前はマのつく鉄格子! | 今日もだらだら、読書日記。

前はマのつく鉄格子!

[著]喬林 知 [絵]松本 テマリ

聖砂国からの帰路、村田と共に海に投げ出され、渦に引きこまれてしまった渋谷有利。いつもの地球への帰還コースか…と思いきや魚と共に網にかかって、追い掛けてきたグウェンダルともども漂流(?)するハメに。一方、残されたヴォルフラムやギュンター達の間にも異変が!?
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数
あんなキャラやらこんなキャラやらがこぞって再登場の新シリーズ開幕。聖砂国編はずっと重い展開だったので、コミカルなテンションがもどってきてホッとしました。ギュンターとギーゼラ・ヴォルフラムは良い漫才トリオですね(失礼)。やっぱ「マ」シリーズはあまり重くならないほうが好み。

漂流の末、眞魔国から遠く離れた水上港湾都市・ダルコにたどり着き、何故か監獄にぶち込まれてしまった有利・村田・グウェンダルの所にはツェリ様の従者・シュバリエが、有利達とは別ルートで聖砂国から帰る途中のコンラッドにはキーナンが、そして船の上に残されたギュンター・ギーゼラ・ヴォルフの元には色々とアレな格好な眞王様が…とこれまでちょろっと出番のあったキャラクターたちが改めて登場……ってごめん、マジでキーナンって誰?(おい)眞王様は前回出てきたからまだしも、キーナンとシュバリエとか普通にどこに出てきたか思い出せなかったのですが。そろそろこの作品もキャラが増えすぎて設定の把握が辛くなってきたなあ……。

眞王様、登場の仕方がインパクトありすぎてこの巻だけ読むともうギャグキャラにしか見えない!!のですが、これまでの話でそれだけの人物ではないことは十分実証済みだからなあ…言動からしても、ただの気まぐれで出てきたのではないことは明白なのですが、彼の正体を知っている村田達とはぐれて行動しているギュンターやヴォルフ達があっさり信じてしまっている感じなのが不安です。ギャグキャラ装ってるところが逆に不穏な感じで、何はともあれヴォルフ逃げて逃げてーーー!!!!「凍土の業火」の鍵の話といい、最近のヴォルフの周囲は不穏なフラグが乱立しているような気がしてとても心配です。

それにしても、出番はないのにおいしいところはさりげなく持っていくアニシナ様噴いた。毒女広まりすぎ!