馬鹿は一人でたくさんだ! 魔術士オーフェン無謀編2 | 今日もだらだら、読書日記。

馬鹿は一人でたくさんだ! 魔術士オーフェン無謀編2

[著]秋田 禎信 [絵]草河 遊也

地人の兄弟やマギーに翻弄され、ちっとも身入りのないオーフェン。遂に正真正銘一文無しになってしまった彼は、自らの生活の為、貸し金の取立てに向かうのだったが…!?
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数
金貸し魔術士のオーフェンが周囲の愉快な人々に翻弄されるハチャメチャな日々を描いた短編集シリーズ第二弾。

なんか読んでるうちに、不幸っぷり炸裂なオーフェンの姿が可愛く思えてきた。なんだろうこの典型的な「振り回され属性」。金貸しの仕事が上手く行かず、生活の困窮っぷりも洒落にならないレベルになって来ました。後半になると最早借金の取立てを諦め、街頭で恐喝(本人的には『靴磨き』)を始めてしまったり、プライドも何処吹く風状態。微笑ましすぎる……というか、この人ヘタに頭使って金貸しやるよりも適当に賞金稼ぎか何かやった方が性にあってるんじゃないだろうかと思うんだけど。きっとオーフェン、短編集の後半では主食が塩水になるに違いない。

そして相変わらずキリランシェロが可愛いです。アザリー・テッシの女傑コンビに振り回されるキリランシェロの姿がとてもいとおしく思えました。あー、でも、この頃から彼の「振り回され属性」は確立してたんだなぁ…(しみじみ)