« 6月 2017 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ラノベ部3

[著]平坂 読 [絵]よう太

留学生のリアを加え、それでもいつもどおりまったりとした日々を過ごすラノベ部の面々。ある日、漸く自室の片付けがひと段落したリアが文香達に教えてもらった書店に向かったところ、意外な人物と出会って……
   個人的お気に入り度数
ライトノベル部こと「軽小説部」の面々が部室で他愛もないことを語り合ったりする学園小説シリーズ、完結編。今回はラノベ部内を駆け巡る恋愛戦線に大きな動きが!?

小ネタ一杯で軽いノリで楽しめる文章の数々には相変わらずニヤニヤが止まらないのですが、やはりリレー小説の破壊力の高さが異常。人が変わるごとにどんどん勝手な方向に変わってしまう物語も凄いんですが、今回は何より文香パートが酷い。漢字の少ない、子供のような文体とはうってかわったグログロな展開に噴出しました。っていうか今回の文香は隠し切れない黒オーラ出てた気がするんですがきのせいですか!リアの気持ちに気付いた途端告白したり…と、この作品で一番黒いのは実は彼女なんじゃないかという気がしてきた……

竹田を巡る恋愛戦線は駆け足で終わってしまっていてなんだか物足りない部分も多かったですが、ずっと文香に自らの正体を隠していた暦が…とか、いろいろな部分にきちんと決着がついていってスッキリした終わり方ではありました。(しかし、文香と暦の見開きカットは正直必要だったのか…?ここは普通の1P挿絵でよかったと思うんだけど)それにしても、暦は様々な意味で将来が心配です。文香の妹と共に変な方向に足を踏み外さないようにしていただきたい…

そして堂島かこいいよ堂島。彼の“日常系”作品に対する考察は自分の趣味嗜好とも繋がるものがあって面白かった。個人的には、このシリーズではやっぱり堂島が好きだったので、彼の出番が結局最後まであんまりなかったのはちょっと残念です。

元々小ネタの集合体みたいなラノベなので、マンネリと言われる前にまとめてしまう方が綺麗な終わり方なのかもしれないけど、盛り上がってきた恋愛戦線とか暦の小説家としての・少女としての成長はもうちょっと長い時間をかけて眺めていたかったかも。あと1?2冊くらい読みたかった気がするなあ。特に女性陣3人に振り回されるヘタレ竹田、という構図がもうちょっと見たかったなぁ!!あとラストで出てきた暦の母親が素敵すぎなんですが彼女の出番は!

最後までニヤニヤほわほわ、楽しく読ませていただきました。
次回作もこんなノリの日常系ラノベになるそうなので、そちらもちょっと気になる。楽しみです。

最後に、自分の見つけたもので、元ネタ作品が明記されていなかった系のネタ一覧。
今のところネタまとめやってる感想記事がなかったようなので……ほぼ自分用まとめメモ。

P該当箇所元ネタ
16ヒロインがダッチワイフ恐らく「ユリア100式?」
32ただの人間に興味ありません。この中に宇宙人とか?涼宮ハルヒの憂鬱
64ドライ、フィアー、フュンフ、ゼクス、ズィーベン、アハト、ノイン蒼穹のファフナーで得た知識じゃないかと深読み。綾だし。
美咲の「ズィーベン!」にも元ネタありそうだなあ
64「ゼクスとノインがイチオシ」新機動戦記ガンダムWに登場する耽美カップル。
65ワシのグーテンモルゲンは108グーテンモルゲンまであるぞテニスの王子様「ワシの波動球は108球まであるぞ」
65必ずニュルンベルグることがオイレンシュピーゲるオイレンシュピーゲルまざってる
74それが誇り高き狼の生き方だと思うんだベン・トー
75絶望したー。思春期の少年がエロ本を買えない社会に絶望したー。さよなら絶望先生
80思わぬところでファンネルが増えて元ネタは機動戦士ガンダムの兵器。
転じて「買い物要員」を指すコミケ用語→[参考]
85リアル北条沙都子もしくは相良宗介ひぐらしのなく頃に&フルメタル・パニック!
89『つうかさあ、俺の妹マジかわいくね?』
暗証番号は243
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
伏見つかさ(ふしみ→243)
100そのキレイな顔をフッ飛ばしてやる覇王愛人
114あの伝説の名文句—『そう…そのまま飲み込んで。僕のエクスカリバー』」「カフェオレライター」さんのBL帯レビュー

あとカラーページに「しゃっぷる」と「ねくろま。」と松岡修造とチルノが。
しゃっぷるは次のカラーページで文香&暦がコスプレもしてますね。

こちらの記事もオススメ

  • [著]平坂 読 [絵]よう太 高校に入って1週間ほどたった頃、付き合っていた彼氏に振られたばかりの美咲が幼馴染である竹田の家に現れる。彼女は突然「ラノベ部」を作...
  • [著]平坂 読 [絵]よう太 国語が苦手な文香はちょっぴり不純な理由で「文芸部」に入ろうと決意する。しかし、その学校に文芸部はなく、代わりに"軽小説部"という名...
  • [原作]遠藤 海成 [著]松野 秋鳴/志瑞 祐/平坂 読/志茂 文彦/日日日 [絵]QP:flapper/絶叫/よう太/緋賀 ゆかり/鈴見 敦/狐印/橘 由宇/...
  •  色んな理由から友達のできない面々が「隣人部」なる部活を結成して残念なやりとりを繰り広げるシリーズ第二巻。  2巻でようやくメインキャラクターは大体出揃った感じ...
  •  ヤンキーっぽい顔と外見のせいで友達が出来ない転校生・羽瀬川小鷹はある日の放課後、『エア友達』と話しているクラスメイトの三日月夜空と出会い、友達が居ない者同士で...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません