« 9月 2017 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

彩雲国物語 青嵐にゆれる月草

[著]雪乃 紗衣 [絵]由羅 カイリ

御史台で働き始めたものの、意地悪な同僚・陸清雅に事あるごとに嫌味を言われ、日々自宅で食材相手に鬱憤を晴らす毎日。そんな秀麗と清雅の元に後宮に上がる予定の藍家の姫・十三姫の身代わりとなって暗殺計画の背後関係を探れという大きな仕事が飛び込む。複雑な思いをよそに、再び後宮に上がった秀麗だが…?
 

あとがきでもコメントされている通り、まさに“セーガインパクト”な回。今まで乙女ゲームそこのけのもてっぷりを発揮していた秀麗を兎に角ボロクソに言うライバル・清雅が良い味出しすぎです。(といっても、今巻でフラグ立てまくってる気がしなくもないのですが…)

今まで「初めての女性官吏」としての秀麗の凄さばかりが強調されてきた彩雲国ですが、「紅梅は夜に香る」で冗官に落とされたことで過剰なまでに誇大化された秀麗のスーパー女性像が取り払われ、久しぶりに等身大の少女としての秀麗がクローズアップされた印象。今までどれだけ彼女が虚勢を張って生きてきたのか実感しました。

現在の自分では清雅にどうやったって敵わないことを認めた上で、今自分が出来るだけの事をやっていこうとする姿勢がかっこいいです。敵わないとはいえ今まで秀麗の周囲に居た人々よりは全然身近なライバルである清雅と一般人代表(笑)のタンタン達との話が中心になったのが凄く良かったんじゃないかと思います。ぶっちゃけ乙女ゲーの世界から秀麗の成長物語になった感じで、個人的には以前より好印象かも。今までのキャラクターがなりを潜めてしまったのはちょっと寂しいですが…(特に黎深様

一方、十三姫の問題と共にクローズアップされてきた藍家の問題。楸瑛の苦悩や黎深の意味深な行動を見ていると、今後藍家や紅家とも事を構えるような展開になるのかも。不謹慎ですが今後そんな展開になるのなら結構楽しみです。

しかし、個人的に今回のツボヒット大賞は仙洞省の司令になったリオウ君。うーさまとのコンビを想像するともう微笑ましすぎて笑いがこみ上げてきます。子供なのに濃い大人達に振り回されるリオウ君が哀れ。次巻では是非うーさまとのやりとりを見てみたいですw

こちらの記事もオススメ

  • [著]雪乃 紗衣 [絵]由羅 カイリ 吏部尚書・紅黎深が解任され、吏部侍郎・李絳攸の処分を決める御史大獄が開かれた。官吏潰しと異名を取る清雅と渡り合い、辛くも御...
  • [著]雪乃 紗衣 [絵]由羅 カイリ 街に戻り、再び父親や静蘭と3人で慎ましやかな生活を送っていた秀麗の元に、臨時の外朝での下働きの依頼が舞い込む。聞けば、今年...
  • [著]雪乃 紗衣 [絵]由羅 カイリ もうすぐ夢にまで見た会試!…なのに、王都に転がり込んできた藍家のぼっちゃま、藍龍蓮に振り回されてばかりの秀麗たち。秀麗の家...
  • [著]雪乃 紗衣 [絵]由羅 カイリ 新年。朝賀のため貴陽に戻った秀麗は影月と二人でまとめた懸案を実現させるべく、連日奮闘していた。しかし、そんな彼女の元に茶州...
  • [著]雪乃 紗衣 [絵]由羅 カイリ 「花」を返上して藍州へ帰ってしまった楸瑛を取り戻すため、迷いを抱えたまま十三姫と共に藍州へ向かった劉輝。秀麗は監察御史とし...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

2 Comments

  • こんにちは。通りすがりのエマ坊と言います。
    私も最近の彩雲国いいと思いますよ!
    影月編とかも単純に楽しめたし感動しましたけど、
    最近のはまた、清雅とタンタンのおかげで楽しいですよね?。

    青嵐は夏の季語で若葉に吹く強い風の意味だそうです。
    月草は蛍草、藍花ともいうらしいので、
    ゆれるのは十三姫、、、なのかな。楸瑛も含まれててほしい。
    青嵐は青が入ってるから、当然藍家、三つ子がゆらすんだろうけど、風ってことなら迅も隼もはやいって感じで風っぽいし。

    なんにせよ季節も夏だし、次は藍州で、紅家も藍家も朝廷もごたごたすると楽しそうですよね!
    私も楽しみです。長々突然おじゃましました。
    好きな感想だったので、つい、、、。

    エマ坊 |2007/5/9(水) 12:39 | Permalink
  • はじめまして?。
    彩雲国は影月達が居なくなってパワーダウンするのではないかと勝手に心配してたのですが逆に等身大の秀麗が頑張る姿が今まで以上に身近に感じられて今までとは違う面白さがあります。
    タンタンと清雅も今まで居なかったキャラクターで新鮮です!

    なるほど?、サブタイトルにはそういう意味もあるんですね。
    毎回中々上手い具合にストーリー本編と連動しているので、そういう部分を考えるのも中々楽しいですね。参考になります!
    次回はぜひとも劉輝に大活躍して貰いたいものです(笑)
    こちらこそ、ご感想ありがとうございました?!

    うらら |2007/5/12(土) 1:51 | Permalink