声優ラジオのウラオモテ #04 夕陽とやすみは力になりたい? | 今日もだらだら、読書日記。

声優ラジオのウラオモテ #04 夕陽とやすみは力になりたい?

 

素直になれない夕陽とやすみ、大好きな乙女姉さんのピンチに、一時休戦!?
「夕陽と」「やすみの」「「コーコーセーラジオ、修学旅行編!」」  先輩声優めくると花火に、仲良しの極意を学ぼう! ということで始まりました修学旅行!! お揃いのセーラー服に身を包み、仲良くはしゃいでリスナーを安心させよう……なんて簡単にできたら今まで苦労はしてない夕陽とやすみ。 「佐藤って、セーラー服似合わないわね」 「は、腹立つ?……、なんだあいつ……」  めくると花火も巻き込んで、揉めたり照れたり忙しい最中、人気沸騰中でひっぱりだこな乙女の様子が何やらおかしい。大好きな先輩のピンチに、力になりたい夕陽とやすみ、束の間の休戦!?

BookWalkerで探す  hontoで探す  Amazonで探す   個人的お気に入り度数

歯に衣着せぬ物言いで一定の人気を獲得していた「夕陽とやすみのコーコーセーラジオ」。ところが、あまりにも容赦ない物言いが原因でリスナーから「ガチ不仲説」を取り沙汰されるように。そんな噂を跳ね除けるため、仲良し声優コンビとして有名な柚日咲めくる・夜祭花火をゲストに呼んで、『仲良しの極意』を学ぶという一泊二日のロケ(※ただし行き先は都内)が開催されることになって…!?

“不仲営業”って難しい

今回もめちゃくちゃおもしろかった…!!今回は声優というよりは「声優コンビ」としての二人の関係性が一歩先に進む回でしたが、ただ気持ちの強さを育むのではなくて、それをいかに商売として売っていくかという視点が入ってくるのが他作品にはない視点で面白かったです。相変わらず丁々発止な二人の口喧嘩も(ふたりの本心を知っている読者視点から見ると)楽しいし、女同士のイチャイチャだけじゃなくて時折声優業界のシリアスでダークな話題に話を振ってくるバランス感も好き。

歌種やすみと夕暮夕陽が互いには絶対に聞かせたくない「本音」を、周囲があの手この手で言わせてそれを相方どころか全国のリスナーに電波に乗せて発信する展開、冷静に考えるとかなり酷い気がするんですがその関係性を「売り」にするとふたりが決めた以上通らないといけない道なんだよなあ。このシリーズの読者にとっては当たり前の、ふたりが実はお互いを尊敬しあっているという関係性は確かに地文を読めないリスナーは伝わってないわけで。めくるの「本当に仲が悪い二人が煽り合っているだけなら、それは楽しいものではない」という言葉に納得してしまった。

まあそういう細かい建前の話はおいておいて、相方からの本音を聞かされて普通に恥ずかしいし、それが全国の電波に乗って流れてますます恥ずかしくて、私生活でもお仕事中でもギクシャクしてしまうふたりの甘酸っぱさにニヤニヤが止まらなかったです。やらなくてはいけないことでもそういう建前と「恥ずかしい」という感情は別物だから!!でもこれやらなきゃいけないことだから!!カワイイヤッターーーーー!!!

そして、そんな二人の横で相変わらず「厳しい先輩声優」やりつつも「歌種やすみ・桜並木乙女の大ファンな声優オタク」やってるめくる先輩の面倒くさいファンぶりが可愛すぎてひっくり返る。由美子ではなく「歌種やすみ」から個人的なファンサ貰って厳しい先輩声優としての顔が保てなくてすごい勢いで動揺する姿が健康に良すぎる。今回は特に、素の彼女の事を誰よりも知っている夜祭花火がすごい勢いでふたりの知らないところの隠された柚日咲めくるを暴露しまくってくるので特に破壊力が高かったです。いや、もうさ〜〜本当にこの人、“歌種やすみ”のこと好きすぎるんですよね!!!

もう一組の、「学ぶべき先輩コンビ」

ガチ不仲説を跳ね除けるため色々やってみたものの、中々成果が上がらない。そんなもどかしい状況の中、由美子が公私ともに懇意にしている先輩・桜並木乙女が過労で倒れてしまう。心を病んでしまった乙女を立ち直らせるために、かつて彼女のライバルだった元声優・秋空紅葉の元を訪れる由美子と千佳だったが、声優を引退して別の人生を歩んでいる紅葉は、由美子に『自分のようになったらどうする?』と問いかけるのだった……。

後半は声優業界の闇(主にブラック労働的な方向)と、3巻で軽く語られていた乙女の過去のお話。過労については事務所のせいでも乙女のせいでもマネージャーのせいでもない、とちゃんと説明されるわけですけど、それにしてももうちょっと上手くコントロールしてくれなかったのか…とか考えてしまいますね。というか、意識してブラック労働させるよりもめちゃくちゃ気を使っていたはずなのに本人が過労で倒れるまで誰も気づけない方がヤバくない?そのマネージャーさん、確かにいい人なのかもしれないけどスケジュール管理出来てない時点で乙女と相性あんま良くなくない……??

紅葉からの問いかけによって、「桜並木乙女」と「秋空紅葉」の関係性に自分たちを重ねる由美子と千佳。由美子は『このまま仕事がなくなって夕暮夕陽においていかれるかもしれない』恐怖と、千佳は『歌種やすみという声優がいつか自分を追い抜いていくかもしれない』恐怖と向き合うことになる。奇しくも仲間である前に「ライバル」であった乙女と紅葉の関係性、ライバルである前に「仲良し」であった柚日咲めくる・夜祭花火とは違った意味で学ぶ部分の多すぎる先輩コンビなんだよな……周囲にお膳立てされた、仕組まれた流れではなくて、自分達自身で目をそらしていた壁と向き合い、声優コンビとして更に成長していこうとする由美子と千佳の姿が印象的でした。サブタイの通り「乙女の力になりたい」という話でもあったけど、それ以上に乙女の過去を知ることで自分たちが成長するお話になってました。

めちゃくちゃさりげなくラストで次は重大発表!!みたいな終わり方をしてて、そっちも気になる。次巻がどういう展開になるのかもとても楽しみです!(といいながら5巻のあらすじでネタバレを確認してしまうのだった)

記事への反応
なにかあれば
  • わかる(0)
  • 面白かった(0)
  • 興味が湧いた(0)
  • 持ってる(0)
  • 買いました!(0)
  • ぱちぱちー(0)