相棒とわたし | 今日もだらだら、読書日記。

相棒とわたし

 

旧貴族のエッドは、大地のエネルギーを喰う核獣を狩る滅核獣師になるため、幼馴染みのラッセと共に準軍学校に入学した。相棒として彼の隣りにあることを信じていても、戦士として、そして女としては少しだけ自身がなかった。けれど王制復活を目論む反乱により、ラッセが核獣の王として覚醒してしまう。冷たい眼差しのラッセに、エッドは相棒としての覚悟を秘めて対峙し…。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

 人類が生み出した災害・核獣を打ち払う滅核獣師の資格を取るため、スノリ準軍学校に入学したエッドとラッセ。かけがえのない相棒である二人だが、エッドは女性であるが故にいつかラッセと共に戦えなくなることを恐れていた。そんな時、学校を核獣が襲うという事故が起きて…というお話。

 男女の相棒もの!なにかあるごとに互いを「相棒」と呼びあうエッドとラッセにニヤニヤがとまらない。

 なんの疑問もなく今までもこれからも当たり前のようにエッドと相棒で居られると信じているラッセとは対称的に、いつかラッセと相棒でいられなくなる日を恐れるエッドの水面下でのすれ違いもよかった。互いの関係性に執着して身動きが取れなくなるとか、青春すなー!吹っ切れてラッセへの素直な思いをぶつけるクライマックスも美味しかったです。

 しかし、メイン2人もよかったけど、エッドと同室で可憐な男前少女・マリアと至上なる閣下がかっこよすぎて悶える。時に厳しくしかし優しく生徒達を見守る教師とか正義すぎますね!