“夕仁” の検索結果 | 今日もだらだら、読書日記。

キーワード:夕仁 (2 件 / 1 ページ)

七星降霊学園のアクマ 01 グラトニー・シールド

 
夕仁

「止まらない!助けて、にぃちゃん!」「雪伽!」僕、花村月斗と双子の妹・雪伽は悪魔を討つ“降霊士”を目指して七星降霊学園で勉強中だ。志望のクラスに入るための試験で、僕らは天使召喚しようとして暴走。魔法陣から出てきたのは―「吾輩はネコではない!悪魔だ!」という金目の黒ネコで!?違法の悪魔召喚をしてしまった僕らは、戦闘系でも支援系でもない「その他」のクラスXに入ることに!?兄妹イチャラブアクション開幕。(「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

 振り分け試験中に天使を召喚しようとして、間違えて違法である悪魔・カグラを呼び出してしかも天使と融合させてしまった花村兄妹。送還はできないし、魔力は殆どカグラに持っていかれて他の天使の召喚もできない。あげく、曰くつきの「クラスX」に配属されてしまい……というお話。

 メインである花村兄妹と自称「最凶の悪魔」であるカグヤだけでなく、癖の強いクラスXの「はみだし者」たちが、教官のしごきに耐えつつも少しずつ心を通わせていく展開が楽しかった。スニーカー文庫の特設サイトだとどうみてもネタ枠扱いだったボブが実は普通にイケメンな件。そしてまさかの仏教系筋肉男子。

 両親を悪魔に殺されたせいで悪魔に潜在的な憎しみを持つ主人公・花村月斗が少しずつ考えを変化させていくのもよかった。家事をつかさどる天使と融合しちゃって妙に甲斐甲斐しく世話を焼いてくるカグラ可愛すぎる。あと、厳しいばかりではない教官の保護者のような視線がとても暖かく、きゅんとします。

 色々辛い過去を持っていてもあまり重くなりすぎず、バトルもあるけどあくまで主人公コンビの成長と周囲の人間関係に終始した展開がとても好みだったんだけど、「兄妹いちゃラブアクション」っていわれると物凄い違和感を感じるので困る…。なんかこう、もうちょっと違う煽り文句はなかったんですかね!ラブコメというよりは擬似家族モノとしての要素の方が強いので、恋の鞘当を期待すると物足りないんじゃないかしら。個人的にはバトル展開メインだった「デーゲンメイデン」よりもこっちの方が好きです。

 ところで、まさか富士見の新作でもノータッチだった「本日の騎士ミロク」のBLあとがきが今更蒸し返されるとは思いませんでした。BLあとがき楽しみにしてます!!!(え

 

剣の女王と烙印の仔 1

 
夕仁

周りの人々の命運を喰らうという《獣の烙印》を持って生まれ、《星喰らい》と忌み嫌われながら傭兵として各地を転々としてきた少年・クリス。彼は戦場で、大剣を奮い“死神”と畏れられる少女・ミネルヴァと出会う。未来を予見する能力を持った彼女は、クリスの事を「今日この戦場で、自分を殺す者」だというのだが…

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

中世風王道ファンタジー。「獣の烙印」を持つクリスと自分の死を予見する能力を持つミネルヴァの二人が、その能力を持つが故に様々な過酷な運命に立ち向かっていくというお話。

新月の度に烙印の力に支配されて自分を見失い、親しい人々を手にかけてしまう為に出来るだけ人々と関わり合いにならないようにと生きてきたクリスが、ミネルヴァや彼女の所属する「銀卵騎士団」の仲間達と出会って少しずつ心を開いていく姿がとてもよかったのですがそれ以上に銀卵騎士団の長・フランチェスカ様がイイ!ちょっと強引で破天荒ながらも騎士団のメンバーを心から思っているような姿が時々顔を覗かせるのがたまりません。終盤で連れて行かれたクリスを助けるかどうかで思い悩む姿が、また素敵でした。あとツンデレ全開の男騎士・ジルベルトさんの活躍(ツンデレ的な意味で)も見逃せません。

クリスやミネルヴァの持つ重い宿命や、血なまぐさい展開は杉井作品の中でもデビュー作である「火目の巫女」に持つ雰囲気に近い。二人が今後どうやってそれぞれの運命を乗り越えていくのか、都築がとても楽しみです。

それにしても最近の杉井光キャラはヘタレだけど妙に美少年率が高いのでいろいろ心ときめきますね。序盤でクリスが傭兵達に喰われそうに(性的な意味で)なったときには本当に何事かと思いました!(どきどきわくわく、的な意味で)