乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…4 | 今日もだらだら、読書日記。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…4

 

乙女ゲームの悪役令嬢カタリナに転生した私。乱立する破滅フラグを無事回避し、あとは魔法学園卒業を待つばかり――と安心していたら、突然自慢の義弟キースが行方不明に…!? 「あなたが迷惑ばかりかけたせいよ」とお母様に責められ大反省した私は、仲間たちとキース探しの旅に出ることにしたけれど――。男女問わず恋愛フラグ立てまくりの、悪役令嬢を取り巻く恋のバトルは大混戦中? 大人気★破滅回避ラブコメディ第4弾、オール書き下ろしで登場!!

BookWalkerで探す  hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

ジオルドから告白されてしまったカタリナ。ゲーム通り自分は眼中にないと思っていたのに……それ以来、ジオルドからの体当たりのアプローチに動揺するばかりの毎日を送る羽目に。そんなある日、カタリナの義弟・キースが突然「家出」してしまう。ジオルドやマリア・ソラ達と共に彼の行方を追うことになるが、この家出事件にはとんでもない裏がありそうで……。

重い展開を吹き飛ばしていくカタリナの存在が頼もしい

キースの失踪、彼がカタリナの家に引き取られる前に体験した過去、「闇の魔力」の使い手の暗躍。全体的に暗く重くなりがちな物語を吹き飛ばしていくカタリナの明るさが嬉しい。解決法は若干ご都合主義なようにも感じるけど、特に今回はキース周りの話が重たかったのでちょうどいいくらい。

ただ楽しいだけではなくて、つらい過去を持つキースがカタリナの存在にどれだけ救われているか伝わってくるような展開にはホロリとしたし、前巻でのジオルドの告白に端を発したラブコメ展開も楽しかったです。ジオルドの告白が伝わってないわけでもなく、それでも適度にラブコメとそうでないところを使い分けていくあたりはカタリナのキャラクター性のタマモノだよなあと。マイペースなカタリナを振り回しながらも振り回されるジオルドの様子にニヤニヤしました。

めちゃくちゃ読みやすくなってた…!

2巻、3巻が割とカタリナの一人称視点→他キャラクターの一人称視点という順番で同じシーンを繰り返す事が多く、物語がなかなか進まないので文章は読みやすいのにもっさりしていて読みづらいという印象を抱えていたのですが、今巻ではストーリーの進行を阻害するような別キャラ視点も入らず、この作品が持つ本来の軽快なテンポの物語を思う存分楽しむことが出来ました。

キャラクターが順調に増えていたのでカタリナ達を旅に出すことでメインの登場人物が絞られるのもかなり読みやすかったように感じました。とにかく3巻まで感じていた物語の軽妙さを阻害する「重さ」が取り除かれ、何も考えずに楽しめる物語になったのが嬉しい。

全て終わった後にお留守番だったキャラクターたちの視点がまとめて挿入されているのも(テンポが悪くなることを除けば、別キャラの視点自体はこの作品の売りの一つだったと思っていたので)良かったです。旅についていけなくてヤキモキする彼らの様子がめちゃくちゃ可愛い。アランは癒やし。

色々な意味で次巻以降が楽しみ

ジオルド、キースからの告白を受けて当然他のキャラクターたちも動くでしょうし、一方でカタリナはまさかの闇の魔力(?)を手に入れて…!?と色々な意味で続きの気になる展開。次巻は短編集のようですが、6巻以降は舞台を魔法省に移しての新展開となるようですし、色々な意味で楽しみです。