かりん 増血記 | 今日もだらだら、読書日記。

かりん 増血記

かりん増血記 1

[著]甲斐 透 [絵]影崎 由那
富士見書房 2003-12
ぶっちゃけこの小説が何故富士見「ミステリー」文庫から出てるのか解らない。

漫画版の絵柄の可愛さにひかれて小説版買ったんですが、小説がオリジナルかと思ったら実は漫画版がオリジナルだったのね^^;

吸血鬼ならぬ、増えてしまった血を与える「増血鬼」という設定にまず笑いました。増血できないと鼻血が出てしまうという設定にも大爆笑。ただ、それ以外の内容は典型的「萌え狙い」な作風で、個人的にはあんまり好きくなかったなあ・・。ここまでふっとんだ設定だったらもっとこう、バリバリギャグな作品かと思ったのですよ。

ストーリーの内容はタイプの違う男の子2人にヒロインが取り合われるという、ありがちなラブコメ。ラブコメ好きさんには楽しめることでしょう。個人的には雨水君の方がタイプです。というか十文字のようなタイプって側にいたら迷惑だよなあ(失礼)

最後から3番目の挿絵が恥ずかしすぎてバスの中で慌てて本を閉じる羽目になりました。
なんというか、全く原作を読もうという気にはならなかったので「漫画が主体のノベライズ」としてはどうなんだろう。ただ「かりん」の方向性が私とあわなかっただけかもしれない。実際漫画版は非常に売れているようなので、実際は面白いのかもしれないけど小説版のイメージが悪くて手をつける気にならないんだよなあ…設定自体は面白そうだったのでひょっとしたら小説版で損してるような気がする。
記事への反応
なにかあれば
  • わかる(0)
  • 面白かった(0)
  • 興味が湧いた(0)
  • 持ってる(0)
  • 買いました!(0)
  • ぱちぱちー(0)
 

シェアする

フォローする