« 3月 2018 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

断章のグリム 3 人魚姫

[著]甲田 学人 [絵]三日月 かける

泡禍事件解決の要請を受け、神狩屋が以前住んでいたという街を訪れた蒼衣達。そこで神狩屋の義妹となるはずだった少女・海部野千恵に出会う。重度の潔癖症である彼女の家の周りは、石鹸の泡で満たされていた。不穏な空気を感じた3人は、彼女の招待を受けて海部野家に一夜の宿を借りることになるが…
 

2巻を読んで「最近そこまで甲田作品の描写イタくないよねー」とか「現実離れしすぎて今までのように描写が実感を伴ってこない」とか言って侮っていたら3巻は初っ端からやってくれました。間違っても爽やかな朝に読んではいけません。歯磨きする前にも読んではいけません(どっちも読んで大後悔したのは私ですが。)

今回はグリムではなく、アンデルセン童話「人魚姫」を元にした怪奇。…とはいっても、解決編は次巻に持ち越し、ということでイタイ描写以外に突っ込める場所があまりないかも。どういうなぞらえに従って事件が進んでいっているのか今の状態だと全く不透明だし、どうも今の状態で色々と当てはめていくと矛盾が多いんだよな…「人魚姫」のストーリーにも隠されたオチがあるのではないかと邪推してみたり。

しかし、こうやってストーリーに対する感想が書けないと気付かないけどこの作品、予想以上にキャラクターに対する印象が薄いことに驚きます。Missingの時はストーリーも面白いんだけどそれ以上にキャラクターが強烈だった印象があるのですが…特に空目・神野・吐野の3人は電撃文庫作品内でも有数の強烈な個性の持ち主だったと思っているだけに、なんだかこのシリーズは前作ほどキャラクターで楽しめないのが、残念。
同じツンデレなら、私は断然雪乃よりも亜紀たんを推しますよ!(聞いてない)

2巻と3巻の間に半年近い年月が経っているので、続編となる4巻は出来るだけ早めに出て欲しいと願うばかりです。

こちらの記事もオススメ

  • [著]甲田 学人 [絵]三日月 かける 法事の為、海辺野家を訪れていた親戚達がいっせいに謎の怪死を遂げる。また、ほぼ同時刻に街にある寺の住人が同じように怪死…。...
  • [著]甲田 学人 [絵]三日月 かける 田上颯姫の妹が所属するロッジの世話役から要請を受け、泡禍の潜む町にやってきた蒼衣達。しかし、泡禍はロッジに所属する見習騎...
  • 断章のグリム 1 発売:2006.4発行:メディアワークス[著]甲田 学人 [絵]三日月 かける 「Missing」の甲田学人さんの新シリーズ。 “神の悪夢”と...
  • [著]甲田 学人 [絵]三日月 かける 同じ<騎士>である勇路からの攻撃を受け、意識不明の重体に陥った雪乃。彼女の居ない間、単独で泡禍の調査を続ける蒼衣は事件に...
  • [著]甲田 学人 [絵]三日月 かける かつて蒼衣達が解決した「人魚姫」の泡禍に巻き込まれ、その身に断章を宿した少女・海部野千恵のお見舞いに出かけた神狩屋と蒼衣...