« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今月のオススメと面白検索キーワー…ど?[2007年12月分]

明日あたりに2007年まとめ記事を書こうと思っているんで、
全体的に超簡潔に行きたいと思います。

…というか、今月は本当に本を読んでいないです!!
久しぶりのまとめ記事がニュースサイトさんに紹介されたりしたもので
アクセス数自体は落ちていないのですが、11月の半分強ってところか…。
「マスラヲ」の感想が31日中にアップできるかとおもったら、
電車の中で寝てしまって出来なくなりました…orz

2007年12月のオススメ本。


とらドラ6!(⇒感想

文学少女と月花を孕く水妖(⇒感想

修道女エミリー(⇒感想

12月は豊作だったという声が実際多いようですが、
実際何冊も読んでいないのにオススメしたい本が多くて困りました…。
とりあえず色々神がかりすぎだった「とらドラ!」と「文学少女」は鉄壁として、
予想以上に上手く2巻につなげていった「修道女エミリー」をオススメ。

2007年12月の人気(?)感想三選。

実はアクセス数的には、1位が「とらドラ!6」で3位が「文学少女と月花を孕く水妖」だったりするのですが、同じものを2回紹介しても楽しくないのでそれ以外から順位出しました。
というか文学少女新刊の感想アップしたの5日前だよ!?追い上げ凄すぎ。

断章のグリム6(⇒感想

バカとテストと召喚獣(⇒感想

砂はマのつく途の先!(感想)

…実は、今月15日くらいまで「マ」最新刊がぶっちぎりトップだったのですよね。
注目度と評判の高かったトラどらと文学少女、感想が他所で紹介されてアクセスが高かったと推測されるグリムに抜かれるのはわかるんですが…

アクセス数4位のバカテスはなんだ…!


今月の面白検索キーワード

いや、面白いっていうか…

バカテス ぶ っ ち ぎ り 。

やはりバカテス本の告知が癌だったんでしょうが、先月凄まじかった彩雲国ですら検索キーワードではここまでぶっちぎっていませんでした。というか、検索ワードでここまで何かがブっちぎっているのを見たのは初めてです。

そんなに需要あるんでしょうか、バカテス同人。
皆もっと参入すればいいのに(切実)

あ、コミケでバカテス本購入してくださった皆様、本当にありがとうございましたー!(遅)

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません