log

「K Circle Vision ~Nameless Song」みました


映画館の編成が変わるって言うんで、先週くらいに。
このままだと文字に残すのを忘れたまま内容を忘れてしまうので軽く感想残したい。
普通にネタバレ全開なんですけどもう見る人は見たよねって感じでいきます。

7編中唯一?オリジナルストーリーで語られる「その後」の物語。TYPE-MOONと科学ADVで育ったギャルゲーオタクの私、しょっぱなでこれでもかというほどわざとらしく尊さんのピアスが光ったあたりで展開を悟ってしまって始まった途端に「うわーーー歌月十夜だーー!!」って気持ちになってしまったんですけどすごく人が死んだり離別があるギャルゲーでよくある何故か全員生きてる後日談的お遊びファンディスクだった……でもそれがまたものすごい満足度の高いそれだった。いやだって、ダモクレスの剣も綻んでいない、万全な状態の各クランの王達がクランズマンを引き連れて夜になるたび激突するとか、泡沫の夢だとしても楽しすぎるでしょ…。地上波時代から崩れなかった作画が最高に良い仕事をしている。

世界の現実に気づきながらその夢に乗る人、気づかないまま夢に耽る人たちの中でやはりクロだけは事態を打開するために動き始めて。少しずつ夢の世界が「解体」されていくのが楽しい半面寂しくもあり。忘れられなかった想いを精算したり、縋ってみたり……という中でスクナの夢を見守る縁ちゃん達と、草薙さんを立ち直らせる八田ちゃんが良かった。八田は本当に「アニメ2期を経た八田」だったのでその成長ぶりにホロリとさせられる。結構序盤で気づいてる素振りがあったのとかも大変に良い。成長といえば、クロと縁ちゃんと一言様のお茶会の話もクロの精神的な成長がよく見れてめちゃくちゃ好きでしたね……。

そしてふっきれてない草薙さんの姿が本当に殴られる……十束の死からこっち、凹んでる姿を見せる暇もなかったよなと映画の赤を見て思ったのでその想いを精算するための物語があって本当によかった。ていうかこの映画、ぶっちゃけ一言で言うと草薙さんの夢セラピーですよね!?

あとは本当にアニメの後の話ということで別々のクランに身を置いた八田と伏見が戦場で喧嘩ップルしつつも背中合わせに戦ってくるの最高of最高だったんですけど!!!そうこれ!!!これが見たかった!!!!乱戦のときに名目上違うクランだけどいつのまにかスクナを前に共闘する流れになってたり(この辺は八田の見ている夢だからこその都合良さみたいなのもちょっと感じる。だって今後伏見と「共闘」する場面があったとしても、かつてのような異能を持って全力で戦う体験を彼らがすることは金輪際ないわけだから)、あとなんだかんだ昼のパートで自然に会って喋ってる八田と伏見大変美味しいです。ほんとアニメ2期ラストでこれまでの歪んだ依存関係を精算して別々の人間として関係を再構築した八田と伏見が好きで好きでってこれ映画の感想3回書いて3回とも言ってた。性癖もしくは萌えのサビなので許して欲しい。

 ← ぽちっと押してもらえると励みになります

12/3


ファイル 1180-1.png
天井しました(挨拶)

リミテッド実装直後の爆死からちまちまと石をためてやっと9万分の石が溜まったので!!一年越しくらいの気持ちでやってたんですが割と気軽に石配りがあったので半年でたまりました。予想外に早くに溜まったのでびっくりした…。

リミテッドラインハルザの実装の時にまとめて回したほうが効率的かなあと思って待ってたんですが年始は十二神将だろうし2月までは待てないな……という気持ちで。というか年内に来ないと知ってたら先月の四騎士の時に回したんですけど……ままならない。

