« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

STEINS;GATE 蝶翼のダイバージェンス:Reverse

[著]三輪 清宗  [絵]坂井 久太[原作]5pb.×ニトロプラス

あの日、牧瀬紅莉栖は確かにあの男と出会った。だが、すでにあいつは私を知っていた? 4月よりアニメ放映も開始された5pb.×ニトロプラスのコラボが生んだ奇跡のゲームを牧瀬紅莉栖の視点から新たにノベライズ!

   個人的お気に入り度数

※開始60P過ぎまで、シュタゲ原作最終章ネタバレがいきなり来るので購入考えてるゲーム未プレイの人は注意。

紅莉栖視点からの、いわば『裏』シュタインズゲート。タイムマシンという存在にトラウマに近い嫌悪感を抱く彼女が好奇心から尋ねた未来ガジェット研究所で「電話レンジ(仮)」の実験を偶然にも目撃し、科学者としての好奇心と一人の少女としてのトラウマとの間で板挟みになり、葛藤し、それを乗り越えていく姿がとてもよかった。科学者としてこの件に携わる覚悟をした彼女だからこそ、終盤の展開で何度も崩れそうになる岡部を支え、背中をたたくことができたんだろうなあと思うと胸熱。

また、彼女の視点から見たラボメン達の姿と、脳科学者ならではの鋭い人間観察が本当に面白かった。まゆりの口から語られる『自称・人質』の理由は今のアニメの展開も相俟ってじんわり。沢山の世界線を超えて、少しずつ岡部に惹かれていく紅莉栖の様子が可愛すぎました。

原作コンプ済としては物凄くおもしろかったんだけど、やはり序盤の真相ネタバレはひどいと思う。なんらかの形で、ネタバレ注意を促す文章があってもよかったのになあ……。「アニメ版ノベライズ」と言っている割に、アニメ版視聴者への配慮足りなすぎというか、せめてある程度事実をぼかす努力をすべきだったのでは……

それにしても「アニメ版ノベライズ」と言いきっているということは原作とアニメ版で結末が変わるのか?同時期に出たスピンオフノベライズ「史上最強のスライトフィーバー」と展開が明確に違うのが気になる。原作正史が「史上最強のスライトフィーバー」でアニメ版正史が「蝶翼のダイバージェンス」なんだって考えていいんでしょうか。
STEINS;GATE 史上最強のスライトフィーバー (1) (角川コミックス・エース 158-9)
「スライトフィーバー」は、紅莉栖だけでなく水面下で暗躍していた彼女の行動とかも解るのが面白い。



STEINS;GATE 史上最強のスライトフィーバー (1) (角川コミックス・エース 158-9)

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません