« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

はるかかなたの年代記 双貌のスヴァローグ

[著]白川 敏行  [絵]ふゆの 春秋

「…僕って、トラブルに引き寄せられる体質だったっけ!?」フラムスティード学院の入学式に向かう途中、女性顔に悩む少年・ユウは不良に絡まれる子供をかばう、菫色の瞳の少女・カティアと出会う。超常能力“換象”を用いてユウとカティアを傷つけようとする不良から、同じく“換象”で彼らを救ったのは、クリスという名の少年だった。これをきっかけに友情を育み、共に学園生活を送ることとなった三人。だが、ユウには誰にも言えない秘密があった。それは、ある時から彼の身体に“チョールト”と呼ばれる人格が共生していること。しかし、カティアとクリスにもそれぞれ秘密があって?はるかかなたの物語が、今この時より紡ぎ始められる…。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

地球からはるかかなた離れた惑星で“換象”という超能力を得て、開拓された世界。とある事件をきっかけに、<チョールト>と名乗る人格と共生するハメになった少年・ユウ。元に戻る方法を探すため国際教育機関・フラムスティード学院に入学したが、入学式の日に不良に絡まれている同級生と出会って……というお話。

チョールトには高いの能力があるけど本人は学園内では落ちこぼれ程度の能力しかなく、チームメイトとなった二人もかなりの優等生というような状況でも他人の威を借りて奢る事も卑屈になることもなく、ただ前向きに努力しようとするユウの姿が印象深かった。そして軽口を叩きながらも彼の努力を正当に評価して見守っているチョールトとの関係がとても美味しい。ユウの中で行われる、ユウとチョールトのやりとりにはいちいちニヤニヤが止まりません。

天才型でその身に大きな秘密を秘めた少女カティア、高い能力ではなく工夫と努力で生徒達の頂点に立つ努力型のアレットという二人のヒロインも可愛い。お互いがお互いを護り合おうと誓ったユウとカティアの関係も大好きだけど、ユウの道行きを指し示す「先輩」であるアレットがユウの居ない所で覗かせた少女らしい一面が可愛いの何の……その外にもとにかく魅力的なキャラクターが多くて、各所で惹きつけられました。

ただ、唯一残念だったのはユウとカティアとクリス、3人の物語のようでいて最後の1人であるクリスが殆ど空気になってしまっていることか。中盤意図的かと思われるほど彼が絡んでくる描写がなかったのでひょっとして………なんて思ってしまったけど正体をにおわすだけで終ってしまったぜ!!次巻があるなら是非ともクリスの活躍をお願いします。っていうかユウとクリスの男同士の友情推しを是非、お願いします。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません