“霜野おつかい” の検索結果 | 今日もだらだら、読書日記。

キーワード:霜野おつかい (2 件 / 1 ページ)

「好きなライトノベルを投票しよう!!2013下期」に投票します

企画元:好きなライトノベルを投票しよう!! 2013年下期

 2013下半期は本当に本読めなかったんですが年変わってから無理矢理追い上げたりして8作品選んでみました。ラストスパートした俺ガイルと東京レイヴンズが本当に面白かったので読んでください。バカテスが面白かったのは最早自明の理なのでやっぱり読んでください。ハイキューとKのロスモワ的に壁井ユカコせんせいのバレーボール小説「2.43」とかも全力でオススメしたいので読んでください。

既存部門

amazon.co.jp:バカとテストと召喚獣12
井上堅二「バカとテストと召喚獣12」(⇒感想
 最後までアツい男子の友情を魅せつけられましたありがとうございました。
 あとこのラスト悪友エンドってことでいいんですよね?(迫真)

「お待たせ、雄二。準備は出来てる?」
「おせぇぞ、明久。誰に向かって言っていやがる」

【13下期ラノベ投票/9784047292932】
amazon.co.jp:ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです
榎宮祐「ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです(⇒感想
 複数の種族を一手に相手取る展開がアツかった!「最弱」の人類が他種族達をあの手この手でねじ伏せていく下克上っぷりがとてもたのしい。アニメも期待してます。

「一回、俺YOEEEからスタートし直せ。それでもまだクソゲと思うなら──」
「……何度、でも……遊ん、で……あげる」

【13下期ラノベ投票/9784040660806】
amazon.co.jp:はたらく魔王さま!10
和ヶ原 聡司「はたらく魔王さま!10」(⇒感想
 異世界を舞台に熱いバトルを繰り広げつつ、根底に根ざしすぎてる生活臭が最高。美味しい所を持って行く魔王のヒーローっぷりやばい。この挿絵がヒドい2013年下半期(P261)。

「この『ヒヤヤッコ』と『ミョウガ』を使えば、悪魔大元帥アルシエルは、
悪魔大元帥ルシフェルや、魔王サタンですら凌駕する力を手に入れられるのよ」

【13下期ラノベ投票/9784048661614】
amazon.co.jp:東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE
あざの耕平「東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE」(⇒感想
 第二部開始。色々わからないことだらけだけど、これからの展開に期待せざるをえないお話でした。新キャラクターの秋乃がどういう形で鍵を握るのか。とても続きが楽しみです。

その光線を受けて──東の空の彼方に、巨大な闇鴉が飛翔している。
黒衣の陰陽師が、東を目指し空を行く。
また、置いていかれた。

【13下期ラノベ投票/9784047129115】
amazon.co.jp:やはり俺の青春ラブコメは間違っている。8
渡航「やはり俺の青春ラブコメは間違っている。8」
 不器用な登場人物たちが、ある人は正面から向かい合い、またある人は背を向けることで心地良い居場所を維持しようとしてすれ違ったり傷つけあったり空回りしたりする姿が本当に辛い。あと葉山が八幡好き過ぎてこれは海老名さんでなくても辛い(別の意味で)

「……すべての人があなたを気に掛けて、嫌っているなんて自意識過剰だわ」
【13下期ラノベ投票/9784094514513】



新規部門

amazon.co.jp:2.43 清陰高校男子バレー部
壁井ユカコ「2.43 清陰高校男子バレー部」(⇒感想
 ラノベ枠に入れていいのか判断が分かれるけど。バレーバカの灰島と灰島につられてバレーを始めた黒羽が、様々な紆余曲折を持ちながら高校バレーの頂点を目指すお話。バレーで青春で男の友情で重い過去です。よもう。
「証明する。秋季大会で。おまえにあげるトスは全部、最高にいいやつにする。
……取り返したかったのは、おれだから……」
【13下期ラノベ投票/9784087715231】
amazon.co.jp:クレイとフィンと夢見た手紙
友野 詳「クレイとフィンと夢見た手紙」(⇒感想
 MF文庫Jで男二人の相棒物な連作短編!!頭脳労働担当なちっさい系先輩・フィンと肉体労働担当なおっきい系後輩・クレイが「届く筈の無い手紙」を届けに行くお話。ちょっとふしぎなお話も楽しいんだけど、主人公コンビの軽妙なやりとりに始終ニヤリとさせられてしまう。
「おい、助けてやっただろうが。礼のひとつもなしか?」
「後輩くんのおしごとは、先輩であるぼくのサポートでしょう?」

【13下期ラノベ投票/9784840154109】
amazon.co.jp:魔王と姫と叡智(えっち)の書
霜野おつかい「魔王と姫と叡智(えっち)の書」(⇒感想
 魔王(ピュアな貞操観念をお持ちの常識人)がファンタジー世界でエロ同人作家(男性向)のお姫様や執事や勇者やらに振り回されるお話。タイトルと表紙じゃ内容つたわらなさすぎるのマジ遺憾の意。あとツイッターネタがリアル同人女子すぎてわろえない。まじあの1Pの衝撃といったらない。
没姫(@botsu_p):あーあーあー…………。
没姫(@botsu_p):やってしまいました…………うわぁ…………ない…………あれはない…………。

【13下期ラノベ投票/9784797375275】



魔王と姫と叡智(えっち)の書

 
Syroh

転職して美人のお嫁さんと静かに暮らしたい。 そんなささやかな夢を抱いた、世にもやる気のない魔王様。 魔王らしく悪事を働けと迫るウザい側近を どう殺そうかと悩むだけの絶望的に不毛な日々を送っていたが―― 「魔王様、お会いしたかったです! 」 攫われてきた姫・アンジェの可憐な容姿が超タイプ! まさに理想の嫁候補キター!! しかもなぜか初めから好感度激高で、遂に春到来!! と、思いきや、姫様のご趣味は…… 「陵辱もののエロ漫画を少々! 」 「は!?」 魔王もドン引きするレベルの成人向け漫画(汁多め)を描くことで!? 痴的好奇心旺盛の残念姫と、 なし崩し的に原稿まで手伝っちゃう魔王のイチャラブファンタジー、開幕!!

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

 絶大な魔力を持つのに世界征服の野望など微塵もなく、夢は「転職して愛する妻と小さな家で幸せな生活を送ること」……という、魔王らしくない魔王の元に(臣下が勝手に)攫われてきた姫君。自分を恐れることもしない彼女の態度にときめきを見出したのも束の間、彼女の趣味が陵辱物のエロマンガを描くことであると聞かされてしまう。しかもなぜか、彼女の原稿を手伝う事になってしまい!?というお話。

 ファンタジー世界を舞台にしてるけどファンタジー的なことは殆どしてなくて(触手が大活躍するくらい)ひたすら男性向け同人作家の姫様とマイペースな魔王城の家臣達にどこまでも常識人な魔王が振り回されるお話。ウブな魔王がお姫様や配下のレクトールに触手陵辱やらエロやら言われて顔を赤く染めながら「破廉恥な!!」と叫ぶ姿にニヤニヤが止まらない。臣下には毎夜お盛んですねとかいわれてるのに、実際何もないどころか魔王の方が完全に精気抜かれてる感じなのやばい。

 あと、お姫様のネット同人活動に関する細かい描写が妙にリアルなのがヤバイ。ツイッター(らしきもの)で自作絵アイコンで嬉々として状況中継をしていたお姫様が魔王と喧嘩して、アイコンをデフォルトの卵に戻して誘い受け全開な鬱postしてるのに凄いジワジワきた。身内用の愚痴吐き出し専用裏ブログとかなんかこう……リアルです……!どうしてこんな細かい所をリアルにしてしまったのか!!面白かったですが!!

 しかし、ファンタジーというよりも同人創作モノとしての側面が強かったのでタイトルから内容が見えてこないのは正直もったいないなあ。アキバブログのコラムで当初のタイトル案としてでていた「魔王と姫と薄い本」のほうがわかりやすかったとおもいます。次巻があるならイベント参加ネタな予感しかしないので、続編を楽しみにしています。