« 9月 2017 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

フルメタル・パニック! マジで危ない九死に一生?

[著]賀東 招ニ  [絵]四季 童子

千鳥かなめたちが会場に着いたとき、そこにいたのは見渡す限りのボン太くんだった!ボン太くん(強化服ver)を開発した相良宗介もそこに招待されており、その数―およそ300体。様々なボン太くんたちとふもふもと触れ合っていたのも束の間、3万人の暴徒が「ヒャッハー!」と叫びながら釘バットや鉄パイプを振り回し、会場を制圧しようと迫ってきた!?30,000人VS300体(ボン太くん)の壮絶な戦いが始まる―(『つぶらなテルモピュライ』より)。傑作短編4本のほか、メリダ島での決戦後のテッサの行方を描く待望の特別書き下ろしを加えた極上の短編集がここに推参。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

いつもとおりの短編と、本編完結後のテッサのその後を描く書き下ろしエピソードの5編を収録した短編集最終巻(一応)

短編の方はかなめと宗介がサバゲーで対決する「与太者のルール(前後編)」もよかったけど、かなめとそのご近所さんのやりとりを描いた「ご近所のサーベイヤー」が好き。かなめの住んでいるマンションの清掃員をしているいけすかないオバチャンが空き巣犯の疑いをかけられて……って話なんだけど、いけすかない相手でも濡れ衣は許せなかったり、見てみぬふりをする近所の住人達に憤ったり……となんだかんだで情に熱いかなめの魅力が一杯に詰まったエピソードでした。最後のオバチャンとのやりとりと、水面下での宗介の活躍に胸が熱くなる。

しかし、一応9巻続いた短編集シリーズの事実上最終エピソードとなるのが大量のボン太君が暴徒達と対決する「つぶらなテルモピュライ」ってどうなんですか!?いや面白かったけど!!ある意味すごくフルメタらしいですけど!!

書き下ろしの「テッサの墓参り」は同時発売の「フルメタルパニック・アナザー」の繋ぎとなるエピソード。テッサが1人でアーバレストの開発者であった少年・バニの墓参りをする話なのですが道中が盛りだくさんすぎてニヤニヤが止まらない。墓前でのやりとりにはじーんとなりました。

単独の後日談でありながらもマオとクルツの関係やこれからの未来に想いを馳せるテッサなどなど、「アナザー」への期待が高まる細かい演出がニクいです。こんな引きかたされたら「アナザー」も買わざるを得ないじゃないですか!!

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません