« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN

[著]あざの 耕平  [絵]すみ兵

嵐のような薪入生―鈴鹿から解放され、束の間の自由を満喫する春虎と夏目。向かった先は、陰陽塾に所属する上級生のみで行われる、富士山麓の実技合宿所。「いやぁー楽しみだなぁ、合宿!」「何しろ『一年には関係ない』もんね!」「いいよなー!」「いいよねっ」浮き立つ心をおさえきれずにハシャぎまくる二人。しかし―「もうっ!ダーリンたら遅いぃーー」まさかの嵐が再び襲来!忠義心は人一倍・任侠式神コンや男装夏目を初恋の王子と慕う京子、そして謎の幼女好きまでが入り乱れ、楽しいはずの合宿は悪夢の合宿へと変貌する。(「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

前半短編集→後半本編なシリーズ第五巻。

短編は酒に酔って絡んだり、風邪を引いた春虎を看病しようとして春虎のトラウマを呼び起こしたり……と夏目の空回り気味で残念な暴走が可愛すぎた。個人的には春虎が猫を飼う羽目になる話が一番面白かったです。コンを含めた割と不毛な恋の鞘当て具合にニヤニヤが止まらない。

後半の本編は2年生と3年生が合同で合宿に行くお話。色々な意味で今後への仕込み感が強いお話だったんだけど、京子の意外な一面を見せられたり、段々春虎に惹かれていってるっぽい鈴鹿をまじえたやり取りが甘酸っぱくてやばかった。最後のアレは色々な意味で「夏目の自業自得」というべきか「春虎ニブすぎ」と突っ込むべきか悩ましいんだけど、今後どうなっていくのかが楽しみな引き方でもありました。

……それにしても寮母組は片方だけでも冬春派でもよくね?春夏だと実は普通にBLじゃないんだよ寮母組ィ…!!

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません