このラノ文庫 | 今日もだらだら、読書日記。

このラノ文庫一覧

NO IMAGE

遠藤 浅蜊「魔法少女育成計画 episodes」

 『魔法少女育成計画』『魔法少女育成計画restart』に登場した33人の魔法少女達が本編の外で繰り広げる短編集。予想以上に両作の魔法少女間の絡みが多くて面白かった!意外なキャラクターが思わぬ所と繋がってたり、意外な正体が明らかになったり。  原作でも最も描写がないまま脱落...

NO IMAGE

遠藤 浅蜊「魔法少女育成計画 restart(後)」

 仮想ゲーム世界に呼び出された16人の魔法少女達が否応無しに生死を掛けた理不尽なゲームに挑まされる、シリーズ第二幕完結編。  生き残るために結束した魔法少女達が魔王城に踏み込んだ辺りで「このままじゃ終わらないんだろうなあ」とおもったらその後が酷かった!意味深にショップで売ら...

NO IMAGE

遠藤 浅蜊「魔法少女育成計画 restart (前)」

 キャラを一新してのシリーズ第二巻。魔法少女として活動していた16人の魔法少女達が『魔法少女育成計画』というゲームに巻き込まれる。前巻では現実を舞台にしたマジカルキャンディ争奪サバイバルだったんだけど、今回は仮想ゲームの世界で理不尽なルールに苦しめられながらゲームのクリアを目指す...

NO IMAGE

逢上 央士「オレを二つ名(そのな)で呼ばないで!」

 私立神賀茂学園では、入学した生徒達すべてに「二つ名」を登録させ、その名前に合わせた異能を引き出すことができる。天才科学者・神賀茂御神によって開発された“二つ名システム(エリアス・ホルダー)”の実験校の適正審査を見事パスして入学した新だが、幼なじみの瑞穂に恥ずかしすぎる二つ名で登...

NO IMAGE

島津 緒繰「薄氷あられ、今日からアニメ部はじめました。」

 マンガを描くのが好きな主人公は、隣の席の目立たない女の子に弱みを握られて彼女の作ろうとしていたアニメ部に引きずり込まれる羽目に。そしてその隣の席の少女・薄氷あられ、実は物凄い美少女だった!! というお話。  ラノベ界では珍しい、アニメーターネタのラノベということでアニメ制...

NO IMAGE

大泉 貴「アニソンの神様」

 アニソン大好きなドイツ人の女の子・エヴァには「いつか日本でアニソンを歌いたい」という夢があった。日本への留学の話に飛びついた彼女は憧れの地で“アニソンバンド”を作ろうと、メンバー集めに奔走する…というお話。  ドイツからやってきたエヴァをボーカルに、才能は髄一だけど周囲に...

NO IMAGE

大間 九郎「オカルトリック 02」

 狐憑きの探偵助手・玉藻と引きこもりのオカルト探偵のねえさんと、最強メンヘラ・イソラたんが繰り広げる物語。  なんか最初から最後までどこまでもイソラたんのメンヘラキ女っぷりに振り回され、そして圧倒された感が強いんだけど同じくらいねえさんの過去から現在に繋がるまでの物語の破壊...

NO IMAGE

遠藤 浅蜊「魔法少女育成計画」

このマスコットキャラがゲスい。  16人居る魔法少女の枠を半分にすることになった。週に1度、人助けをすると貰えるキャンディの数が一番少なかった魔法少女を発表し、その娘を魔法少女でなくす。魔法少女でなくなるとは、『死』を意味していた。最初は平和的な方法で魔法少女枠の争奪戦をし...

NO IMAGE

おかもと(仮)「しずまれ! 俺の左腕」

 リア充高校生が爆発したら、左手に魔王が憑依していた。な、なにをいっているかわからねえとおもうがry←あらすじ  左手に憑依した魔王は無類のゲーム好きだった。ことあるごとに左手を操ってはネトゲやソーシャルゲーをやりこもうとする魔王を抑えようとする主人公・紳士だけど、その行動...

NO IMAGE

大間 九郎「オカルトリック」

 人として割と駄目な感じの安楽椅子系オカルト探偵・「ねえさん」こと葛乃葉さんと、彼女の助手として働く狐憑きの少年・玉藻が繰り広げるオカルト系ミステリー。  独特のファンキーな文体で繰り広げられる物語が相変わらずみんないい具合に歪んでてとても楽しいんだけど、何より玉藻の過去話...

NO IMAGE

藍上 ゆう「ドS魔女の×××」

 魔界で育てられ、魔女となった人間・クレアは自らも悪魔になることを望んでいた。そんな時「1000人の処女を一斉に発情させれば願いがかなう」という話を聞きつけて、全校生徒が1000人の女子校・空百合学園に潜入する。魔法の力で殆どの生徒達を発情させ、支配下に置くことに成功したのだが彼...

NO IMAGE

深沢 仁「R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く」

 鏡に映らず、自分に向けられた攻撃を「反射」してしまう謎の男・フィリップはひょんなことからはちあわせた少女・アンジェリーナを襲撃者から守りながら彼女の妹を助けるのに協力する羽目になる……というお話。  全体的に淡淡とした語り口といい、ライトノベルというよりも翻訳モノの海外S...

NO IMAGE

大間 九郎「ファンダ・メンダ・マウス 2 トラディショナルガール・トラディショナルナイト」

前巻の最後で父親のロンから唐突に金髪碧眼の許嫁・キンバを押しつけられてしまったマウス。ところが彼女の実家からロンに貢がれたヘロイン10kgが行方不明になり、マウスはキンバの兄からヘロインの行方を追うよう頼まれる。同時刻、美月はそのヘロインの運び屋をやらされていて……というお話。 ...

NO IMAGE

おかもと(仮)「伝説兄妹!」

自称「天才詩人」だが実力も才能もない駄目大学生・柏木は食糧を求めて迷い込んだ山の中の遺跡で女の子をみつける。天才的な詩の才能を持つ彼女に嫉妬心を募らせながらも柏木は彼女を家に連れて帰り、「デシ子」と名付けて彼女の詩を盗作しようとするが……というお話。 金はないが色々な理由を...

NO IMAGE

大間 九郎「ファンダ・メンダ・マウス」

これはなんというか、文字通りの「怪作」。 「マウス」を自称する主人公が高校時代の恩師の娘を救う為、様々な伝手を使いながら横浜港を奔走するお話……なんだけど、読み始めて10Pもいかないうちに、主人公の装飾過剰気味な一人称文体に耐えかねて投げ出しそうになった。ほんとうに、目が滑...