デュラララ!!×3 | 今日もだらだら、読書日記。

デュラララ!!×3

 

「あんたは人を殺せるか?新宿で情報屋なんかやって、何人もの人間を好きなように弄んで。折原臨也、あんたは、人を殺せるのか?自分の手で、直接な。ナイフで死なない程度に刺して、お茶を濁し続けやがって。まあ、何を言っても…結局お前は誰か他人を使うんだろう?笑える程に、卑怯な奴だなお前は」東京・池袋。そこには寂しがり屋な過去が集う。現実から逃避し続けるボス、責任を感じている女子高生、友人の想いに気づけない少年、乗っ取りを図る男、未だ情報で人を操る青年、そして漆黒のバイクを駆る“首なしライダー”。そんな彼らが過去を乗り越え、三つ巴の哀しい現実に立ち向かう―。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

池袋に集う様々な人々に、『首なしライダー』という面々が繰り広げる群像劇第三巻。今回は謎の人斬りの事件をきっかけに「黄巾賊」と呼ばれるカラーギャング達と「ダラーズ」の対立が深まっていって……というお話。

活動を際活発化させる「黄巾賊」に新興勢力の「ダラーズ」、そして謎の人斬り集団「罪歌」の三勢力が生んだ不穏な三つ巴。その中で正臣と帝人と杏里の三人がお互いがお互いを思い合うが故にすれ違っていく姿にこちらまでハラハラしてしまう。特に中学時代の過去に苦悩する正臣の姿は色々と見ていられないものがありました。そして、彼を引き戻された「過去」も、見えないところで姿を変容させていて——というすれ違いっぷりが切ない。あと裏で色々と彼らにいらん情報与えて暗躍する臨也さん鬼畜すぎる。

そんな正臣を叱咤して過去に立ち向かうための勇気を与え、後からこっそり力になる「大人」たちが凄くかっこよかった。特にドタチンとサイモンがかっこいい……!!サイモンに関しては、ラストの臨也とのやりとりでうっかり噴出しましたが。

そしてなんとか立ち上がった正臣がかっこよすぎる。中学時代の話からある程度喧嘩強いんだろうなあというのは予想していましたが、ここまでとは…!!2巻の静雄とは違う意味で魅せられてしまった。本当に、このシリーズ魅力的なキャラが多すぎて困る…!

彼等の三つ巴の裏で暗躍する臨也と、新羅・セルティの前に舞い戻った岸谷父の動きが不穏すぎますが、とりあえず落ち着くところに物語が落ち着いて本当に良かった。ラストの展開は少し物寂しいものもありましたが、正臣と帝人が今度は何も欺くことの無い友人同志として笑い合える日が来ると信じてる。チャットでの小粋な返しにはそんな未来がいつかきっと来るはずだと信じさせるだけの何かがあって、にやりとしてしまった。

それにしても、岸谷親子とセルティのやりとりがはんぱなく可愛い。岸谷父に翻弄されからかわれるセルティさんが超可愛いです。特にリトルグレイと警察に怯えるセルティさんにもきゅんきゅんしてしまった…!!セルティ可愛いよセルティ!!