたりでめちゃくちゃ「情報量が多い~~!!!」って悲鳴をあげて今そのままクターニッドに連れてこられた感。ウェザエモン戦はコミカライズでも最後まで終わったので気になる人はコミカライズからでも読んでください。2部後半くらいからひたすら情報量が多いし展開が早い。

間に挟まれるクソゲー過疎ゲーでの話も面白いので本当に気が抜けない。どういう理由でクソゲー過疎ゲーになったのかちゃんと読めばわかるし、そんなクソゲー達に執着しているオタクたちの姿にニヤニヤしてしまうな。クソゲーではなく発売前の神ゲー候補であるGGCの新しいジャンルのゲーム的な描写も大変良かった。とにかくこの話を読んでるとなんか新しいゲームやりたくなってくるので困る。なんかやりたいんだけど、据え置きゲーは最近すぐ詰んじゃうからな…。

なによりサンラク・カッツォ・ペンシルゴンのリアルでの年齢や性別・立場を越えた「悪友」っぷりがめちゃくちゃ好き~~!!
息をするように喧嘩するけど目的が一致して普通では倒せないような強敵を前にしたときの彼らが最強のコンビネーションを発揮する所が本当に良い。抜け駆けは絶対に許さないといわんばかりの足の引っ張り合いや口では何を言ってても相手の力量を絶対的に信頼してるところが良い。ウェザエモン戦では普段の外道の親玉的なキャラクターとは打って変わって繊細な感情を兼ね備えたペンシルゴンとセツナのやりとりにぐっときたし、「ギャラクシア・ヒーローズ:カオス」でのバトルもめちゃくちゃに面白かった!

設定鍵インベントリア:シャンフロの諸々
https://ncode.syosetu.com/n6458eg/ #narou #narouN6458EG
そんなシャンフロの番外編とか設定語りとかの方。読んでるとこの作者本当に設定考えるの好きなんだなあと伝わってくる。GGCの後に「たのしいにじかいだいさんじ」読んで大爆笑しました。

#途中まで #現代 #MMORPG #悪友
Icon of urarai
TS悪役令嬢神様転生善人追放配信RTA~嫌われ追放エンドを目指してるのに最強無双ロードから降りられない~
https://ncode.syosetu.com/n4180gn/ #narou #narouN4180GN
14話までよんだ。主人公(悪役令嬢)が とても おとこらしい。
しょっぱなから追放エンドから脱線しすぎてる主人公(原作ゲーム知らない)のプレイングにツッコミ入れまくる実況(原作ゲーム知ってる)の掛け合いが完全に原作知らない新規ファンにニヤニヤしているオタクたちの図でとても楽しいけど、スマホからだと改行が少ないというか明らかにPCで読むのを想定した書き方で若干読みづらい。PCで読んだほうが無難かなー。
#異世界転生 #悪役令嬢 #実況 #途中まで
Icon of urarai
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。
https://ncode.syosetu.com/n5691dd/ #narou #narouN5691DD
コミック版が面白かったので…32話まで。(2018/8/15)
「死ね」というだけで相手を殺してしまう少年・高遠夜霧と、そんな少年と行動をともにすることになった壇ノ浦千佳。異世界でクラスメイトたちに見捨てられたふたりが元の世界に戻るため旅をするお話。

言葉にしただけで相手を殺してしまうという高遠の圧倒的な能力とその能力によって築かれていく屍の山を目の当たりにしながらも殆ど動じない千佳の割り切り方、肝の座り方がめちゃくちゃ好き。圧倒的な能力を持つ賢者に支配され、自分たちを見捨てたクラスメイトや他の転移者達と生きるか死ぬかのやりとりをしているにもかかわらず、全く世界観の「重さ」を感じさせない、コミカルな作風がなんか楽しい。人の命が軽くなりすぎず、異世界転移経験者が普通に混ざっている設定や、出所が解らない主人公の即死能力など世界観設定も面白くて飽きさせなかった。
#途中まで #異世界転移 #追放もの
Icon of urarai
回復術士のやり直し~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~
https://ncode.syosetu.com/n3512ds/ #narou #narouN3512DS
7章2話まで読了。(2018/4/27)
途中からこれ殺し合いという名のボーイズラブ(not恋愛)だな!?って気持ちで読んでた。ケアルガ様がまじ《砲》 の勇者好きすぎるし信頼感高すぎるし《砲》は一周目からクレイジーサイコショタホモなので完全に両思いです本当にありがとうございました。

自らが凶行に走る理由付けをするために無意識に意識的に「(ヒロインたち以外の)身近な人が敵の手にかかって殺される状況を心待ちにしている」という行動があまりにもクレイジーで、3章あたりで一度そのへん躓いてたんですけど、たまに自分のその狂気や自らの心の弱さを認識しているような文脈があったり、平穏な未来を望むような言葉があったりするのがなんというか、狂気と正気の狭間を行ったり来たりしてる感じあって逆にゾクっとする。とりあえず《砲》との殺し愛楽しみです。