グラブルは長いこと軽く単体萌えがある程度であんまりカップリング的な意味では推しがなかったんですが、グラブルメインクエスト二部でうっかりライカイに燃えてしまい推しを聞かれると「何も言わずにメインクエスト二部をやって」と騒ぐ人になりました。メインクエスト二部をやってほしいけど戦闘面倒だし正直ストーリーもそんなに面白いとは言い切れない(ナル=グランデ編の登場人物たちの人間関係が死ぬほど好きだがあの面倒な戦闘を乗り越えてまでやっていただくほどメインクエスト二部面白いのかと言われるとちょっと悩むみたいななにかが……)

最初敵同士から始まって否応なしに主従関係になったカインとラインハルザがお互いの背中を預けるほどの信頼関係を築いていく課程が大変好きなのですが、その一方であの自信満々でコミュ力の高そうなカインが一方向に対してめちゃくちゃメンタル豆腐で終盤以後はメンタル的にめちゃくちゃラインハルザに助けられてるという関係性が大変に好きなので困る。

ラインハルザにとってはおそらく唯一の救いの手を差し伸べてくれたのがカインだったのに、いざその手を掴んでみたらカインがめちゃくちゃアベルの死に囚われてるの萌えるんですよね!!!ていうかフェイトエピソードなんであのひと勢い余って身投げしようとしてラインハルザに止められてるの?????(好き)

ライカイ以外だと私はヴィーラちゃんとパーシヴァル単体萌え(好きだが特に組み合わせたい相手が居ない意)だったですが、今年の四騎士イベで対パーさんにだけ扱いが雑というか素のランスロット大変良い……と思いましたが別にカップリングにしたいわけではなかった。ランスロットがヴェインやジークフリートにはなんというか好感度高い反応をするのに対してパーシヴァルに対する態度がものすごくニュートラルなの好きなんだよな……ああいう反応、パーシヴァルにしかしないから一周回って良い。カップリング的にはあえていうとヴェランのとばっちりを食らうパーさんが好きです。興味ないのに喧嘩したヴェラン双方に仲直りの相談を持ちかけられてキレて欲しい。
ヴィーラちゃんもカップリングではなくてカタリナ好き同士でローアインと雑な会話して欲しいみたいな組み合わせ好きはあります。

ファイル 1180-2.png

それにしても、レジェフェスの方のリミテッドキャラで引けてないのがいよいよリミテッドラカムだけになりました……リミテッドラカム、実装直後に爆死してるのになんで未だにうちにいないんだろうな……しかし正直今引いても火パに席があるかっていうと微妙で9万貯めるほどじゃないなっていうこの……(でも多分次こそリミテッドラインハルザとリミテッドノアくんが来る予感がするのでまた石をためたらレジェフェスで狙いに行きます…グランデフェスのキャラを狙いにいけるのはいつになるんだ…)

余談ですが、あとでかぞえてみたら300連でSSR20個、ほぼぴったり排出6%だったので逆にびっくりしました。沢山回すと結果収束するもんだなあ……あと思った以上にめぼしい戦果なかったなあ……(現状でキャラ400人いる騎空団だからある程度は仕方がないが)。

 ← ぽちっと押してもらえると励みになります

スパロボ新作


最近こう多分スパロボの参戦選んでる人と趣味が被ってない(挨拶)

レイアースは世代直撃の元なかよし読者なのでとても気になるんですけど、あまりにも他の参戦作品が自分の通ってないところだし既存作も積んでるので多分うっかりPS4本体買ったとかないかぎり買いません。かわないったら。

スパクロの新規参戦作品から1つか2つ……と期待をしてしまっていたのも大きいのですが、スパクロに参戦する作品はスパロボへの参戦ハードルが高い作品主体と言われると納得してしまう何かがありますね……ビルドファイターズなんかは歴代ガンダム主人公の中で「本来この世界に居てはならない(自分たちとは違う)平和な世界の存在」として描かれるのが印象的だったし(※第三回フェスティバルのイベスト)。

世界観として「実体」を持たないゼーガペイン、南十字島に不定期で現れる閉鎖空間的なサムシングでの一騎討ちを前提にするスタドラ、そもそも中立的な大人の助けがあれば物語が解決してしまいそうなリヴァイアスなんかスパクロに参戦させるの結構上手い落とし所なんじゃないかなと。いやスタドラはギリギリいけるとおもってるんですけど。スタドラそろそろ据え置き機にきてもいいとおもうんですけど。というか今回のスパクロのマジェプリ復刻参戦とか絶対フラグだとおもうでしょ!期待してたのでがっかりだよ!

