« 3月 2017 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ラ・のべつまくなし 3 ブンガクくんと腐埒なるキホーテ

[著]壱月 龍一  [絵]裕龍 ながれ

「書けない…ッ!!」シリーズ最新作の不調に担当編集の変更が加わり、筆が止まってしまった矢文学(通称・ブンガク)。同レーベルで活躍する作家陣との飲み会では自身の居場所に不安を抱き、相談すべき親友・圭介は学祭の準備などで超多忙、彼女の明日葉も学校に行くようになり連絡が取れない。そこに、ほかの文芸出版社から執筆依頼が舞い込んで…。カタブツの祖母と、ブンガクを二次元アレルギーにした張本人、腐女子の姉も登場して大混乱!?矢文学の選択は、はたして―!?ラノベ作家と腐女子の純愛系ラブコメディ、ついに完結。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

シリーズ完結編。新しい担当編集からシリーズの売り上げが芳しくないこと、執筆中の原稿の全ボツを食らって落ち込むブンガク。明日葉には他の男の影が見え隠れするし、圭介は文化祭で忙しく……と悶々としていたら、文芸出版社から声がかかる。ただし、その仕事をするにはラノベを書くのはやめろといわれて……というお話。

最後まで本当に面白かった!なにをやっても裏目に出て、どん底で思い悩むブンガクくんの姿は見ていて辛いものがあったけど、周囲の人たちの助力をきっかけに少しずつ自分の考えを伝えていく姿に胸が熱くなった。特に彼を立ち直らせるきっかけともいえる圭介の「魔法」が本当にヤバい。一言では定義できない「ライトノベルとは何か?」という問いに、こんな形で答えを見せるとは思わなかった。自分のライトノベル体験の「原点」と意外な形で再開して涙するブンガクは、様々な形で歪められてしまったけどライトノベルが大好きだったんだなあ。ところで余談ですがロリ先生とブンガクくんは絶対に良いライバル関係になりますよね!!

そして2巻から引き続き、明日葉との恋愛事情も本当にやばい。様々な誤解から一度は破局状態にまでおちいってしまった二人だけど、ノベッターで他の男と喋る明日葉を見てヤキモチを焼くブンガクくんの姿が微笑ましすぎだったり……と、さりげないイチャイチャポイントにニヤニヤが止まりませんでした。そしてなによりも あ の 「 あ と が き 」 は 反 則 す ぎ る ! 最初気づかなくて戻って読み返して真意に気づいて顔面崩壊した。なんという斜め上からの……斜め上からの!!!(ゴロゴロゴロゴロゴロ)

最後までニヤニヤをありがとうございました。次のシリーズも楽しみにしてます!

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません