« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

踊る星降るレネシクル4

[著]裕時 悠示  [絵]たかやKi

ミカホシで、市をあげて行われる大祭『極星祭』。この祭にクラスで演劇『ベツノカの悲恋』をやることになり、レンヤ、すまる、瑞貴は、それぞれカカセオ、ベツノカ、カグツヒメの役を演じることになった。「わーい、師匠と共演っ!」喜ぶすまるだが、顔の文字は…『邪魔ものが』『ひとり!』「ふん?邪魔ものはそちらだ!」すまると瑞貴に板挟みにされたレンヤは、無事に劇ができるのか!?一方、ミカホシ教団では香山円離が下した「星ノ令」―現星柱・千陽院みらのミカホシ追放をめぐって、大騒動となっていた…。恋も闘いも加速するハイテンション学園ストーリー第4弾。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

「バカ野郎。カッコつけんじゃねえよ」
血まみれの頬をゆがめて、レンヤは笑う。
「いいじゃないか。これが俺の愛さ」

ま さ か の 親 友 回 。
いろいろ急展開すぎたけどなにはともあれ親友回だった。乾回だった。男の友情回だった。

 『サバイバルサマー』優勝者の香山円離が出した星の令をめぐり割れるミカホシ。不穏な空気漂う中『極星祭』の準備を進めるレンヤ達だったが、事態は思わぬ方向に…というお話。千陽院親子に香山円離を擁する結城優一派、更には曰くありげな乾闇鳴の妹まで登場し、一気に物語が動いた感じ。のどかな学園祭展開から一転してクーデター以後の急展開がすごすぎる。あと更科親娘かわいい。

 そして乾闇鳴の過去。家族への“愛”故に道を間違えてしまった彼がその愛する家族の手によって“裏切り”の呪いを与えられ、それを相反する“愛”のレネシクルの力で押さえつけて、そしてそのレネシクルの力が故に自らの本当の気持ちがわからなくなる……という堂々巡り具合。大切な親友を苦しめてしまう事を怖れ葛藤する闇鳴と、その闇鳴の恐怖に自らも怯えながらもその裏切りすら受け止めようとするレンヤがかっこよかったというかやっぱり男の友情最高でした。ええもうまさか友情メイン回来ると思ってませんでしたから!!!1巻のアレだけで美味しく過ごしていくつもりマンマンでしたから!!ありがとうございました!!

 それにしても表紙が酷いネタバレというか、ひどいネタバレ。すまる覚醒の流れは色々な意味で展開が読めたなあ……という感じだけど誰が敵なのかわからないような混線状態で千陽院親子も不気味な動きを見せてたりしてそこで切るのは色々な意味で生殺しすぎる。早く続きをおねがいします!

こちらの記事もオススメ

  •  これまで割と最強キャラだった瑞貴の思わぬ姿が明らかになるシリーズ第3巻。  レンヤ達と出逢った記憶すらもなくした瑞貴が与えられた暖かい“夢”に逃げ込みそうにな...
  • 過去の事件がトラウマとなり戦えなくなってしまった主人公が、かつての幼馴染を追いかけてやってきた街で落ちこぼれ少女の“師匠”を頼まれて……というお話。 傷つける事...
  • この作者の作品の「親友」ポジションなんでみんなほもなの? いやなんというか改めて思った。乾君良いほも。  すまると瑞貴で三角関係のままいくのかと思ったら順調にヒ...
  •  三星会の叛乱により、多くの犠牲を出すはめになってしまったミカホシ市。レンヤ達を救うため、瑞貴・すまる・そしてなななの三人はそれぞれのルートで救出に向かう。しか...
  •  修羅場要員追加までは予想の範囲だったけどまさかこんなキャラだとは思わなかったよ風紀委員……毎巻ごとにフラグを確率して修羅場要員が増えて行く話なのに、各ヒロイン...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません