« 3月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ベン・トー 2 ザンギ弁当295円

[著]アサウラ [絵]柴乃 櫂人

半額弁当を求め、今日もスーパーでライバル達と凌ぎを競う《狼》となった佐藤洋。そんな彼の元に、暴虐無人な幼馴染・著莪あやめが現れる。実は彼女も“湖の麗人”の二つ名を持ついっぱしの《狼》であった。洋の先輩であり師匠でもある“氷結の魔女”槍水仙に勝負を申し込むあやめだが、その裏では多くの《狼》たちを巻き込む陰謀が進行していた…!
   個人的お気に入り度数
夜のスーパーで半額になった弁当を巡り、《狼》と呼ばれる猛者どもが無意味に熱い闘いを繰り広げる熱血バカ小説第二弾。新キャラや新勢力がも登場し、物語もスケールアップ……って、全国各地に居るんだ《狼》!?
てっきりあの地方固有の伝統というかそういう何かだと思ってました……そのうち4巻とか5巻くらいになると、全国の《狼》集めて全国トーナメントとか開催されそうでイヤな感じですね。なんかなさそうに思えるけどあってもおかしくない気がするのはどうしてだろう?

さてさて今回も、ともすればとても熱い…ように見えてよく読みなおすと何かアツさが間違ってる熱いバトルが展開されます。卑怯な手段で強引に力を得た者や自ら《狼》を捨てて犬に成り下がっても《狼》としての心意気を忘れられない者に洋達が立ち向かいます。1巻でライバルとして闘い合った者達も、ある時は今までと同じように凌ぎを削り、またある時は協力し……と、まるでスポーツのような爽やかなバトルが展開されます。ゲーマー大喜びなメタメタなギャグも健在。さりげなーくちょっとよい話を展開するのも忘れては居ません。

相変わらずの熱さの大バーゲンセールに加えてキャラクター達の個性も2巻になって磨かれてきます。ナチュラルセクハラ系な新キャラ・著莪あやめやどんどん間違った方向に自らの才能を拡げる白粉花は勿論ですが、たった一瞬の登場なのに猛烈なインパクトを与えてくださった白梅様が忘れられません。あのご雄姿を拝んだ後では思わず様付け必須みたいな。

まあそれはとにかく、個人的にはどんどん弄られ系受主人公としての才能を拡充し続ける主人公が愛しくてたまりません。今回は白粉の妄想の犠牲になるだけではなく、リアルでオッサンに裸に剥かれたり、単一電池を大変な所に挿入されそうになったり、女装姿で夜のスーパーに出陣する羽目になったりします。……いやあ、よもやこんな早い段階でリアルで女装ネタが来るとは予想外でしたねー……女装姿の洋きゅんの挿絵がないのがとても残念です。

洋はこれからももっとどんどん弄られるといいよ!!主に白粉あたりに。
3巻がとてもとても楽しみです。(腐女子的なイミで)

それで、「筋肉刑事」の単独書籍化はいつですか?
買いますので教えてください。ていうか削った編集表へ出ろと。
……あれ、集英社ってBLレーベルあったっけ?

こちらの記事もオススメ