久しぶりに開いたらエロが原因で削除されてた。そのうちスニーカー文庫版で読むか。
#途中まで #ファンタジー #復讐もの
Icon of urarai
腐男子先生!!!!!
https://ncode.syosetu.com/n2101dp/ #narou #narouN2101DP
90話まで読んだときの感想(2018/4/11)
話が先生生徒間の恋愛や将来の話が中心になってシリアスな一方、時々差し込まれるオタク話が清涼剤だし、思い出したように定期的にイケメンムーブをしてくるふだせんはずるい男だ…。特に「悪い男は俺だけでいい」お前そういうとこだし!!!それだけやっといて焼肉が完璧に完璧すぎるよ!!!

「神様は、いつも信者を選べなくて、可哀想」

自分を無条件で持ち上げてくれるひとりの読み手の存在が書き手の中で大きくなりすぎるのって怖いよなって思う。その辺気にしないでうまくやれるひとはやれるんだろうけど。ふたりがそこを乗り越えられたことに胸が熱くなった。

ところでこの章の太一がめっちゃ好きって話100回したい。都築くんとカップリングにしよう。
#途中まで
Icon of urarai
腐男子先生!!!!!
https://ncode.syosetu.com/n2101dp/ #narou #narouN2101DP
60話まで読んだときの感想(2018/4/11)
やっぱりこの距離感が良い……書籍版感想でも書いてるけど7話の「譲渡募集」のやりとりで、わざわざお互いを目の前にしてSNSで遠回りにやりとりするのが凄く好き。35話がリアルタイムにSideMのセカンドライブの話でPの私がしんだ(しかもこれ投稿日がセカライの2日後なんですけど!?)

粘着ファン騒ぎはあーこれは怖いよなーっておもいつつ、バレちゃった経緯がオタクあるあるーすぎて、そしてナチュラルに先生が一番ぱぴりお先生のネットストーカーすぎて地獄の最強決戦みある。隠れオタクのふたりが一歩日向に向かって踏み出す展開だけど、どうなるのか。

34話タイトル「なぜ地雷がお前を避けてくれると思ったのか」があまりにも名言。
#途中まで #現代 #オタク #恋愛
Icon of urarai
シャングリラ・フロンティア〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜
https://ncode.syosetu.com/n6169dz/ #narou #narouN6169DZ
89話まで読んだ。
墓守のウェザエモン攻略のところめっちゃよかったですね……!!!!!ペンシルゴンしゅき。
#途中まで #現代 #VRMMO
Icon of urarai
村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない
https://ncode.syosetu.com/n1119fh/ #narou #narouN1119FH
4章(72話)までよんだ。
村作りのシミュレーションゲームのテストプレイヤーに当選したと思っていたら、実はゲームを通して異世界で「神」としての力を奮っていたというお話。この作者さんの作品を読むのはなにげに3作目なのですが、序盤にほぼ確実にある限られたポイントを振り分けてスキルを取るみたいな展開が毎回面白いんですよね。とある事件がきっかけで引きこもりになってしまった主人公がゲームを通して知り合った異世界の信者達と触れ合うことによって少しずつ自らのトラウマを克服していく展開が良かった。3章まで読んだんだけど、書籍版の3章はかなり展開が違うみたいなのでちょっと書籍版も読みたい。
#途中まで #ゲーム世界 #異世界転移 #現代
Icon of urarai
【書籍化決定】創造錬金術師は自由を謳歌する -故郷を追放されたら、魔王のお膝元で超絶効果のマジックアイテム作り放題になりました-
https://ncode.syosetu.com/n0597gj/ #narou #narouN0597GJ
脳筋至上な実家からいらない子扱いされて生贄として魔王に献上されてしまった錬金術師が魔王の庇護下に入り、異世界から召喚された勇者が残した通販カタログ(※ちゃんとした通販じゃなくて雑誌の後ろについてるみたいなちょっと効果アレ系なあやしい通販)を元にして色んなチートアイテムつくって才能を認められるよ!!という話。第24話までよんだ。

圧倒的な力を持っていたという勇者たちの世界=現代日本の科学力が長い時間を掛けていい感じに曲解され、その妄想力によってとんでもないチートアイテムが生み出されていく。そして主人公は出来上がったアイテムを見て「こんなヤバいアイテムを生み出しちゃう勇者の住んでた異世界スゴい!」と誤解を深め、魔王側は魔王側で「こんなヤバい錬金術師をいらない子扱いする人間超ヤバい」と誤解していく(※こっちは一応誤解だよって説明を受けるけど)……という、誤解のハイパーインフレみたいな展開がコミカルで楽しかった。
#途中まで #ファンタジー

■フリースペース:

テスト

編集

■全文検索:

複合検索窓に切り替える

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■日付検索:

■カレンダー:

2022年02月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

■最近の投稿:

最終更新日時:
2022年12月09日(金) 00時39分32秒