« 11月 2017 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

とらドラ4!

[著]竹宮 ゆゆこ [絵]ヤス

夏休みに亜美の家の別荘に泊まりに行くことになった竜児と大河…そして北村と実乃梨。旅行の直前に“結婚して新居の犬小屋で犬の子供を生む”という悪夢を見た二人は今度こそお互いの恋路を進展させようとする。見事大河の応援を勝ち取った竜児は、大河から必勝の策を授かるが!?
 

今まで“竜児の憧れの人”というポジションで完全に脇役だったみのりんが一気に前に出てきて大活躍。正直今までただの面白発言キャラだと思っていたのですが、今回の話でかなり意外な一面が見え隠れしたりして、一気にツボにきました。こ、これは確かに可愛いよ!!

竜児も今回の件で自分から一歩踏み出すと言う事を覚えてひとつまた成長した感じ。
ほんと、竜児はラノベキャラ最強の「婿に貰いたい理想の主夫」だよ!!是非私の部屋を掃除してください、ええもう心ゆくまでお願いします(*´д`) 目の前の海に行くよりも、ホコリの溜まった別荘を掃除したがったり、幸せそうに別荘の掃除をやらかしているシーンは本気で忘れられませんw

みのりんと竜児が急接近した裏で、亜美と大河のちょっと微妙な感情表現がまた良い。最終的に竜児は大河とくっついて欲しいのですが、実は個人的にキャラとして一番魅力的だなと思うのは亜美だったりします。特に今回、洞窟での会話が挿絵もあいまってめちゃくちゃツボ。大河や実乃梨には決して持ち得ない、“大人”(社会人)としての視点を持っているからか。色々とやりすぎな部分もありますが、一番共感できるのは彼女なんですよね…まあ周囲には居て欲しくないタイプなんですが(笑)

ラストの大河は少しずつ自分の本当の気持ちに気付いてしまった感じでしょうか。実乃梨と竜児の大接近もあったことだし、突然北村と急接近しちゃいそうな感じもしますが。しかし北村と実乃梨、最終巻あたりで何気にくっついちゃいそうな予感がするのは私だけ?

大河が凄く控えめなので特有の破壊力みたいなものはあまりなかったのですが、今回は今まで以上にキャラクターが魅力的で、3巻までの破壊力を補って余りあるものがあったと思います。破壊力の方は4巻以降に期待!(笑)

こちらの記事もオススメ

  • [著]竹宮 ゆゆこ [絵]ヤス 雪山で大河の本当の気持ちを聞いてしまった。しかし、ようやく学校に復帰した大河は"あの時"のことをはっきりとは覚えておらず、今まで...
  • [著]竹宮 ゆゆこ [絵]ヤス 実乃梨にフられ、失意のままインフルエンザで入院してしまった竜児。退院した彼を待っていたのは大河からの「一人立ち宣言」だった。新学...
  • [著]竹宮 ゆゆこ [絵]ヤス 大河の停学が解けた頃には、街はすっかりクリスマスムード一色だった。学校では新生徒会長指揮の下でクリスマスパーティが開かれる事にな...
  • [著]竹宮 ゆゆこ [絵]ヤス 文化祭を控えたある日、いつものように夕飯の買い物をしていた竜児と大河の前に大河の父親が現れる。"大河とよりを戻したい"という父親...
  • シリーズ完結編。アニメとほぼ同時ゴールのようなのでアニメ最終回を見てから読むのも一興かともおもったけどやっぱり我慢できなかったよ!ていうかアニメが丁度9巻の内容...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

8 Comments

  • とらドラ!(4)

    とらドラ! 4posted with 簡単リンクくん at 2007. 1. 8竹宮 ゆゆこ〔著〕メディアワークス (2007.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る みのりん大活躍! 今回は、もぅ、いろいろなみのりんを見れただけで満足ですよ。 っつーか、表紙み..

    Alles ist im Wandel |2007/1/12(金) 18:39 | Permalink
  • とらドラ! (4) 感想

    とらドラ 4 (4)竹宮 ゆゆこ メディアワークス
    みのりん凄い人気ですね?
    他のブログの感想を見たら皆さん大絶賛してましたね
    もちろん自分も大好きです (*´∀`)

  • とらドラ4!/竹宮ゆゆこ

    とらドラ 4竹宮 ゆゆこ メディアワークス 2007-01-06by G-Tools 【みんなと亜美の別荘へ行くことになった竜児と大河。共倒れを防ぐために一人がもう一方のサポートに回ることに。そして舞台は海辺の別荘へ。絡まりはじめた関係に要注目!】 おらおらおらおらおらきたきたき..

    ラノベ365日 |2007/1/15(月) 1:02 | Permalink
  • (書評)とらドラ4!

    著者:竹宮ゆゆこ とらドラ 4 (4)価格:¥ 536(税込)発売日:2007-

    たこの感想文 |2007/1/19(金) 22:49 | Permalink
  • とらドラ4!

    とらドラ4!

    著者 竹宮ゆゆこ
    イラスト ヤス
    レーベル 電撃文庫



     急展開!?

     人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。
     クリックありがとうございます。
     あなたにすべての良きことが雀

    ライトノベルっていいね |2007/2/12(月) 8:25 | Permalink
  • とらドラ4!

    夏休み。亜美の別荘に遊びに行く事になった竜児、大河、みのり、北村そして亜美。めずらしく大河が竜児のサポート役に付く事になり、みのりとの進展を期待したのだが、中々思惑通りに行かず————

    読了本棚 |2007/2/13(火) 11:58 | Permalink
  • とらドラ!

    とらドラです。

    竹宮ゆゆこさん著、イラストはヤスさんです。

    前シリーズの”田村くん”も良かったですが、
    これは、それを超越してますね。

    ゆゆこさんスタイルの文章も磨きがかかり、
    主人公、登場人物のキャラ設定もお見事!

    最近では、一番のヒットです。

    ( ̄ー ̄)ニヤリとする文章の例を出すと、、
    「邪悪な光を宿す両目を限界までギラギラとアブなく見開く。シャブが切れたわ...

    ライトノベルの感想日記 |2007/2/18(日) 19:50 | Permalink
  • [書評][竹宮ゆゆこ][とらドラ!][恋愛][コメディ][陽気/元気][★★★★★]とらドラ4!

    とらドラ 4 (4) 作者: 竹宮ゆゆこ 出版社/メーカー: メディアワークス メディア: 文庫 機転を利かせろ! 死んじゃいないぜ! 馬鹿が帰ってきた! 参考:(c) CopyRight ダイハード3 という訳で読破!「とらドラ$!」じゃなくて「とらドラ4!」やはり最高です。興奮でシフトキ

    いつも感想中 |2007/2/19(月) 12:43 | Permalink