カテゴリー「成年向/BL小説」の記事一覧 | 今日もだらだら、読書日記。

成年向/BL小説一覧

並び替え: 新しい古い
NO IMAGE

朝香 りく 「俺様にゃんこ、極道のもふもふになる」

 世間知らずの捨て猫チビが、ひょんなことから人間のヤクザの男・神名木に命を助けられる。自分を助けるために怪我をしてしまった男になんとか恩返しをしたくて神社で祈ったら、人間の姿になっ...

続きを読む

NO IMAGE

小林 典雅 「あなたの好きな人について聞かせて」

 カルチャースクールの小説のお題を考えていて車に轢かれそうになった路郎をかばって怪我をしたのは、バイト先のコンビニに良く現れる常連客の高校生。お詫びのために病院を訪れると、なぜか慰...

続きを読む

NO IMAGE

栗城 偲 「まじかる漢の娘」

ドキッ★敵も味方も女装っ子だらけのニチアサ系戦隊!触手もあるよ!!  表紙のインパクトにつられて購入。色んな意味で悪者にはなれないあほのこ主人公(※悪の秘密結社の首領)が穴だ...

続きを読む

NO IMAGE

栗城 偲 「全寮制男子校に転入してみた。」

 アメリカで大学を飛び級で卒業した青葉は、憧れの大伯父の通っていた全寮制男子校に転入することに。ところが、とあるハプニングから多くの男子生徒達のやっかみを一身に受けることになってし...

続きを読む

NO IMAGE

朝香 りく 「仁義なき新婚生活」

 表紙にホイホイされた。後悔はしていない。  極道一家の長男・佳月は姉が郷島組の若頭と望まぬ婚約を強いられている事に腹を立て、郷島組に殴りこむことに。若頭と押し問答を繰り返す...

続きを読む

NO IMAGE

丸木 文華 「オタクな俺がリア充社長に食われた件について」

 表紙につられて買った。後悔はしていない。 (だって凄く良い女装メイドさんのフトモモだったんだもん…!!)  独占欲の強いリア充社長×童貞オタで社畜なエロゲーシナリオライタ...

続きを読む

NO IMAGE

高将 にぐん 「ハルカせんせいと絵本の中の王子」

白 馬 で 来 た(攻が)  うまくいかなかった合コンの帰り道、幼稚園の先生をしている晴夏の前に現れたのは、文字通り白馬に乗った王子様だった。歯の浮く台詞の数々に最初はただた...

続きを読む

NO IMAGE

小林 典雅 「クレイジーな彼とサバイバーな彼 〜嘘と誤解は恋のせい〜」

 所属する劇団で、主役を演じる事になった尚。だが、内容はBLで相手は同じ劇団に所属するいけすかない男・六車騎一だった。プライベートと演劇では別、と精一杯良い演技をしようとするがどう...

続きを読む

NO IMAGE

栗城 偲 「可愛くて、どうしよう?」

可愛くて!!!!どうしよう!!!(挨拶)  完全にしょっぱなから出来上がってる(けどBL的な意味での気持ちの通じ合いはまだの)男子2人が始終イチャイチャしながらお互いの距離感...

続きを読む

NO IMAGE

栗城 偲 「ぼくのすきなひと」

 「きみがすきなんだ」に続く小学生攻シリーズ(?)の第2弾。前作に登場した冬弥もでてくるよ!  秀才小学生攻×頭の悪い天然高校生受。わりとぽやぽやしている割に大事な事は抱え込...

続きを読む

NO IMAGE

高将 にぐん 「1、2の3で恋をする」

 高校時代の親友・猫実が開発している惚れ薬の被検体になってしまったサトシ。薬のせいだとわかっていても同性である猫実をみると胸のトキメキがとまらなくて……というお話。  薬によ...

続きを読む

NO IMAGE

高将 にぐん 「マジカル少女系男子」

これは良いフトモモパンチラ(※だが男だ)  中身も大変美味しかったんですが、短いスカートからにょきっと生える男らしい太ももがたまりませんでした。女の子のような足でなくて、ある...

続きを読む

NO IMAGE

小林 典雅 「執事と画学生、ときどき令嬢」

 時間が経ってしまったので感想短め。  タイトルからしてこれは女装モノだ!と思って物凄くワクテカしたんだけど、女装ものというよりは「変装モノ」としての意味合いが強かった印象で...

続きを読む

NO IMAGE

栗城 偲 「きみがすきなんだ」

 付き合っている彼氏が、自分はあまりそういう事が好きではないのに執拗に肉体関係を求めてくる事に疲れ、落ち込んでいた夏月。隣に住む小学生の冬弥が何かと気を使ってくれていたのだが、いた...

続きを読む

NO IMAGE

小林 典雅 「なぜあの方に恋したのかと聞かれたら…」

へ、へんたいだーーーーっ!!!  すごく攻が変態だった。紳士だけど変態紳士だった。王女様のお話し相手としてお城に招かれたはずなのに、いざ王都へ向かってみたら道中ではセクハラう...

続きを読む

NO IMAGE

栗城 偲 「君の隣で見えるもの」

 東北の田舎町にとある事情で里帰りした都会っ子が、田舎の人々と交流しながら年下の従兄弟と相思相愛になるお話。  うーん、正直、東北弁に対するフォローがあとがきまで行かないと一...

続きを読む

NO IMAGE

榎田 尤利 「ごめんなさいと言ってみろ」

 出版社のパーティでいけすかない男・と大喧嘩をしてしまった少女漫画家の律は、親友だとおもっていた元担当編集・能代からとんでもない事実を聞かされる。そのショックから立ち直る暇も無く、...

続きを読む

NO IMAGE

榎田 尤利 「きみがいるなら世界の果てでも」

 「マンガ家シリーズ」最終巻。漫画家仲間の律から「東海林に負担をかけすぎ」と指摘されて以来、自立しようと頑張る二木だったが思いは空回りするばかり。挙句、東海林に怪我をさせてしまって...

続きを読む

NO IMAGE

小林 典雅 「棒投げ橋で待ってて」

 新人看護士をしている雨市の元に、祖父母が使用人をしているお屋敷で一度だけ遊んだことのある名家のお坊ちゃま・新宮桜里が何故か自分をたよって押しかけてくる。やりたい事をさがしたい、と...

続きを読む

NO IMAGE

榎田 尤利 「きみがいなけりゃ息もできない」

 「マンガ家シリーズ」第一作。色々な意味で人間として破綻している売れないマンガ家・仁木と、どうしてもそんな仁木の世話を焼いてしまう幼なじみの腐れ縁・東海林のお話。  タイトル...

続きを読む

NO IMAGE

高将 にぐん 「恋するしっぽ」

 自分の容姿にコンプレックスを持つ俊太は遊園地でピンクの豚の着ぐるみ・ベリ子を着て風船をくばる仕事をしていた。ある日、ヒーローショーに出演する人気新人俳優・響とひょんなことから知り...

続きを読む

NO IMAGE

高将 にぐん 「鬼に嫁げば」

 旅の途中立ち寄った村で、鬼退治を依頼された紅葉。魔を祓う懐剣を持って鬼に差し出される花嫁の身代わりとして鬼の棲む村に入り込んだ紅葉だったが何故か相手を殺すことが出来なくて……とい...

続きを読む

NO IMAGE

吉田 ナツ 「Home,sweet home.」

 ちょっと変わった監禁モノだよと聞いて手に取りましたが確かにこれは変り種……監禁がきっかけにしてはじまる一風変わった恋物語。  小さい頃にゴミ箱に捨てられていたという瀬尾と親...

続きを読む

NO IMAGE

榎田 尤利 「吸血鬼には向いてる職業」

 新人編集の藍がじゃんけんで負けて押し付けられたのは大ヒット作「ゴスちゅる」を連載中の黒田瑞祥。自らを吸血鬼と称し、変わり者で知られる彼は原稿を渡す為にとんでもない無理難題をおしつ...

続きを読む

NO IMAGE

高将 にぐん 「猫耳パイレーツ」

 宝を狙って海賊船に乗船した盗賊のリカルド。その盗賊団はリカルドが盗もうとしていた宝『星の魚』の呪いを受け、全員が猫耳になっていた。海賊団の中でもひときわ若い少年・キジに気に入られ...

続きを読む

NO IMAGE

吉田 ナツ 「大好きなんです」

 慕ってくる後輩・都石は自分好みドンピシャで……しかもオタクだった。自分の嗜好(=ゲイ)をひた隠しにして、自分のビジネスを手伝って貰う代わりに都石のモテキ到来(違)に協力することに...

続きを読む

NO IMAGE

栗城 偲 「今日も明日も会いたくて」

 浅緋のやっているお弁当屋にある日やってきた奇妙な客・黒崎。弁当を注文している最中に居眠りしはじめたり、栄養の偏ったお弁当ばかり買っていくのが気になってつい食生活のアドバイスなどし...

続きを読む

NO IMAGE

小林 典雅 「たとえばこんな恋のはじまり」

 つきあっていた恋人にメールで振られ、バッティングセンターでかっこわるく酔い潰れていた汐夜を介抱してくれた海藤。その後もメールでやりとりを続けていたが友人の朝陽に誘われて彼が講師を...

