カテゴリー「ファミ通文庫」の記事一覧 | ページ 2 | 今日もだらだら、読書日記。

ファミ通文庫一覧

並び替え: 新しい古い
NO IMAGE

吉永さん家のガーゴイル2

田口 仙年堂 日向 悠二 数ヶ月ぶりに現れた怪盗・百色はテレビを通して宣言する。「私にとって、門番などハリボテと同じようなものだ」。…この台詞に最強の門番として対抗意識を燃やすガ...

続きを読む

NO IMAGE

吉永さん家のガーゴイル

田口 仙年堂 日向 悠二 商店街の残り物ばかりを集めた福引で、アンティーク店の提供する3等賞を当てた吉永双葉。当たったのは犬の石像っぽく見える自称“門番”だった!?ゲームで見たモ...

続きを読む

NO IMAGE

バカとテストと召喚獣4

井上 堅二 葉賀 ユイ 美波から、突然のキスの意味を考える間も無いまま嫉妬にかられたFクラスの面々に連行され、臨時査問委員会に掛けられる明久(と雄二)。なんとか場が落ち着いた...

続きを読む

NO IMAGE

疾走する思春期のパラベラム デイドリーム

深見 真 うなじ 遂に映画の撮影をすることになった映画部の面々。何故か主人公に抜擢されてしまった一兎は志甫とのキスシーンがある事に動揺する。ところが、街に志甫の兄の仇である殺人鬼...

続きを読む

NO IMAGE

疾走する思春期のパラベラム 灰色領域の少女

深見 真 うなじ いつもより早く学校にやってきた佐々木一兎は、映画部の部室で下着姿の少女が倒れているのを発見する。彼女はどうやら、記憶を喪っているらしい。状況から<パラベラム>に...

続きを読む

NO IMAGE

疾走する思春期のパラベラム

深見 真 うなじ 家庭環境に恵まれず、2ヶ月遅れで高校に入学した佐々木一兎。必ずどこかの部活に入らなければいけないと言われてできるだけ活動の無さそうな映画部の見学に行った所、「こ...

続きを読む

NO IMAGE

“文学少女”と神に臨む作家 上

野村 美月 竹岡 美穂 ななせと付き合い始めた心葉はそれなりに幸せな日々を送っていた。ところが、そんな二人の間を流人が裂こうと画策し始める。一方、かつての“井上ミウ”の担当編...

続きを読む

NO IMAGE

カミマゴ 羽根としっぽと世界征服

江藤 苑 ヒナユキウサ 空から降って来た少女には、天使のような翼が生えていた。“人間”に会いに来たという自称“天使”のルーだが、その人類は500年前に絶滅。現在は彼らが残した英知...

続きを読む

NO IMAGE

千の剣の舞う空に

岡本 タクヤ 柏餅 よもぎ 交通事故に遭い、空手で最強を目指すという夢を閉ざされてしまった速見真一。諦めざるを得なかった“世界最強”の文字に魅せられるようにして“サウザンドソード...

続きを読む

NO IMAGE

サージャント・グリズリー

彩峰 優 bomi 上級生から虐められ、クラスの中では空気な少年・玖流玖準のクラスにやってきた転校生“グリズリー・軍曹”。なぜか頭にクマの被りものを着け、軍服姿の軍曹をクラスメイ...

続きを読む

NO IMAGE

バカとテストと召喚獣3.5

井上 堅ニ 葉賀 ユイ 持ち物検査で大量の持ち物を没収され、試験召喚実習でクラスメイトの女の子にボコボコにされ…その日も散々な目に遭わされた明久は、帰り道に偶然出会った小さな女の...

続きを読む

NO IMAGE

暴風ガールズファイト2

佐々原 史緒 倉藤 倖 チーム名もユニフォームも決まり、いよいよ本格始動する新生ラクロス部。しかし、「同好会」から「部活」へ昇格し、公式戦に出場するにはあと4人チームメイトが足り...

続きを読む

NO IMAGE

暴風ガールズファイト

佐々原 史緒 倉藤 倖 幼稚園から聖ヴェリタス女学院に通う麻生広海は、別の高校に進学した友人のことで少々鬱屈しつつ、中学時代と代わり映えしない高校生活を送るはずだった。しかし、外...

続きを読む

NO IMAGE

“文学少女”と月花を孕く水妖

野村 美月 竹岡 美穂 夏休みに遠子先輩たっての頼みで、半ば強引に麻貴先輩の別荘につれて来られた心葉。ところが、彼らの前に八十年前に起きたという惨殺事件の影が忍び寄る。八十年前の...

続きを読む

NO IMAGE

“文学少女”と慟哭の巡礼者

野村 美月 竹岡 美穂 クリスマス以来なんだか良い雰囲気のななせと初詣にやってきた心葉。二人の距離感が着実に縮まっているのを感じながら次は映画に行こうと約束をするが約束の日の直前...

続きを読む

NO IMAGE

バカとテストと召喚獣3

井上 堅ニ 葉賀 ユイ 泊りがけの学力強化合宿を控え、修学旅行気分で浮かれるFクラスの面々。そんな中、明久は文化祭のときのとある写真をダシに脅迫を受ける。同時期に雄二も翔子から文...