それにしてもバディコンやクロアンあたりから連続参戦があってもいいのでは!?とは思うし割とぼちぼち見てるはずの比較的最近のロボットアニメからの参戦が楽園追放くらいしかないのがうーん。

というか大変正直なことを申しますと今日はOG新作の発表だと思ってたので10年来いい続けてる「ヴァルストークファミリーが参戦したらOGやります」が今度こそ実現してしまうのか~いや~まいったな~ニヤニヤしてたのあります。Jまで参戦済なので順番的には次のはずなんですけど何故来ないのかヴァルストークファミリー。何故なのか。

 ← ぽちっと押してもらえると励みになります

「時空を超えた空の先で」感想


スパクロのイベントで久しぶりにフルメタが出るぞ!!というので気合を入れて臨んだらゴウザウラーとワタルとスタドラに囲まれてみんなでダンバインの世界に異世界転移する話だった。っていうととんでも感溢れるのですが最近のスパクロのイベントはトンデモと見せかけて直球で良い話をやってくるので油断ならない。

宇宙からの侵略者達から地球を守るという勧善懲悪的な子供向けアニメの世界観からやってきたザウラーズが「人間同士」で「戦争」やってるダンバインの世界に飛ばされ、「敵」イコール「悪」ではないことを突きつけられ、人間同士での戦いに晒され、迷いから実力を発揮できず、その迷いが敵であるゲイツから指摘されることで可視化されるという展開が熱い。

もうとにかく、このためにTSR参戦させたのかー!?ってくらい子どもたちを精神的にいたぶるゲイツのえげつなさが輝いてたし、ゲイツに任せて宗介とどんぱちやってるらしきガウルン先生が歪みなさすぎて対宗介以外に最低限しか台詞ないの笑ってしまう。

というかガウルンだったら何も言わずに子どもたちを殺して事後報告、とかやりかねないのでゲイツと組ませたの正解すぎますよね。レナードはレナードでこういう汚れ役はしてくれないだろうし。途中で挟まった口上がボイス付きで脳内再生されるのでゲイツの使い勝手すごいし声優さんは偉大と思った。ところでガウルンコダールのユニット化はまだですか?

「人間同士の殺し合いが発生しない世界の人物が戦争に直面して本気を出せなくなる」という展開、スパクロのメインストーリーでも一度取り扱われているんだけど、その時に本気を出せなくなった人物こそツナシ・タクトその人なわけで。そのへんに関して言及する展開はないんですけど、小学生たちと共に飛ばされたのが幼い頃から戦争の中で育ち、後天的に戦争のない平和な世界を知った相良宗介と、戦争のない世界からスパクロ本編で初めて戦争に直面したタクトというの、あまりにも上手いなあと思う。最初ほんとなんでこの作品の組み合わせなんだろうとか思ってたんですが考えた人凄いな……。

ゲイツの猛攻に対して「敵」であるはずのトッドが立場が悪くなるのも覚悟で助力してくれるのが大変に美味しい。子どもたちの出した結論が「トッドと敵対する前に元の世界に帰る」で終わるのも凄く良かったと思う。なんかこのへんは、安易に答えを突きつけてほしくなかった感じあるので一つの長いストーリーとして落とし所をつけないといけないスパロボ本編ではできない、良い落とし所だなあと。