続きを読む

NO IMAGE

高将 にぐん 「猫耳サラリーマン」

 変な小瓶を開けたらバイト先の上司・小津が猫耳姿で「願い事を3つ叶える」といいだした。実は小津は魔法使い見習いで、一人前になるには3つの願い事を叶えなければいけないらしい。しかも魔...

続きを読む

NO IMAGE

砂原 糖子 「職業、王子」

「誰がお前を抱くと言った」 「……え?」 「冗談じゃない。何故、私がおまえの汚れた場所に挿入せねばならないのだ。おまえがすべきことは反対だな」 そ の 発 想 は な か っ...

続きを読む

NO IMAGE

栗城 偲 「恋をするには遠すぎて」

 小さい頃に「オタクっぽい男」にストーキングされて嫌な目にあったことがある袖崎はクラスのオタク男子達を良く思って居なかった。笑いものにしたり、虫の居所が悪いと嫌がらせをしたりしてい...

続きを読む

NO IMAGE

高将 にぐん 「キミログ」

 偶然、同級生男子のやってるブログを発見したと思ったら、そいつが普段の落ち着いた優等生のイメージとはかけ離れたテンションの高さで猛烈に俺の事を語っていた。何を言っているかわからない...

続きを読む

NO IMAGE

高将 にぐん 「放課後カタオモイ」

 クラスでも目立たないオタクの順にマンガなど殆ど読まないイケメンサッカー少年の丹羽が声を掛けてきた。漫画研究部の部誌に載せた順のイラストに一目惚れしたという彼の言動に最初は戸惑って...

続きを読む

NO IMAGE

渡海 奈穂 「たまには恋でも」

 オタクネタあるある……なネタの数々が楽しかったけど一部「オタクネタあるあ……る……あ……(白目)」だった。  攻の椋本が凄くイケメン気取ってるんだけど(そして事情を知ってる...

続きを読む

NO IMAGE

渡海 奈穂 「正しい恋の悩み方」

尾崎、めんどくさい。  「徹底的に避ける」て、自分から勝手にやっといて相手にまともに事情も話さず着信拒否に音信不通に引越しまでするとかどんだけ豆腐メンタルなんだよ……喧嘩ップ...

続きを読む

NO IMAGE

栗城 偲 「だけど、ここには愛がある」

豆腐メンタル女装攻×ちょっとズルい包容力のある男前可愛い受とかなにそれ俺得  こう、そんなに読んだことないですが、商業BLでここまで的確に自分の萌え属性をついてきた作品初めて...

続きを読む

NO IMAGE

かわい 有美子 「饒舌に夜を騙れ」

 SATを舞台にした相棒物というか戦友物というか。優等生タイプが本能で動くタイプのカリスマ系に惹かれちゃってどうしようもなくなったり俺の背中はお前にしか預けられないぜ的な話は大変好...

続きを読む

NO IMAGE

渡海 奈穂 「熱愛」

 小学生時代に一線を越えてしまった佐津と日浦は中学時代に偶然再会を果たし、同じ高校に入学するが、過去の因縁が絡み合ってきて……というお話。  実際には両想いなんだけど佐津の過...

続きを読む

NO IMAGE

榎田 尤利 「愛なら売るほど」

 大人気漫画『愛売る』の作者・藤野泉は10年来好きだった高校時代の同級生・飴屋と同窓会で再会する。自分が漫画家だということは隠していたが、偶然彼と同じマンションに引越しすることにな...

続きを読む

NO IMAGE

小林 典雅 「恋する遺伝子 嘘と誤解は恋のせい」

 割の良いバイトと聞いて不妊治療のラボにやってきた六車騎一は先日亡くなったばかりの憧れの劇作家・朝来野寛が生前に作った受精卵の処遇で遺族とモメている場面に遭遇する。父を嫌い、遺伝子...

続きを読む

NO IMAGE

栗城 偲 「恋愛モジュール」

 能力はあるけどコミュ障気味なプログラマーの島垣が、初のプロジェクトリーダーに任命される。同じチームに配属された新人SEの藤森は、島垣とは反対に明るく人懐こいイケメンで苦手意識を持...

続きを読む

NO IMAGE

小林 典雅 「嘘と誤解は恋のせい」

 隣のサラリーマン・和久井に密かに片想いしている大学生の結哉。想うだけで十分……と思っていたら自宅に入り浸っている先輩の騎一が「授業でアンケートを取ってる事にして隣とお近づきになれ...

