レジンキャストミルク8 | 今日もだらだら、読書日記。

レジンキャストミルク8

[著]藤原 祐 [絵]椋本 夏夜

大きすぎる犠牲を払って<無限回廊>の元から芹菜を救い出した晶達。一向に目を醒まさない彼女を救うため、晶は一つの選択を迫られる。一方、蜜と君子の前に現れた<無限回廊>は、彼らの次の標的が君子と芹菜であると語る。それぞれの想いを胸に、最終決戦が始まった—!
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数

7巻の盛り上がりが素晴らしかった分、ラストバトルが少々尻すぼみに感じてしまったのですが、あらゆる所で「終わり」を感じさせる、綺麗な終わり方だったなあと思います。

様々な場面であざといまでに(笑)登場人物達が殊子を思い出すシーンが入って、ほのぼのパートでもしんみりモード。不意を付かれて悲しくなってしまうことも多々ありました。7巻での彼女の死によって生じた「欠落」が上手い事料理されていたと思います。

ラストでの戦闘がイマイチ盛り上がらなかったのはやはり<虚軸>以外の人物は、無限回廊さえ倒せば、<修正力>によって確実に復活可能であると予め判ってしまっているからでしょうかね。逆に、これを操られる存在が相手であるからこそ、戦闘がより絶望的になるという効果はあるので一長一短なのですが、やはりある程度「復活しないかもしれない」といった不確定要素が無いと、「死」による説得力が薄いのかも。それでもやはり、登場人物の死は哀しいものではあったのですが…。

より人間に近づいた硝子の葛藤が伝わってくるだけに、お互いがお互いの事を思って行動した結果が裏目に出てしまうのが切なかったです。というか、正直7巻の戦闘が盛り上がりすぎだったんだよ!!いろんな意味で。

ただ、里緒のラストの行動についてはちょっと作者の都合というか無理矢理と言うか、強引に泣かせに来た印象が拭えなかったです。元々<修正力>を安定させるための標的になっていたわけでもないので、イマイチ展開についていけなかった。確かに読み直してみると、今回も死亡フラグは立ちまくりだった訳ですが……。

最終決戦に向かう前の両陣営の前口上が好きでした。「終わりのクロニクル」といいこれといい、こういう前口上にはとことん弱い私です。

あ、ラストのみったん最高。

コメント

  1. レジンキャストミルク 8

    レジンキャストミルク 8

  2. [書評][藤原祐][レジンキャストミルク][学園異能][ダーク][トラウマ/エグい][★★★]レジンキャストミルク(8)

    レジンキャストミルク 8 (8) (電撃文庫 ふ 7-14) 作者: 藤原祐 出版社/メーカー: メディアワークス 発売日: 2007/09/10 メディア: 文庫 ストーリー 城島晶&硝子、そして彼らと行動を共にする虚軸たちと、無限回廊<エターナルアイドル>の一味との最終決戦を描いた最終巻。

  3. [感想][★★★★☆][藤原祐]「レジンキャストミルク8」

    「わたし、いけなかった、んです。マスターを好きに……なっては、いけなかっ……た」 「ここに来ちゃ、いけなかった!私がいたら、いたから……!」 「私は生きたかっただけ……なのに!ただ、生きようとしただけなのに!そんなこと、考えちゃいけなかったんです!人を殺す

  4. レジンキャストミルク 8

    レジンキャストミルク 8 (8) (電撃文庫 ふ 7-14) 作者: 藤原祐 出版社/メーカー: メディアワークス 発売日: 2007/09/10 メディア: 文庫 「堂々、完結、面白かったけど、戦闘シーンだけちょい残念」 と思った最終巻でした。  満足のいく、そして哀しさも含んだラストです。

  5. 電撃文庫・10月の感想1

    ■藤原 祐×椋本 夏夜『レジンキャストミルク?』  ★★★★★
    大きな犠牲を払った末、ようやく森町 芹菜と敷戸 良司へ接触した晶。
    しかし、変わり果ててしまった芹菜に対し、晶は大きな決断を迫られる。
    一方、標的を芹菜と君子〓

  6. 三日月天体望遠鏡 より:

    ちょうど今レジミル制覇したので、なぜかこの時期にコメします(笑) 7巻に続いて泣きました・・・里緒はいい子でした。地味に芹菜完全シカトなのが、硝子派としては全然オッケーです(笑) みっちゃんのあれはもう殿堂入りです

  7. うらら より:

    三日月天体望遠鏡さんいらっしゃいませ!コメントありがとうございます。
    古い時期に書かれたエントリーへのコメント、大歓迎ですよ?。
    お気軽にレスしちゃってくださいませ^^

    レジンキャストミルクは7巻からの流れが秀逸すぎましたね。
    殊子や里緒ももちろんですが、「れじみる」等で語られる残された蜜やネアの行動も凄く素敵だったと思います。

  8. 三日月天体望遠鏡 より:

    ありがとうございますm(_ _)m低姿勢でいこうと思います・・・(笑)

    そうですね「れじみるJUNK」でのメイン?かな?のキャラの描写は、儚い感じの中で残された者として、できることを精一杯しようとするキャラクター達の行動に感動しましたよ。(残された者っていうのは適切じゃないですね)

    これからの晶や硝子、そしてもちろんみっちゃん達の生活に幸あれ?!!

    これからもよろしくお願いします。