はなひらく 淵国五皇子伝 | 今日もだらだら、読書日記。

はなひらく 淵国五皇子伝

 

西の都の王立大学で植物について学ぶカナン。ある日、異国の青年・善が持っていた奇跡の実に触れたカナンは、不思議なツタにとりつかれてしまう。ツタごと東方の帝国につれてこられた彼女を待っていたのは、呪われた体を持つ五人の皇子たちだった。奇跡の実の力で呪いが解けるまで、カナンは個性的な皇子たち&ツタと王宮で暮らすことになって…!?植物を育てる能力を持つ西洋乙女と皇子たちが繰り広げる、中華風王宮恋愛ファンタジー。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

草木の成長を促し、彼らに異様に好かれてしまう体質を持つ少女・カナンは異国の青年・善が持ってきた『奇跡の実』に取り付かれてしまう。そのまま善とともに彼の故郷・淵国につれてこられたカナンは5人の皇子たちの“呪い”を奇跡の実によって解呪してほしいと頼まれて……という、中華風ファンタジー。

呪いによって行動や姿かたち、果ては人間としてのありかたまでを規定された皇子達と交流していくうちに、段々普段見せているのとは違ったありのままの姿が見えてきて……という展開にときめく。ツンデレだったり腹黒だったり二重人格だったり虚勢だったり……といろんな二面性が楽しめます。ギャップ萌えは正義です。特にクライマックスの展開にはニヤニヤが止まらなかった!

個人的に好きなのは腹黒系ショタの末っ子・啓でキマリだろと思っていたのですが長男・律の残念なツンデレっぷりにやられました。なにこのひと残念すぎて可愛い。父親である現王とのやりとりにもニヤニヤする。