« 7月 2017 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

おと×まほ

[著]白瀬 修 [絵]ヤス

白姫彼方はどこからどうみても“美少女”にしか見えない男の子。少女にしか見えない程の若作りで、いつもハチャメチャな母親・此方に振り回され、どこか諦観する日々を送っていた。ところがある日突然母親から魔法の力を授けられた彼方は喋る猫・モエルと共に、魔法“少女”として謎の侵略者から町の平和を守る事に!?
 

学年一の「美少女」として名を馳せる「少年」が主人公の魔法「少女」モノ。女装の似合う少年が嫌々ながら魔法少女を…という話を聞いて実にいろいろと期待したのですが、自分の求めていた「変身女装美少年モノ」からは遠いかな。いやだって、女装少年って言うかこれ、普通に「精神が少年で肉体は少女」じゃないですか…いえ、ここまでやれとは言いませんがもう少し変身前と変身後にギャップがあっても良い物じゃないですか!なんだか髪型も服装も割合変身前とあまり変わらなくて、正直がっかりですよ!!

いやー「少女のような外見」というのは設定上仕方ないとはいえ、何らかの変身前・変身後での明確なギャップがほしかったです。いえ、性格はいいんですよそのままで外見上のギャップを恥らう主人公が変身女装少年モノの醍醐味なんですから(なんだそれ)。個人的には変身前は短い髪が伸びてあの髪型になる、とか主人公が普段は男らしさを演出するために眼鏡をかけているけど実は美少女顔、とか、コスチュームがガッツリとフリフリレースの超・少女趣味な衣装になるとか。

…という、「女装少年モノ」としての部分に深く突っ込まなければ、非常に面白い作品でした。この作品は変身モノとしてはかの名作「美少女戦士セーラームーン」のお約束を忠実に再現しているんじゃないかと思うので、まあもう少しギャップ欲しかったけどこれはこれで。喋る猫といい、コスチュームがなぜか制服を元にしていることとか変身後の髪型が(お団子じゃないけど)ツインテールなこととか、変身前後でキャラとしての変化が無いのになぜか知り合いの前で戦ってもバレないこととか(これは笑った)、こういったお約束の「共通点」を探していくと結構面白いですね。

また、主人公がとにかく周囲の友人や母親やサポート役のモエルからセクハラ紛いの事をされつつ必死に頑張るコミカルな部分も良いのですが、最初はツンツンしながらもだんだん「魔法少女」としての自分を受け入れていく過程が非常にツボです。普段は悪乗りがちょっと過ぎるところもある友達だけど、友達として実に良い関係を築いているのが素敵でした。特に最終話の丈の台詞にはジーンときた。

内容はなんだかんだ言いながらも非常に王道な変身モノですが、なんといっても「変身女装美少年モノ」ですので、そういうのでもOKな人にはお勧めです。あ、でもあんまり「変身女装美少年モノ」だという事を期待して読むと私のようにちょっとだけ後悔するかもしれません。

しかし…ピチピチスパッツは正直良くやった、と思った。
なんていうか、実にエロイですね。

こちらの記事もオススメ

  • [著]白瀬 修 [絵]ヤス 母親と金色の猫・モエルから半ば強引に“魔法少女”をすることになってしまった少年・白姫彼方。今日もノイズと戦い、学校ではクラスメイト達...
  • [著]白瀬 修 [絵]ヤス 彼方の通う学園で文化祭が行われた。いつも通りヘンタイだらけのクラスメイト達に悩まされつつ、いつの間にか依と留真まで巻き込んで、彼方の...
  • [著]白瀬 修 [絵]ヤス 「ちょっ!?のぞきはまずいと思いますの!」 漸く戻ってきた母親・此方の提案で、魔法少女達全員で慰安旅行と称し温泉に行くことになった。...
  • [著]白瀬 修 [絵]ヤス 彼方の前から姿を消したモエル。探しに行こうとする彼方だが、思わぬ人物からそれをモエル自身が望んでいないと告げられ、思い悩む。一方、事...
  • [著]白瀬 修 [絵]ヤス 年の瀬も迫る12月。平穏な日常に身を委ねながら、彼方は相棒のモエルに元気が無いことを密かに案じていた。そんな中、此方は彼方&此方の誕...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

7 Comments

  • >しかし…ピチピチスパッツは正直良くやった、と思った。
    >なんていうか、実にエロイですね。

    少女なら分からんでも無い私ですが、相手は少年ですよ!?
    それでもエロいですか!? そうなんですか!?

    hobo_king |2007/5/19(土) 16:20 | Permalink
  • むしろピチピチしてるお陰で身体のラインが(いらないところまで)きっちり見えてしまう事を考慮すると、少年の場合は下手にパンツを履かれるよりもエロスな気がしますよ!あと、スパッツに関する描写が妙にエロく感じましたw

    あのスパッツは此方さん達の「優しさ」という皮を被った「セクハラ」だと信じてます。

    うらら |2007/5/19(土) 21:25 | Permalink
  • あの?、それは「信じる」とか「信じない」といった次元の何かなんでしょうか!?
    やはり、違いが分かる人っているんですねぇ・・・。

    hobo_king |2007/5/19(土) 22:26 | Permalink
  • おと×まほ

    おと×まほposted with 簡単リンクくん at 2007. 5.22白瀬 修著ソフトバンククリエイティブ (2007.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 主人公が魔法少女になることを嫌がる——という内容では、 ラノベじゃありませんが「プラネット・ガ..

    Alles ist im Wandel |2007/5/22(火) 2:26 | Permalink
  • (書評)おと×まほ

    著者:白瀬修 おと×まほ価格:¥ 630(税込)発売日:2007-05-12 あ

    たこの感想文 |2007/5/29(火) 6:22 | Permalink
  • おと×まほ

    おと×まほ

    著者 白瀬修
    イラスト ヤス
    レーベル GA文庫



     デビュー作なら悪くない。

     人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。
     クリックありがとうございます。
     あなたにすべての良きこ

    ライトノベルっていいね |2007/6/19(火) 19:16 | Permalink
  • おと×まほ 白瀬修

    おと×まほ白瀬 修 ヤス ソフトバンククリエイティブ 2007-05-12売り上げランキング : 110956おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools→bk1で探す