続きを読む

NO IMAGE

丸木 文華 「義兄 明治艶曼荼羅」

これはエロい&救いがない。ティアラ文庫は長らくご無沙汰だったのですが、結構頑なにこういう展開の話はやらないようにしてるイメージがあったので、びっくり。 義理の兄によってどんど...

続きを読む

NO IMAGE

綾月 りょう 「EROTICS×ANGEL」

某ついったーで「ティアラ文庫新人賞作品がエロい」という話を聞いて思わず手に取ってしまいました。悪魔の虜囚となった天使が悪魔から陵辱されるというお話。 確かにこれまでに読んだテ...

続きを読む

NO IMAGE

週末に知らない世界をのぞいてきた

先週末はなんか思い立って美少女小説まとめ読みをしてました。といっても2冊。 基本的に読んだ小説は全部感想を書くのがポリシーだったのでどうしようかとおもったのですが、正直記事にする...

続きを読む

NO IMAGE

向坂 氷緒 「384,403km あなたを月にさらったら」

ティアラ文庫、創刊ラインナップ以来のジャンル:「百合」。みりおんぐらむさんの感想がきっかけで手にとりました。主人公が、幼稚園児の頃から好きだった女の子を今度こそモノにするため、エス...

続きを読む

NO IMAGE

愛百合女学院へようこそ

成田 空子 CHI-RAN 「私服で通学できる」という校風に惹かれて、全寮制の女子校・愛百合女学院に転入した帰国子女の森永苺。ところが、パンフレットは5年前に作られたもので、...

続きを読む

NO IMAGE

アラビアンズ・ロマンス ?花嫁は王の腕で微睡む?

仁賀奈 南條 パピ子 北海道の片田舎で父親と二人、小さな牧場を営む妙楽寧々。ところがある日偶然テレビに映ってしまったのがきっかけでアラビアの石油王国・ウラディスの王子カルディ...

続きを読む

NO IMAGE

黒椿姫 雷鳥の暗殺者と公爵令息

魚住 ユキコ カワハラ 恋 グロンヴァール王国の第一王位継承者として、幼い頃から側近の者達の裏切りや死別を繰り返してきた王女・エルダ。人間不信に陥った彼女は自分の命を狙いに来...

続きを読む

NO IMAGE

ヴァンパイア・プリンセス

水戸 泉 南国 ばなな 若くして、死んだ人間を“屍鬼”として復活させることが出来る「リリス」になってしまった少女・ファウスリーゼ。屍鬼達は本能的に彼女に恋心を抱いて従ってしま...

続きを読む

NO IMAGE

魔女っ子サラリーマン

高将 にぐん さらちよみ ある日突然、父親から少女趣味全開な魔女っ子ステッキを手渡された普通のサラリーマン・津島弘文。どうやら死んだ母親はホンモノの魔法少女で、その力が弘文に...

続きを読む

NO IMAGE

紅の勾玉 姫君の幼馴染は陰陽師

大槻 はぢめ ひだかなみ 帝の姫君・桜子の幼馴染は稀代の陰陽師・阿倍清明の孫である光彰とそのライバルであった芦屋道満の孫の泰雅だった。幼馴染の二人に護られて平和な毎日を送る彼...

続きを読む

NO IMAGE

桐原家の人々 3 恋愛統計総論

茅田 砂胡 羽崎 安実(※Cノベルズファンタジア版:成瀬かおり) 明かされた色々な真実のショックからようやく立ち直ってきた桐原家の三兄弟。ところが些細な事がきっかけとなって、...

続きを読む

NO IMAGE

桐原家の人々 2 恋愛心理学入門

茅田 砂胡 羽崎 安実(※Cノベルズファンタジア版:成瀬かおり) 母達の口から明かされたとんでもない自分達の出生に関する真実をなかなか受け入れられない三つ子たち。特に紅一点・...

続きを読む

NO IMAGE

純愛エゴイスト

藤崎 都 中村 春菊 つきあっていた彼女にこっぴどくフられた上に本気で人を愛することができないと指摘され、落ち込んでいた中條弘樹は半ば強引に高校生の家庭教師というアルバイトを...

続きを読む

NO IMAGE

茅田 砂胡 「桐原家の人々 1 恋愛遺伝学講座」

とても今更ですがsoundseaさんの“魔がさして?”エントリーに腐女子として激しく心を揺さぶられたので釣られてみました。書影の関係で商品リンクはCノベ版なのですが敢えてルビー文庫...

続きを読む

NO IMAGE

八王子姫

海野 幸  ユキムラ バリバリのキャリアウーマンで女性らしさのカケラも無い幸彦の姉はロリータ服を縫製して弟に着せるという趣味の持ち主。姉に頭の上がらない幸彦は嫌々ながらそれに...

続きを読む