スパクロのイベントシナリオ、定期的にこういう脇役に焦点を当てた良クロスオーバーぶちこんでくるんですけど、推していきたいのでシナリオライターの名前を教えてくださいお願いします。

ファイル 1178-1.png
最終話のサブタイでズルいわ!!って切れそうになったのでだめです。

 ← ぽちっと押してもらえると励みになります

映画「メモリーズオブレッド」見てきた


もう2日前なんですけどメモレの映画見てきました。誰かの大切な人の誕生日に人が死ぬ話を自分の誕生日に見るの、とてもエモーショナルなかんじだなとおもいました。

土曜で放映時間が微妙(立川の2回目は21時15分から上映)だったせいか、初日の割に人少なめで割と快適に見れたんですけど、見に来てた女性ファンが殆ど後半すすり泣きはじめたのでもう凄かった。私も何度か涙腺が緩んだ。なんというか、全力でファンを殺しに行く映画ですよねと……。

アニメ本編では描かれなかった十束の最期と、その十束の存在によって心地よい日常に繋ぎ留められていた尊が十束の死をきっかけに「檻の外」に解き放たれるまでの物語が幸せな日常とともに語られるの、本当に胸に刺さる。最期の夜に十束がバーHOMURAを出ていく直前の過剰なまでにスローな演出ずるくないですか!?あれ、その後十束が死ぬという共通認識があるからこそのズルい演出だよなあーーー。

アニメの内容をふまえて、十束が死んだ翌朝の草薙さんと宗像の反応が完全に先の事まで理解した上で尊さんの結末までをも覚悟完了してる人の反応という気がしてとてもつらい。尊の言葉を聞いてこれまでのことを「楽しかった」と過去形で語る草薙さんと、一報を受けて即座にダモクレスダウンを予見する宗像、なんていうか理解が早すぎる……。(逆に尊と直接面識があって他の吠舞羅メンバーと違い割と冷静に状況分析しそうな伏見が宗像に言われるまでダモクレスダウンの可能性に至れないの、吠舞羅時代の伏見と尊さんの微妙な距離感を感じてしまって大変に好きでした)

なんというか、十束は本人が言い残したとおり、まだやれてないことはたくさんあったけどその上で「幸せな人生だった」んだとおもうし、尊さんも十束の死をきっかけに解き放たれてしまって「自分のしたいことをして死んだ」人なんだとおもうのである意味ハッピーエンドですらあると感じるんですけど、でも、二人の生き様を目の当たりにして、その上でおいていかれる草薙さんと宗像はしんどいよなあと、なんか変な方向に涙腺を刺激されてしまった。尊さん以外に接点のない草薙さんと宗像が尊さんの話する話が見たい。

3巻特装版ブックレット掲載のピアスの話が映像化されたのも色々と衝撃だったんですけどその直後に草薙さんの返しが来て油断してたところに涙腺を全力で殴られました。あれほんとポータブル墓(人から聞いてしっくりきすぎて忘れられなくなった概念)……。

あと先月ロスモワで殴られたばかりなので、不意打ちで伏見と決別した後の八田が飛行船を追いかけたあの日を思い出すのずるいとおもいましたとても殴られる!!

帰ってからメモレの3巻読み直したんですけどロスモワとアニメ2期を踏まえて3巻最初の八田と伏見の話を読み直すと、なんていうか、伏見にとっては吠舞羅時代の居場所はあくまで「八田のとなり」であって、吠舞羅や尊さんは自分の居場所じゃなかったんだよなあみたいなしんみり感を改めて……そして最後までそれを理解できなかった八田。

2期のラストで、それまで自分の居場所がみつからなくてなんかふわっとしていた伏見がセプター4が自分の居場所なんだとやっと認識して、その上で尊さんが居なくなって改めて自分の意志でアンナと新生吠舞羅に寄り添うことに決めた八田との関係を再構築するのが本当に好きってこれロスモワ見たときも言ったね!!サビなので何度も言います!!

 ← ぽちっと押してもらえると励みになります