レジンキャストミルク7 | 今日もだらだら、読書日記。

レジンキャストミルク7

[著]藤原 祐 [絵]椋本 夏夜

全ての虚軸を消すため動き出した城島樹とその計画の柱となる城島鏡、そして“無限回廊”。彼らの元から森町芹菜を助け出すため、晶達も行動を開始した。危険は承知の上で無限回廊に晶と硝子が戦いを挑み、そしてその間手薄になった学校を殊子・蜜・ネア・里緒が守るという作戦を立てるのだが、学校には思いもよらぬ強敵が襲い掛かり…
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数

なんだかんだいって前巻で捨て切れていなかった“日常”を完璧に捨て去った晶達の反撃戦。以前のように仲間達を利用し抜くという決意を固めつつも彼女達に置く全幅の信頼が凄く頼もしかったです。

そんなこんなでなんとか色々と吹っ切れた事も手伝って殆ど晶・硝子コンビが最強状態。今まで手も足も出す事が出来なかった“無限回廊”に遂に一矢報う事に成功。“無限回廊”と戦っているときの晶は本当に生き生きしていて、なんだか今回は本当に良かった。二人が皮肉交じりに口にする“兄弟喧嘩”という言葉にふさわしい戦いだったと思う。今までのこのシリーズには無いくらい、すがすがしいバトルでした。



でもその後が。
もう、何を言えばよいのか…。
確かに読み返すとこれでもかっていうくらい死亡フラグ立てまくり(ネタバレ)なんですけども…。
なんかどこかで、今回最後に至るであろう道が見えていながらも、暫く彼女の死を認めることが出来なかった蜜(ネタバレ)のように「それはないよね」って自分に言い聞かせ続けてきて、
それでもやはりそうなってしまった時には信じられなかった。
とにかく、どうしようもなく悲しかった。

終わったあとの蜜の行動とか、
硝子と姫のやりとりとか、
蜜と君子のやりとりとか
とにかく全部泣ける。
その後の城島一家の会話とか激しく頭に入らなかったくらい。

もともと凄く好きなキャラだったのですが、今回は本当に姉妹そろっておいしいところを持っていきすぎでした。巻頭の漫画から本編、エピローグに至るまで姉妹の絆がありありと描かれて、読み返すたびに泣けてくる。冒頭の平和なシーンですら、最後を読んだあとだと泣けてしまう。

展開は凄く悲しかったけど、本当にあらゆる意味で傑作級でした。あとがきで「今回は苦戦した」というような事が書いてあったけど、6巻までとはレベルがちがう面白さだと思う。なんていうか、各キャラの感情がこちらにストレートに伝わってきて、ひたすら泣かされました。

次回で遂にクライマックス。
どういう風に決着をつけてくれるのか本当に楽しみです。
記事への反応
なにかあれば
  • わかる(0)
  • 面白かった(0)
  • 興味が湧いた(0)
  • 持ってる(0)
  • 買いました!(0)
  • ぱちぱちー(0)
 

コメント

  1. レジンキャストミルク7 感想

    レジンキャストミルク7 感想

  2. [書評][藤原祐][レジンキャストミルク][学園異能][ダーク][トラウマ/エグい][★★★★]レジンキャストミルク(7)

    レジンキャストミルク 7 (7) 作者: 藤原祐 出版社/メーカー: メディアワークス 発売日: 2007/06 メディア: 文庫 ストーリー さて、佐伯ネアの全開運転はありましたが、衝撃の事実(城島晶にとって)がご開帳され、速水殊子の能力が限定されてしまったというなんだか不利不利

  3. レジンキャストミルク 7

    レジンキャストミルク 7 (7) 作者: 藤原祐 出版社/メーカー: メディアワークス 発売日: 2007/06 メディア: 文庫 「うわ、こんな展開かよ!」 と思った、最終巻前の話でした。 だまされた、物語の構成にだまされた。 まさか殊子がああなるなんて。 必然ではあるかもしれない

  4. ◇レジンキャストミルク(7)

    レジンキャストミルク(7)電撃文庫著者:藤原祐出版社:メディアワークス/角川GPメディアワークスサイズ:文庫ページ数:305p発行年月:2007年06月ISBN:9784840238823本体価格590円(税込619円)ご注意:この日記には、上記の本の内容が一部記載されています。未読の方、...

  5. ラノベ365日 より:

    レジンキャストミルク 7/藤原祐

    レジンキャストミルク 7 (7)藤原 祐 メディアワークス 2007-06by G-Tools 【連れ去られた芹菜を奪還するため。晶たちは、反撃を開始する。しかし晶を憎悪する無限回廊もまた、次の一手を打っていた。思惑と策略が交差する戦いの先に待ち受けるものとは】 失敗作にも意地が..

  6. レジンキャストミルク 7

    レジンキャストミルク 7

    著者 藤原祐
    イラスト 椋本夏夜
    レーベル 電撃文庫



     晶が久しぶりに活躍。

  7. 電撃文庫・7月の感想3

    ■藤原 祐×椋本 夏夜『レジンキャストミルク?』  ★★★★★
    全ての【虚軸】を消滅させて世界の統合を図ろうとする城島 樹。
    その計画の核となった城島 鏡と【無限回廊】。
    彼らの企みを阻止するため、そして連れ去られた芹耀