« 7月 2017 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

小説 PandoraHearts 〜Caucus race 2〜

[著]若宮 シノブ  [絵]望月 淳

ただ貰ってほしかった 君にあげた唯一の――…。
待望の小説第2弾。エリオット&リーオに焦点をあてた中編をメインに、パンドラ本部でのある夜のひと時を描いたブレイク編やアリスの困った言動に惑わされるオズ&アリス編などを含め全6編を収録した、短~中編集。挿絵はもちろん、前作で大好評だった望月淳描き下ろしの後日談読み切りコミックも収録!

   個人的お気に入り度数

 「Pandora Hearts」のノベライズ第二巻。今回は5つの「パートナー」に焦点をあてた幕間劇になっています。

 ほかの4つも色々な意味で素晴らしかったんだけど、とりあえず今回はエリオットとリーオがオズ達と出会う前に起こった小さなアクシデントを描く中編「BLUE ROSE〜青の戴冠」に全部持っていかれた気がしてなりません。リーオとの主従関係美味しいしエリオットまじかわいいんですが、ナイトレイ家だけでなくエリオットが本当に様々な人達に愛された人物だったんだなあというのが力一杯伝わってくるお話でした。そして物語はオズとの初めての出逢いの場面につなげての終り方がなんというか……こう……泣ける。その後の彼らの歩む道を思うと泣けてくる。「萌えすぎて辛い」ってこういうこというんだなあって思いましたほんとに泣けた……そしてカバー下でまた萌えた……(悶絶)

 そして気合の入った中編もさることながら、5つの掌編を1つに結びつけるエピローグ「EPILOGUE TALE〜語り部の声」が絶妙すぎて。『語り部』の正体に気づいた時には思わずニヤリとしてしまった。そして彼の語るエリオットとリーオの描写が全部過去形になってるのがまたこう……辛い。

 他の4編も凄く面白かったですが、個人的には3話目「LUCKY DAY〜運命の秤」がほもにしか見えなくて困った。ギル逃げて超逃げて。

 ところで原作は本編がまた物凄い事になっていて(以下略)いやこれ小説版1巻の時にも同じ〆めかたをした気がしますが本当に原作が凄い事になっていて(大事な事なので2回言います)

 少し面白くなるまで立ち上がりの遅い作品ですが、緻密に張り巡らされた伏線や登場人物に絡み合う長い時をかけた因果、そして隠匿された過去などなどもうとにかくどうしようもなくいま面白くなってるマンガなのでお願いだから皆詠んで下さい。本当に14巻くらいから感想「すごい」「やばい」「泣ける」「心折れる」「なんか削られてる」「突き落とされる」「むしろハンマーでごりごり叩き潰される」とか日本語にならない言葉しか言ってないんだけどほんと騙されたと思って読んでみてくださいあとアニメ2期はまだですかエリオット出てすぐにオリジナル展開はいっておわったんですけど続きの映像化はまだですか梶浦つながりで今度はUFOテーブルさんとか作ってくれないですか!!!

4757533586

とりあえず最新刊の感想:●●●●がおにちく。


こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません