富士見ドラゴンブック | 今日もだらだら、読書日記。

富士見ドラゴンブック一覧

NO IMAGE

明時 士栄「STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 変移空間のオクテット(2)」

 シュタゲの番外編的ゲーム「変移空間のオクテット」のノベライズ第二巻。第1巻でクライマックス以外の原作殆どの内容をやってしまっていたので2巻では一体何をやるのかとおもっていたのですが、「オクテット」の世界線よりも更に「妄想」よりの世界線を舞台に何故か『機関』に狙われることになって...

NO IMAGE

明時 士栄「STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 変移空間のオクテット(1)」

 シュタインズゲートの番外編的ゲーム「変移空間のオクテット」のノベライズ。  元のゲーム自体が昔ながらのコマンド入力での不自由さ・自由さを愉しむのが主体な感じの物語で、どちらかというと物語としての重厚さとかは一切無く、お使いにお使いを重ねて謎解きをしていくタイプのゲームなの...

NO IMAGE

長野 一郎「ROBOTICS;NOTES -ロボティクス・ノーツ- (1)」

 科学アドベンチャーシリーズ第三弾「ROBOTICS;NOTES」の原作ストーリーのノベライズ。その前に出たファミ通文庫・スニーカー文庫のノベライズと違い、こちらは原作通りのあき穂・海翔2人を中心視点としたノベライズになってます。  原作忠実展開……かとおもって読み始めたん...

NO IMAGE

海羽 超史郎「STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(3)」

 一応「比翼恋理のだーりん」の鈴羽・まゆりルートをベースにしたノベライズ完結編。ファンディスクのノベライズのはずなのに、そして実際にちゃんとファンディスクのストーリーをなぞっているにもかかわらずとにかく重い。  エピローグで示唆されたとおりの時間軸(世界線軸?)にこの物語が...

NO IMAGE

海羽 超史郎「STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(2)」

『いやあ本当に世の中には不思議な事ってあるよねオカリンってちょ、待、これmjd?』  なお、どういう処刑が行われたかは、以下のヒントからご自由に想像していただきたい。  ピンポン球、どこまでいくつ入るかな? アッーーーーーーーー!!!  ピンポン球をどこまでいくつ挿……い...

NO IMAGE

海羽 超史郎「STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(1)」

 シュタインズゲートのファンディスクである「比翼恋理のだーりん」のノベライズ……という名の皮を被った別の何か。だーりんの各キャラ個別ルートのエピソードをなぞりながら、本編世界線及び某別の世界線が混入してきてるんですがお陰で平和な厨×2リア充世界線を隠れ蓑にして裏が明らかに色々な意...

NO IMAGE

海羽 超史郎「STEINS;GATE‐シュタインズゲート‐ 円環連鎖のウロボロス(2)」

「シュタインズゲート」のノベライズ完結編。原作と細部の流れは違うけど、これもまた紛れもなく同じ『シュタインズゲート』へ至る物語。 かなり細部に渡って展開が変わってきているので、原作と同じ展開を辿っていてもまた新たな気持ちで楽しむ事が出来ました。初めてタイムリープしてどうして...

NO IMAGE

海羽 超史郎「STEINS;GATE─シュタインズゲート─ 円環連鎖のウロボロス(1)」

Xbox360で発売されたADV「シュタインズゲート」のノベライズ。原作はクリア(というか実績1つ除いてコンプ)済み。 原作の展開に忠実なノベライズ、かとおもって読んでいったら少しずつ行動によって引き起こされる「結果」が変わっていって、その違和感にゾクゾクする。最初は小さな...

NO IMAGE

「ダブルクロス・リプレイ・ストライク 天からの一撃」

小太刀 右京 / F.E.A.R. 石田 ヒロユキ 四畳半の安アパートで暮らすオーヴァードの少年・国見以蔵は今日も「あ?空から女の子が降ってこねえかなあ」とぼやきながら何の変哲も無い高校生としてUGNに協力しつつ、平和な学生生活を送っていた。ところが、そんな彼を流星が直撃して以...

NO IMAGE

「アリアンロッド・リプレイ・ルージュ4 ノエルと蒼穹の未来」

菊池 たけし / F.E.A.R. 佐々木 あかね 大切な仲間を喪い、意気消沈するノエル達は彼女の母が居るという沈黙の氷原を目指す。しかし、その前にノエル達を反逆者とみなした神殿が立ちふさがる。一方、悪の組織<ダイナストカバル>の大首領は新たな人工生命を彼女達のもとへ送り込んで...

NO IMAGE

「アリアンロッド・リプレイ・ルージュ(1?3)」

菊池 たけし / F.E.A.R. 佐々木 あかね ノエルは16歳の誕生日に自分が両親の本当の子供ではない事を知り、捨てられていた時に持っていたという薔薇の小箱を手に冒険のたびに出る。実はノエルは『薔薇の武具』と呼ばれる伝説の武具を開封する力を持っていた。そんな彼女を巡って神殿...