« 3月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

薄氷あられ、今日からアニメ部はじめました。

[著]島津 緒繰  [絵]KD

エッチな絵を描いているところを女子に見られてしまった。僕の高校生活は終わった。そう思った。しかし、なぜか生活に変化はない。僕の秘密を知った薄氷もぼっちだから、噂が広がらないのか?だが、ある日人気のない屋上に連れ出された僕は薄氷から「秘密をバラされたくなければアニメを作れ!」と脅迫され、アニメ部をつくるハメに…。アニメ美少女の概念を覆すヒロイン誕生!第3回『このライトノベルがすごい!』大賞・栗山千明賞受賞作。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 マンガを描くのが好きな主人公は、隣の席の目立たない女の子に弱みを握られて彼女の作ろうとしていたアニメ部に引きずり込まれる羽目に。そしてその隣の席の少女・薄氷あられ、実は物凄い美少女だった!! というお話。

 ラノベ界では珍しい、アニメーターネタのラノベということでアニメ制作に関する裏話とか1つの作品を皆で作る青春的な要素を物凄く期待していたのですが、どちらかというとラブコメ比重の方が強かった。その割りにヒロインが余りにもヒドインでちっとも萌えられな……げふっげふっ。アニメ制作的な意味でもラブコメ的な意味でも、登場人物全員がなぜか敵ポジションのはずの生徒会長の踏み台にされているのはどういうことなんです?

 各所で見せるアニメ制作ならでは創作ネタや裏話的な解説が凄く面白かったので余計「どうしてこうなった」ってなる……。特に自分が漫画描いてるからというのもありますけど、似ているようで全然違う「漫画制作」と「アニメ制作」の違いみたいなのが凄く面白かったので、もっとその辺を描写してほしかった。

 なんかイマイチ全体的に、アニメ制作に対する部員達の情熱や苦労が伝わってこなくて、空回りしてる様子しか描写されてなくて、しかもピンチになったら安易に外部に頼ってしまい、その外部があっさりと彼らの苦労を解決してしまうという感じでなんか盛り上がらない。生徒会長がスーパーオールマイティなのはわかりましたがオールマイティすぎて、もうちょっと他のメンツが彼女を出し抜くような展開が見たかったなあ。せっかく最大の敵が味方になるという展開なのに、ライバルだからこそ知ってる彼らの強さにに対する信頼と心強さとか、そういうのが全然ない。っていうかアニメ部と漫画研究会の対立構造ってつきつめるとただの姉妹喧嘩じゃないですかやだー……。

そういうラノベじゃないのよ、大事なのは生徒会長のデレなのよっていわれたらぐぅの音もでないんですけど……正直ヒロインは論外だけど生徒会長にも可愛さを見出せなかったので単純に合わなかったんだろうなあ。

こちらの記事もオススメ