« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

さよならトロイメライ

[著]壱乗寺 かるた [絵]日吉丸 晃

普通の学校で普通の高校生生活を送っていた藤倉当麻の前に突然現れた美少女転校生・巫城都。彼女の手で意識を奪われ拉致同然の状態で連れてこられたのは、何故か全寮制の私立御城学園だった!?しかも<トップ3>とやらに選ばれてしまい、<パートナー>の少女に付きまとわれ、嫌々ながら新しい学園での生活を始めた当麻だったが…
   個人的お気に入り度数
これって推理モノだったんだ!?(お前富士ミスをなんだと)いや、ぶっちゃけ、富士ミスお得意のL・O・V・E寄せ系青春ラブコメだとばかり…。そんなわけで、学園内で起きた殺人事件に主人公が立ち向かうというお話です。殺人事件が起きたときに頭を殴打されたような感覚を受けましたすいません。

うむむ、つまらなくはなかったけど主人公の独白にクセがありすぎて、ちょっと読みづらかった。とにかく主人公の思考タレ流しな一人称なのですが、脱線するわ回りくどいわセルフツッコミ入れすぎだわでなかなか本線が掴めない。序盤の1?2章くらいまでは「な、なんだこの文章はww」と新鮮さにニヤニヤしながら読めたんだけど、この一人称で推理とかやられた日にはもう…!!そういえば、ハルヒを初めて読んだときも同じような感覚だったなあ…この感覚がクセになるという日が私にも来るのでしょうか。

元々ミステリーの中でも推理モノは長らくご無沙汰していたので(というか、元々あまり推理がメインの話って得意ではない。かつてミステリーばかり読み漁った自分は何処にいったんだろう…)推理部分が正直とても辛かったです。この作品の推理が面白くないというより、これはもう自分自身の嗜好の問題で。しかも一生懸命当麻の推理についていこうとしたらそういうオチかよっ!!!オチのしょんぼり具合が半端じゃありません。ひどいや絶望したっ!!やっぱり富士ミスは富士ミスだったんだ!!

読みづらいけどクセのある主人公の独白は結構興味を引かれるものがあるし、キャラクター達もちょっと不思議要素混ざってそうな物語も結構素材としては興味を引かれる…んだけど、ツボに来そうでハマりきれなかった部分が強かったです。終盤の当麻のがんばりっぷりは見事だったのですが、これがまた結構後ろ向きになって全力疾走ルパンダイブ!!ただし10歩先は断崖絶壁みたいな!という感じなのであれえー?という感じで。お嬢様の…あれはなんと表現すればいいのか…さりげないデレっぷりはとてもよかったですが。

個人的には阿久沢がとても気になるので、とりあえず続きも読んでみる。

こちらの記事もオススメ

  • ランブリング・カレイド 発売:2006.3発行:エンターブレイン[著]高瀬 彼方・[著]黒鉄アクセル [絵]日吉丸 晃 「カレイド」という魔法染みた特殊能力を使...
  • [著]杉井 光 [絵]植田 亮 音楽を聴くことと機械弄りを趣味にする少年・ナオは「心からの願いの百貨店」と名付けた海辺のゴミ捨て場でピアノを弾いている少女と出会...
  • さよなら、いもうと。 発売:2006.6発行:富士見書房[著]新井 輝 [絵]きゆづき さとこ 妹属性と眼鏡っ娘に目の無い人はもうたまらない話なのではないかと(...
  • [著]杉井 光 [絵]植田 亮 夏の合宿・ライブも終え、二学期に突入したナオ達の学校は合唱コンクール、体育祭、文化祭とイベントだらけ。哲郎から貰ったエビチリのコ...
  • [著]杉井 光 [絵]植田 亮 めでたく真冬が民音に入部し、バンドが本格始動し始めたある日、神楽坂先輩が突然海での合宿の話とライブの日程を持ってきた。突然の話に...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません