« 7月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ムシウタ 00. 夢の始まり

[著]岩井 恭平 [絵]るろお

友達もあまり居らず、家にも居場所が無いと感じている目立たない少女・杏本詩歌。自らの居場所が欲しいと願う彼女は目の前に現れた不思議な女性にその夢を語る。それが、悪夢の始まりとも知らず…。一方、小さい頃から不思議と困っている人を見分ける事の力を持っていた利菜は、3人の虫憑きと出会って…。
   個人的お気に入り度数

詩歌・大介・利菜ぞれぞれの「はじまり」を描く番外編です。

詩歌が虫憑きとなる「夢の始まり」は、なんかどこかで見たことあると思ったらつい先日アニメでほぼ同じ話(…の、大介と詩歌が邂逅するまで)を見ていたのでした(1巻にも同じような描写があったような気がしなくもないんだけど…どうだったっけ?)。その分、詩歌の家庭の事情よりもその後の大介と土師の関係やなみえの葛藤などが面白かったです。

ていうか土師と大介はなかなかいい関係してますよね。おねえちゃん思わず読了後に「土師×大介」でググっちゃったよ。でもムシウタで女性向ってあるのかな。さすがになさそうだな。個人的に有夏月×大介も良いとおもうよ。

そして後半は「レイディ・バード」こと利菜が虫憑きになったエピソード「夢の黄昏」。1巻ラストで彼女が「本当の夢を忘れていた」というシーンがありましたが、むしばねのリーダーとして疲弊するうちに忘れてしまった訳ではなく、意図的に忘れようとしていたというのもあったんですね。序盤は一見可愛らしい子供同士のお話にみえるだけに、ラストの重さが印象的でした。

しかし、最近の「ムシウタ」シリーズは何度も言ってるけどキャラクターの把握がしきれなくなってきて、久しぶりに出るキャラクターとか居るとそのキャラクターが本編でどのような活躍をしたキャラクターなのか思い出せないということが多すぎてかなり困ります。もうちょっとここだけはなんとかならないものかなあ。「なみえ」とか「センティビート」とか名前はなんとなく覚えてるけど、あんまり印象が無くてイマイチ感情移入出来ないというか、意外な過去に驚いたりしづらいというか。

アニメ化もしたことだし、クライマックスへのおさらいとして富士見の「超解!」シリーズみたいなムック本を一冊希望。

こちらの記事もオススメ

  • ムシウタ 07. 発売:2006.6発行:角川書店[著]岩井 恭平 [絵]るろお未だ利奈のことをふっきれない元「むしばね」メンバー有夏月が、電波的な彼女(公式あ...
  • ムシウタ 04. 岩井 恭平〔著〕 角川書店(2004.10) どうしようこの作品脇役が美味しすぎて思わず主人公たちに対する言及忘れがち(笑) 大助も詩歌も美味...
  • ムシウタ 03.[著]岩井 恭平 [絵]るろお 角川書店(2004.5) 1・2巻も読んでるんですがちょうど忙しい時期で感想書けなかったんだよね…。 詩歌と彼女...
  • [著]岩井 恭平[絵]るろお  消閑の挑戦者シリーズの作者さんの本。世間的には代表作はこちらかと思われます。 割とシリアスしつつもコミカル要素強い「消...
  • [著]岩井 恭平 [絵]るろお その昔“やさしい魔法使い”に護られ、現在は一人赤瀬川財閥を率いる少女、赤瀬川七那は“虫憑き”を使ったビジネスを持ちかける為“むし...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

One Comment

  • ムシウタ 00. 夢の始まり

    ムシウタ 00.夢の始まり (角川スニーカー文庫 163-30) 作者: 岩井恭平 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2007/08/31 メディア: 文庫 「すべての始まりだけど、哀しくてせつない話だなあ」 と思った序章的位置づけの短編集です。  二人ともその後の展開がわかっているだけ

    愛があるから辛口批評! |2007/9/28(金) 18:57 | Permalink