続きを読む

NO IMAGE

バカとテストと召喚獣 2

井上 堅ニ 葉賀 ユイ 試召戦争の最後で大ポカをやらかし、「畳に卓袱台」から「ござにみかん箱」に教室設備を落とされてしまったF組。身体の弱い姫路瑞希に至っては両親が体調や生活...

続きを読む

NO IMAGE

井上 堅ニ 「バカとテストと召喚獣」

上半期ラノサイ杯第一位の作品。「ライトノベル読もうぜ!」さんの感想を読んで以来、密かに気になっていたのですがラノサイ杯がキメ手になって漸く手にとって見ました。 噂には聞いてた...

続きを読む

NO IMAGE

私の愛馬は凶悪です

新井 輝 緋鍵 龍彦 クラスメイトの射水位里は凄くモテる…のはいいのだが、毎日とっかえひっかえ女の子と肉体関係を持っている。今日も彼の“予約”を取るためクラスにやってきた他校...

続きを読む

NO IMAGE

“文学少女”と穢名の天使(アンジュ)

野村 美月 竹岡 美穂 受験が迫り、遠子先輩が突然休部すると言い出した。勝手に部に引き込んでおいて…と呆れつつも一末の寂しさを憶える心葉の下に、クラスメイトの琴吹ななせから、友達...

続きを読む

NO IMAGE

声で魅せてよベイビー

木本 雅彦 ヤス 尊敬するハッカー仲間のおっちゃんが同人誌即売会でOSについての本を出すというのでオタクの波をかきわけ、ボーイズラブのブースまで買いにいった広野は、そこで“腐女子...

続きを読む

NO IMAGE

イヴゼロ The beginning EVE

山田 桜丸 C's Ware 桂木探偵事務所の自称天才調査員・天城小次郎の元に、いつものように依頼が舞い込んだ。ただの不倫調査の筈が、調査対象は目の前で殺害され、自らも事件に巻き...

続きを読む

NO IMAGE

“文学少女”と繋がれた愚者(フール)

野村 美月 竹岡 美穂 図書館にある本のページの一部が切り取られるという事件が発生。勿論“文学少女”の遠子先輩がそんな事件を放っておくはずが無く、図書館で犯人を捕まえるが犯人は心...

続きを読む

NO IMAGE

カーリー 二十一発の祝砲とプリンセスの休日

高殿 円 椋本 夏夜 突然、シャーロット達の通う女学校にインドの中でも有数の力を持つ藩王国・バローダの王女パティがゾウにのって転校してきた。破天荒で我侭な彼女の行動に歯止めをかけ...

続きを読む

NO IMAGE

終わる世界、終わらない夏休み 桜井深優の終末

あきさか あさひ 東条 さかな 世界の週末を予言された、最後の4日間の間でループし続ける世界。 和也が死に、亜美と別れた深優はそれから40回もの「終末」をある時は和也達と、...

続きを読む

NO IMAGE

“文学少女”と飢え渇く幽霊

野村 美月 竹岡 美穂 文芸部のポストに投函されていた謎の手紙。 犯人を捕まえる為、夜の学校に張りこんだ二人は 自分のことを「幽霊」だと名乗る謎の少女と遭遇する。 相変わらず...

続きを読む

NO IMAGE

終わる世界、終わらない夏休み 芹沢和也の終末

あきさか あさひ 東条 さかな 世界が終るといわれている日の4日前。生徒も先生も来なくなった教室に、いつもと変わらず登校した主人公は同じように登校していたクラスメイトの亜美に「世...

続きを読む

NO IMAGE

高殿 円 「カーリー 黄金の尖塔の国とあひると小公女」

インドの英国領にある全寮制女学校に入ったシャーロットは、そこで美しい少女カーリーと運命の出会いをして…という話。 意地悪な継母、高圧的な学校のクラスメイト(しかも縦ロール)、...

続きを読む

NO IMAGE

“文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ)

“文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ) 発売:2006.5発行:エンターブレイン野村 美月 竹岡 美穂 「メイド刑事」とともにラノベサイト杯で上位に入ってて気になったシリーズ。 ...

続きを読む

NO IMAGE

ランブリング・カレイド〈星穹の女帝〉戦

ランブリング・カレイド 発売:2006.3発行:エンターブレイン高瀬 彼方・黒鉄アクセル 日吉丸 晃 「カレイド」という魔法染みた特殊能力を使う少年少女たちの物語。 近未来SFな学...

続きを読む

NO IMAGE

学校の階段

学校の階段 発売:2006.2発行:エンターブレイン櫂末 高彰 甘福 あまね 半ばなりゆきで学校の階段を昇ったり降りたりする部活「階段部」に入り、仲間と共に青春するという一風変わ...

続きを読む

NO IMAGE

推定少女

推定少女 発売:2004.9発行:エンターブレイン桜庭 一樹 高野 音彦posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 2「小説版EVE」の作者さんの作品という事で...

続きを読む