« 7月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家

[著]望 公太  [絵]しらび

「俺と、結婚してくれ」アシスタントで幼馴染みの結麻に、長年の秘めたる想いを告白した神陽太。もう二度とただの幼馴染み同士には戻れない。陽太の踏み出した一歩は二人の関係を決定的に変えていく―変わり始めた関係の気恥ずかしさに悶える陽太だが…一方で“業界の不条理さ”から後輩・小太郎を救う特訓を始めて!?残業代なしで多忙を極める、ラノベ作家青春ラブコメ! (「BOOK」データベースより)

     個人的お気に入り度数

甘ぁぁああああい!!!!!!!!

 1巻から幼馴染大勝利ラノベだったけど1巻ラストの展開(=告白)を経て、お互いの関係の変化に迷い戸惑いつつも顔を合わせればもはや無自覚でイチャイチャしはじめる二人のやりとりがくすぐったすぎ!!!少女向けラノベもびっくりの圧倒的な糖度に震えました。早く結婚してほしい。でも新作執筆の為にわざわざ自分からギャルのコスプレしてくれるのもう結婚済といっても良いのでは???

 そんな幼馴染カップルのイチャイチャを交えつつ、第二巻ではようやく発売された陽太の弟子・小太郎のデビュー作を巡ってシビアな話が展開されます。デビュー作を人気イラストレーターに頼んだお陰で発売が伸びまくり、話題作としてガッツリ部数増やされて、そのやっと発売された本も肝心の挿絵が間に合わず……って、もう読者から見てもわかりやすい打ち切りコースじゃないですかー!!

 1巻打ち切りを喰らってからの迷走劇がとてもつらい。「打ち切り」の悲しさをしった小太郎が陽太の作家としてのスタイルを学ぼうとするんだけど、もうほんと小太郎みたいな閃きと勢いで生きてるタイプは真似したからって堅実な陽太タイプになれるわけじゃないんだよ……書きたくないものを無理やり書く羽目になり、気持ちはついていかず、日々疲弊していく姿に心が折れる。

 そんな彼女が生み出し、「死なせて」しまった物語の「再起」を賭けて、小太郎と陽太のふたりが職業作家生命を掛けて挑んだ編集とのギリギリの駆け引きが熱かったです。しかし、作家も編集も「この本を売りたい」と思ってプロデュースした結果がこれ……というのが、そこまでの道に誰の悪意も存在しないのがやるせない(無能編集だなと言う気持ちはあまりにも揺らがないけど)(イラストレーターにもきっと悪意はないんだ……たぶん……)。

 好きなことを職業にすることの難しさ、読者に届かなければ書くことすら許されない世界で、様々な形で生き抜いていく作家達の物語が熱かったです。綺麗に2巻で終わったような、でもまだ掘り下げの余地はあるようなという終わり方だったのでちょっぴり3巻が出ることを期待してしまいます。

 それにしても、作中一番刺さったのこの台詞だったとおもう。とてもつらい。

 売れていない作品は、つまらないから売れてないわけではない。
 読まれてすらいないから売れていないのだ。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません