B.A.D. | 今日もだらだら、読書日記。

B.A.D.一覧

B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる

 
kona

「小田桐君。理由なく人を殺せるぐらいでないと、狂っているうちには入らないさ」チョコレート片手に、彼女はそう僕に告げた。傲慢で冷酷で我が侭な偏食家。そして、紅い唐傘を手にゴシックロリータを纏い、僕の絶望に突き放した微笑を浮かべる14歳の異能の少女、繭墨あざか。けれども、あの満開の桜の下、彼女は言った。僕の傍にいてくれると―。第11回えんため大賞優秀賞。残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー開幕。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

異能を持った女の子が悪意を持ってふしぎ事件を解決……する振りして事件を(依頼者的に)BADエンドのほうに誘発します。ショートショート形式です。出てくるキャラほぼ全員狂ってます。そして狂気な兄妹に総愛されな主人公(←某Twitterで書いた解説が気に入ったのでそのままコピペしたの図)

そんなわけで、異能の少女ととある事件をきっかけにその助手となった少年が怪異事件と出会っていくお話。残酷で醜悪だけど、切なく美しい作風は電撃文庫の「Missing」シリーズを思い出すなあ。醜悪なものをここまで醜悪に描けるのは凄いと思う。甲田作品と並ぶ食事中に読んではいけないラノベ認定したいところ。

それにしても、主人公である小田桐の愛されっぷりは色々な意味で凄い!もうこの話、ミステリアスファンタジーとか醜悪とか残酷とかおいておいて異能兄妹に小田桐が取り合われる話って言っちゃっていいと思うのです。妹のあざかの方は半分小田桐が己の内に孕んだ異能に対しての興味という一面が強いと思うのですが、兄のあさとはどんだけ小田桐好きなんだ。

2巻、3巻ともっと凄い事になるらしい(色々な意味で)ので、続きがとても楽しみです。
それであさと+雄介×小田桐の女性向けR18な同人誌はまだですか?(最低の〆め)


B.A.D. 2 繭墨はけっして神に祈らない

 
kona

「まぁ、どちらにしろ、退屈な話だけれどね。ボク好みの要素なんて欠片もないよ」欠伸をしながら黒いゴシックロリータを纏った少女・繭墨あざかは言った。“動く落書き”の犯人を捕まえる。いつも通りの馬鹿げた事件は、僕と繭墨を異能の一族・水無瀬家の誇りと絶望と裏切りの渦中に巻き込んでいく。自らの矜持のため、人の命を踏みにじる彼らに僕は怒りを覚えるが―。残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー、大反響の第2弾。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

異能の少女・繭墨ととある事件をきっかけにして異能を孕み彼女の「助手」となった普通の青年・小田桐が様々な怪奇事件と遭遇して解決……したりまぜっかえしたりするお話第二巻。

1巻に引き続き、悪趣味で醜悪な物語……なのは変わらないんだけど、全体的には1巻よりもややマイルド、のように思えてしまったのは新キャラ・白雪のお陰か。異能の一族の若き長でありながら、この面子に混ざると全然普通の女の子に見えてしまうから恐ろしい。あとカラーページのふくれっつらが可愛すぎて困りました。あと可愛いといえば幸仁の書いた「神」のカサカサッぷりがたまらなく可愛いんですがどうしたらいいですか。

もちろん、今回もなんともいえない醜悪さ・悪趣味さは健在。細かい所からチクチクくるようないやらしさを各所で感じました。「金魚」マニアのあの人のお話とかはある意味テンプレ的なんだけど、それ以上に七海と繭墨のやりとりにゾクっとくるものが……ちらっとしか出てきませんでしたがあれって明らかに……ですよね。

そして最後の最後で3巻への特大の爆弾が落ちてきたわけですが、あの人復活とか3巻に期待せざるをえません。あとラストの展開はエグいと思う。さりげなくとてもエグいと思う。3巻楽しみです。

……余談ですが雄介が小田桐のストーカーにしか見えなくなってきました。